カードリスト / 第4弾 / / 徐庶


武将名じょしょ げんちょく奇異なる侠者
徐庶 元直「心は大徳と共に。仮面は、その証よ」

劉備に軍師として仕え、新野に攻めてきた曹仁の「八門金鎖の陣」を破る活躍を見せたが、曹操軍に母を捕らえられ、やむなく曹操の配下となる。その後、曹操のために献策することは無かったが、右中郎将・御史中丞にまで出世したという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力7 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器長槍術 士気上昇 征圧力上昇
計略霧消の計最も武力の低い敵の武力を下げ、対象にかかっている敵の計略による効果を消す
必要士気5
Illustration : 一徳Character Voice : 中村悠一


前作は軍師カードで個性的な活躍をしていたオッドアイ徐庶が魏所属で帰ってきた。
スペックは伏兵持ちの1コスト文官として標準的な数値。征圧力は1止まりだが、武力2の伏兵持ちであることを考えると致し方ないところだろう。
将器はいずれも無難なものが揃う。実は魏の1コスト槍兵伏兵持ちは第一弾の程イク以来で、彼が二人目となる。

計略の霧消の計は、範囲内の最も武力の低い敵の武力を-4し、さらにかかっている敵の計略の効果を消すもの。
早い話が「局地の雲散+攻守の計(妨害)」「機略自在(妨害)の単体版」といった趣き。
この手の計略名にしては珍しく雲散の文字はないがちゃんと計略効果は消す。元々「雲散霧消」という一つの言葉から来てる計略名なので問題はない。

効果時間の目安(Ver.2.6.0A)

敵の知力12345678910
効果時間6.2c6c5.8c5.6c5.3c5c4.2c3.3c3c2.7c


士気5で武力-4が一部隊な上に効果時間は短めな為、やはり計略効果を消すという部分を狙っていきたいところだが、
対象が「最も武力の低い敵」と局地の雲散同様の弱点を持ち、固まって攻めてくるだけで狙いがつけづらくなる。

ただ魏には反計持ちが複数存在し、相手の計略使用をコントロールする反計と、後出しで計略効果を打ち消す雲散系計略は旧作時代から抜群の相性を誇る。
他にも固まると損害が大きいダメージ計略である水計、複数範囲妨害計略等も魏の得意分野。
それらと組み合わせる事で、固まって攻めてくるのを牽制させ、単体強化等で単独で来た所を狙い打ちに出来る。
士気が重い超絶強化のほかにも、漢鳴の仕様や武力参照等で連打が通じづらい強化計略、先陣の誉れなど士気バックするのが目的の強化計略等、
士気差だけに拘らず、相手のプランを崩せるチャンスがあったら狙って行きたい。

逆にここまでお膳立てしてあげないと効率良く使う事は出来ず、
知力増加・兵力回復等の追加効果が多い号令相手にはダメージ計略・妨害計略だけで牽制するのも難しいので、
そういった号令だけで押し切られると霧消の計は使い道がなくなってしまう。
現状は裏の手の裏の手みたいな立ち位置にあり、先述の通り計略自体もそこまで期待は出来ないが、
相手がこの計略を警戒して攻め方を変えるだけでも効果有りと見て他の手段で攻める等、一工夫も二工夫も必要な、玄人向きなカードとなっている。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

Menu

最新の20件

2019-11-13 2019-11-12 2019-11-11

今日の20件

  • counter: 6620
  • today: 6
  • yesterday: 129
  • online: 98