カードリスト / 第5弾 / / 献帝(漢王朝の御旗)


武将名りゅうきょう はくわ亡国の皇
劉協 伯和「朕は未だ天意を知らぬ。
  ゆえに・・・・・・己が意思で時代に抗おう」

後漢の十四代皇帝。董卓没後、曹操に保護されるが同時に実権を失う。しかし曹操に「朕に忠誠を誓うか、朕を廃位させるか」と迫る胆力の持ち主だった。実権を取り戻すために策を練るも、後に曹丕から禅譲を強要され、後漢は滅亡した。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力6 知力7 征圧力3
官職文官
特技防柵 魅力 漢鳴
将器遠弓術 士気上昇 守城術
計略漢王朝の御旗【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
漢の味方の武力と征圧力が上がり、兵力が徐々に回復する。さらに敵の計略対象にならなくなる
必要士気8
Illustration : 萩谷薫Character Voice : 石川界人


2枚目となる献帝は、献帝初の号令持ちとして登場。

スペックは征圧力3・防柵・魅力持ちの代償なのか残りが2コストにして6/7と号令持ちらしく控え目。
手腕孫権に(計略の都合上付いている)漢鳴を付けたものと言えばわかりやすい。
将器は弓兵と好相性な遠弓術・守城術と、自身の重い士気消費をフォローする士気上昇とどれも好相性。
とはいえスペックで採用するような武将ではない為、採用する以上は計略を意識する必要がある。

計略「漢王朝の御旗」は漢鳴系の号令。必要士気は8と重め。
武力+2/+3/+4/+5、征圧力+?/+?/+?/+?に加え、兵力が徐々に回復しステルス効果が付与される。
効果時間は15c。(Ver3.0.0A)

当然ながら漢鳴3で使うのが大前提だが、付加効果自体は漢鳴レベルを問わないためデッキ構築・戦況によっては2で使うことも考えられる。
武力上昇は士気8としては物足りないと言わざるを得ないものの、回復付きの号令としてはかなりの効果時間を誇るのが強み。
そのため、効果時間の長さをフルに活かした立ち回りが重要となる。

使うにあたっての問題は、漢鳴計略全般に言える漢鳴3までどう士気をまわすか、そして武力上昇の大きな計略へのケアの2点。
士気5の漢鳴計略は自身の士気が重いこともあって不向きなので、なんとか士気4の計略3回で貯めきるのが理想。
Ver3.0.0A現在では余裕を持って漢鳴3まで繋げるために、6枚デッキかつ魅力・将器士気を大量に投入したデッキが主流となっている。
後者の問題に関しては、遊軍・法具をフルに活用してうまく立ち回るしかない。
武力+10クラスの号令に正面からぶつかると敗色濃厚のため、効果時間をうまく活かしていきたい。

登場バージョン

Ver.3.0.0A

Menu

最新の20件

2020-04-04 2020-04-03 2020-04-02

今日の20件

  • counter: 7928
  • today: 397
  • yesterday: 718
  • online: 66