カードリスト / Ver3.5 / / 045_袁紹


武将名えんしょう ほんしょ河北の王
袁紹 −本初−名族出身で、霊帝の時代から朝廷に出仕していた。董卓が暴政を始めると、家柄の良さから反董卓連合の盟主に抜擢された。連合が瓦解した後は幽州の勢力者であった公孫瓚を打ち破って河北を統一し、当時最大の軍団を作り上げた。

「孟徳よ、今こそ王の戦いを見せてくれるわ!」
コスト1.5
属性
兵種槍兵
能力武力4 知力6
特技魅力 募兵
計略憂国の大進軍範囲内の漢の味方全ての武力と城攻撃力が上がり、移動速度が下がる。ただし、計略使用時に国力を消費する。国力が足りないときは効果が下がる。
必要士気6
Illustration : 伊藤サトシ

Ver2.1xR袁紹(王者)の互換。

大戦3では2枚目となるR袁紹。
Ver2における王者の進軍が憂国計略にリニューアルされて新登場。
かつての王者デッキは大進軍デッキとなり復活した。

計略内容は武力+6、城攻撃力1.8倍、移動速度0.8倍、国力-1というもので、効果時間は9c。
国力が無い場合は武力+2、城攻撃力1.1倍、移動速度0.8倍。
戦場中央辺りから攻城ゾーンにギリギリ届かない程度の位置を横一直線に覆っている特殊な号令範囲。
かつては部隊数を気にしないといけなかったが、武力上昇値が一定になったのでデッキ構築の幅が広がった。
速度低下は騎兵はオーラ維持は出来るが再発動は不可能な程度。

相変わらず固定範囲を活かした2度掛けも可能。
武力+12、城攻撃力3.24倍になるが、この場合は国力を2も消費するうえに、
移動速度が大きく下がってしまうので攻城を入れる時間的余裕が少なくなる点に注意したい。
またその計略範囲のおかげで、先に相手にラインを上げられると計略を使用できない欠点も健在。
コストの軽量化を果たした反面、本人のスペックが4/6とかなり心許なくなったためライン上げで足を引っ張りやすく
効果だけ見れば強力な号令だが、憂国計略であることなどもトータルに考えるとこれ一本でデッキを構築するのはやや難しいか。

ただしマイナスポイントばかりではなく いずれかの「袁紹」がほぼ必須だったVer2の袁紹軍時代と違い
漢軍には袁紹以外の号令持ちや強力な国力計略などが用意されているので、名前による縛りは非常に緩くなった。
ラインを上げる方法も色々用意されているほか、本人のコストが1.5なのでデッキ構築の幅は広い。
Ver3.59_2現在では、各種号令デッキの裏の手・トドメとしての地位を確立しつつあるようだ。
Ver3.59_2で攻城力が1.6倍から1.8倍に上昇、効果時間も0.5c延長されて9.0cになった。

余談ではあるが、号令の台詞がかっこいいので一度聞いてみる事をオススメする。
だがその台詞に反して袁紹は王の位に就いた事はない。
Ver3.59からVer2.1xR袁紹(王者)が互換したため、かつての迫力満点の号令セリフも楽しめるようになった。

Menu

最新の20件

2019-07-19 2019-07-18 2019-07-17 2019-07-16

今日の20件

  • counter: 64054
  • today: 2
  • yesterday: 0
  • online: 70