人物紹介 /


後漢末期に鄭という女性と組んで反乱を起こした女賊。

正史の魏書方技伝にて周宣が建安七子の一人・劉呂慮た「四本足の蛇が門中の穴に住んでいる」という夢に対して
これはあなたの家のことではなく、国家のことだ。女の賊が討伐されることになるだろう」と答えたところ、
その後に鄭と共に反乱を起こしたが鎮圧されたことが記されている。

尚、劉呂遼彷は曹操がまだ存命であった217年であるため、彼女らが反乱を起こしたのは遅くとも210年代と思われる。