来生たかお Concert Tour '87〜'88 Etranger


来生たかお大百科コンサート

解説

オリジナルアルバムÉtranger』のタイトルを冠したコンサートツアー。

1987年は当初、1月から4月に作曲、5月から9月にアルバム制作、10月から12月に本コンサートツアーを開催する予定だったが、ツアーが12月までずれ込んだ事でレコードキャンペーン等が立て込み、また、提供曲の依頼も多かった為、スケジュールが重なってしまったという*1

今までになくニューアルバムから多目に選曲をすると同時に、「待ち人来たらず」等のこれまでのツアーでは余り歌っていない楽曲も披露された*2。また、単発の公演では歌われた事がある「Good luck my girl」が選曲された*3

来生は、以前からアルバムの収録曲順に歌いたいという希望があり、本ツアーで実現させたが、いきなり歌い始める「静けさのメニュー」が1曲目であった為、いつも以上に緊張し、ツアーの当初の何本かは中々上手く行かなかったという*4

以前好評だったメドレー形式には「どうしても外せない曲」を入れ、「セカンド・ラブ」「マイ・ラグジュアリー・ナイト」等はリズムを強調し、イントロを聴いただけでは楽曲名が分からないアレンジが施された*5

見せ場を問われた来生は、最初の5曲、バンドが加わって来る「夜にエトランジェ」、最後の「素顔の明日へ」、アンコールの締めとなる「浅い夢」と答えている*6

翌1988年4月2日、東京で行われた追加公演は、『エトランジェツアー ’88スペシャル』と題され、「スタートル」に加えて弦楽四重奏の「ワイングラス」がバックを務めた。また、来生は濃茶のダブルのジャケットにアスコットタイ、オープニングではトレンチコートの襟を立てて登場した*7

京都公演及び新潟公演はそれぞれ2日間行われ、ピアノによる弾き語りを主体に、松田真人、鳴海寛、弦楽四重奏の「ワイングラス」がバックを務めた*8

田原音彦がキーボードで初参加した。

MCでは、スランプ中との吐露があった。

栃木公演は、足利銀行が主催したイベントだった為、一般客の入場不可だった。

ツアーの合間には、マネージャーやスタートルのメンバーと共にテニスに興じていたという*9

ツアーパンフレットはA4サイズ、22ページで、本ツアーで披露される楽曲をイメージした写真で構成され、また、来生自身のアイディアである「衣食住」をテーマに、家具や衣服、食べてみたいケーキ*10、スタートルのメンバーの写真、「時を咲かせて」が主題歌のテレビ東京系新春ワイド時代劇『花の生涯 井伊大老と桜田門』の広告等が掲載されている。

※神奈川公演
主催:神奈川県衛生部医療整備課、FM横浜/後援:キティレコード/企画制作:キティアーティスト
※東京公演(4月2日)
主催・制作協力:SOGO/後援:キティ・レコード(株)/主催・企画・制作:(株)キティ・アーティスト
※栃木公演
主催:足利銀行

ツアースケジュール

日付会場開場/開演料金/席種備考
1987.12.19(土)埼玉県・市川市文化会館初日
1987.12.24(木)東京都・中野サンプラザホール18:00/18:303500円/指定席
1987.12.25(金)東京都・中野サンプラザホール18:00/18:303500円/指定席
1988.01.12(火)北海道・北海道厚生年金会館
1988.01.20(水)大阪府・大阪厚生年金会館(ウェルシティ大阪)
1988.01.22(金)静岡県・浜松市民会館
1988.01.24(日)茨城県・矢田部市民会館
1988.01.27(水)京都府・京都会館 第二ホール弾き語り主体
1988.01.28(木)京都府・京都会館 第二ホール弾き語り主体
1988.02.02(火)熊本県・熊本市民会館
1988.02.03(水)福岡県・福岡郵便貯金会館
1988.02.05(金)愛知県・愛知県勤労会館
1988.02.15(月)宮城県・宮城県民会館
1988.02.17(水)青森県・青森市文化会館
1988.02.18(木)岩手県・一関文化センター
1988.02.23(火)高知県・高知県民文化センター
1988.02.24(水)愛媛県・松山市民会館
1988.02.25(火)広島県・広島郵便貯金会館
1988.03.23(水)神奈川県・神奈川県民ホール 大ホール18:00/18:30S席3500円/指定席
A席3000円/指定席
1988.03.25(金)新潟県・新潟市音楽文化会館弾き語り主体
1988.03.26(土)新潟県・新潟市音楽文化会館弾き語り主体
1988.03.28(月)東京都・パルテノン多摩18:00/18:303500円/指定席
1988.04.02(土)東京都・中野サンプラザホール18:00/18:303500円/指定席追加公演
1988.04.04(土)福岡県・?ストリングスが参加
1988.04.07(木)群馬県・群馬県民会館
1988.04.08(金)東京都・厚木市文化会館18:00/18:303500円/指定席
1988.04.09(土)東京都・昭島市民会館
1988.04.13(水)福岡県・福岡市民会館
1988.04.24(日)栃木県・宇都宮市文化会館

