人物紹介 / 牛金


牛金

初代三国志大戦から今なお続くSSQ被害者筆頭であり、寡兵で呉軍に突っ込んで包囲されたところを曹仁に助けられるなど猪武者なイメージが強いが、
後に北伐軍の馬岱を打ち破ったり、司馬懿とともに遼東で起きた反乱を鎮圧したりするなど、長年に亘り前線で活躍した宿将である。
後将軍にまで出世していることが確認されており、その出世ぶりを危惧した司馬懿が「馬に替わるものは牛である」という予言を聞いて牛金を謀殺したというトンデモな異説がある。