カードリスト / Ver3.0 / / 036_満寵


武将名まんちょう はくねいなし
満寵 −伯寧−劉曄に推薦されて曹操に仕える。その性格、清廉潔白で、樊城での戦いでは、撤退をしようという曹仁に対し、その場所の重要性を説いて、死守した。合肥の戦いにおいては計略をもちいて呉軍を退けるなど、まさに防御戦のスペシャリスト。

「お任せくだされ。断固死守いたしましょう!」
コスト1.5
属性
兵種槍兵
能力武力4 知力8
特技伏兵
計略連環の小計範囲内の敵の移動速度を下げる。
必要士気5
Illustration : 池田宗隆

Ver2.0xC満寵の互換。
Ver2時代から比べて知力+1で4/8の伏兵。武力は控えめだが、苦手兵種としては十分なスペック。
能力的には文官っぽいのだが、一騎討ちの対象になっているので注意。

連環の小計はVer3.51Bで大幅な計略変更を受け、効果範囲の縮小と引き換えに速度低下0.3倍の上方修正。
連環の計より士気消費が少ないぶん効果範囲や効果時間はマイルドだが、速度低下率は連環の計とほぼ同等の強力な計略になった。

長時間足止めは難しいものの、2倍速騎兵でさえ突撃状態をかき消せる。
3倍速でもなければ効果が消えるまでオーラを纏う事が出来ない。
高知力相手に長時間は期待できないが、ぶつかり合う直前に使って一方的に潰す用途ならば効果時間は気にならない。
速度低下の意義は本家が証明している通りである。

しかし速度低下妨害ならコストの低いR賈詡の離間の計や、同士気で超絶弱体化を撃てるSR王異がおり
また同コスト槍では戦闘力が高いR楽進(突破)や、バランス型のC郭淮が壁役として優先されがちである。
さらに敵の速度低下よりも自軍を速度上昇させる方が戦略を組み立てやすい魏では、選択肢から外されやすいのが現状。
敢えて満寵を選ぶならば連環の効果をどう活かすかを、基礎構成からしっかりと考える必要がある。

知力8の伏兵は開幕に強く、魏に豊富な高武力弓との相性は良いので一考の余地は残されるだろう。