【質問】 蛤御門の変では,長州勢は御所に突入して何をしようとしてたのですか?


 【質問】
 蛤御門の変ってありましたが,長州勢は御所に突入して何をしようとしてたのですか?
 それとも,幕府勢が御所付近にいたから,たまたまここが合戦の場になっただけなのですか?

 【回答】
 簡単に言えば,御所へ突入して孝明天皇の身柄を確保し,長州藩の思い通りの政治を執ろうとしました.

 長州藩は強硬な尊王攘夷論を展開し,討幕運動を繰り広げていました.
 これに協力する公家たちとともに,孝明天皇を動かし,江戸幕府に無茶な攘夷を突きつけます.

 しかし,孝明天皇は妹和宮を徳川家茂に嫁がせ,公武合体に傾くようになり,遂には八月十八日の政変によって,長州藩に協力する尊王攘夷派公家たちが追放され,江戸幕府により長州藩士は入京禁止,長州藩主は蟄居を命じられてしまったのです.
 代わりに朝廷で主流を占めるようになったのが,会津・薩摩ら公武合体派でした.

 焦った長州藩は,孝明天皇を手中におさめ,念願の尊王攘夷と討幕を推し進めようとしました.
 そのために内裏を襲ったものの敗れたのが,蛤御門(禁門)の変です.

日本史板,2011/12/07(水)

最新の20件

2012-11-18 2015-01-14 2014-07-26 2013-03-24 2013-03-17 2012-12-14

今日の20件

  • counter: 2200
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1