出演

  • Vocal, Electric Piano, Guitar:来生たかお/Keyboards:松田真人、田原音彦/Guitar:鳴海寛/Electric Bass:多田文信/Drums:河野道生

1988.01.27(水)/1988.01.28(木)/1988.03.25(金)

  • Vocal, Electric Piano:来生たかお/Keyboards:松田真人/Guitar:鳴海寛/Strings(Quartet):ワイングラス

1988.04.02(土)

  • Vocal, Electric Piano:来生たかお/Keyboards:松田真人、田原音彦/Guitar:鳴海寛/Electric Bass:多田文信/Drums:河野道生/Strings(Quartet):ワイングラス

コンサートスタッフ

  • Stage Designer:Tadashi Mori、金井大道具/Lighting Director:青柳節郎(OFFICE 215)/Lighting Operatier:Hiroyuki Kobayashi(OFFICE 215)、Takayuki Kanai(OFFICE 215)/Concert Mixer:大坪仁信(SOUND MAN)/Fold Back Mixer:高橋宏幸(SOUND MAN)/Stage Manager:木島隆(KITTY ARTISTS)/Stage Technician:森正/Transport:SUNPLANT/Costume:CLAUDE CROSS for MEN/Personal Manager:竹脇隆(KITTY ARTISTS)/Stage Director:柴田幹夫(KITTY ARTISTS)/Producer:堀江芳春(KITTY ARTISTS)

エディショナルスタッフ

  • 宮崎真哉(KITTY ARTISTS)/竹脇隆(KITTY ARTISTS)/渡辺智加(KITTY ARTISTS)

ツアープログラムスタッフ

  • Superviser:来生たかお & えつこ/Planning Produce:Yasuomi Shimakura(POWER POCKET Inc.)/Art Direction & Design:Atsushi Ebina(Verve Inc.)/Photograph:松尾成美/Printing:WORLD BRAIN/Special Thanks:arflex、LIVING MOTIF、Optique Formation Urbaine、Rosenheim

セットリスト

+  ...

1988.01.27(水)/1988.01.28(木)/1988.03.25(金)

+  ...

1988.04.02(土)

+  ...

関連アルバム


*1 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』(キティ・ミュージック・コーポレーション/1987)
*2 NHK-FM『高橋基子のニューサウンズスペシャル』(1988.01.16)
*3 ファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『égalité』創刊準備号(キティ・ミュージック・コーポレーション/1988.02?)
*4 ファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『égalité』創刊準備号(キティ・ミュージック・コーポレーション/1988.02?)
*5 ファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『égalité』創刊準備号(キティ・ミュージック・コーポレーション/1988.02?)
*6 ファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『égalité』創刊準備号(キティ・ミュージック・コーポレーション/1988.02?)
*7 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『égalité』vol.1(キティ・ミュージック・コーポレーション/1988.04)
*8 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『égalité』vol.1(キティ・ミュージック・コーポレーション/1988.04)
*9 NHK-FM『高橋基子のニューサウンズスペシャル』(1988.01.16)
*10 オフィシャルファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『HEAD ROCK』(キティ・ミュージック・コーポレーション/1987)