人物紹介 / 周倉


周倉

「黄巾賊上がりで関羽の忠臣」という設定で登場する架空の人物。
死後も『周倉爺』の名で関羽の脇神として仕えている。
架空人物のためその設定はやりたい放題で、関羽の愛馬である赤兎馬と同じ速度で走ることができたとか何とか。

ちなみに関羽の右を守る色白の男が関平で、左を守る色黒の男が周倉とされる。
この組み合わせが、早くとも元の時代には確立していたという。