人物紹介 / 劉曄


劉曄

後漢の初代皇帝・光武帝の末裔にあたる、由緒正しい家柄の出身。
同じ皇族から繋がる劉氏でも、下民の生活に没落していた劉備と違い、名家のまま評判を保っていた一族であり、劉虞の親戚筋に連なる。

その出自や文官として名を馳せた経歴である一方、気骨ある逸話を持つ一面も。
幼少の頃、母親から「あなたの父の側近は悪人だから成長したら処断するように」という遺言を受けると、12歳のときにその言葉通りに誅殺したり、
鄭宝という悪党が、名家出身の劉曄を旗頭にして長江の南に渡る計画を立てられると、従うふりをして宴会に誘い、その場で斬殺したりしている。

官渡の戦い前後のタイミングで曹操に見出され、以後、曹操、曹丕、曹叡の三代に渡って、優秀なブレーンとして活躍。
没年は不祥だが、正史とは別の記録書によると、彼の非業の最期が記されている。
晩年において、曹叡からも連日連夜、政論の諮問を受けるほど信任が厚かったが、明察な彼の性質を妬んでいた者からの讒言を受け、次第に曹叡から遠ざけられてしまった。
劉曄は、その生真面目な性格から、曹叡に疎まれた境遇に悩みぬき、遂には孤独感のあまり発狂してしまい、日を経たず死んでしまったというものである。

演義では、官渡の戦いの折「霹靂車」というカタパルト式の攻城兵器を考案しているが、新旧含めて本作で攻城兵として登場したことはない。