人物紹介 / 樊氏


樊氏

絶世の美女とされながらも、趙雲に振られたことで知られる趙範の兄嫁。
しかも趙雲は樊氏との結婚を趙範以外の人に勧められても「天下に女はいくらでもいます」と言い放っている。

演義ではさらに趙雲を意識しており、
「亡夫と同姓で、しかも天下に名の知れた人物でなければ再婚しない」
と趙範に語っていたという。