カードリスト / 第4弾 / / 諸葛亮(臥龍の将略)


武将名しょかつりょう こうめい天下の大軍師
諸葛亮 孔明「参ろう。
 天下三分の先にある“劉”の天下へ」

劉備、曹操と並ぶ、三国志の主人公。三顧の礼によって劉備の臣下となり、天下三分の計を打ち立てた。神がかった政治手腕で劉備を蜀の皇帝へと昇らせ、劉備の死後も丞相としてその志を継ぎ、魏との激戦を繰り広げた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力3 知力10 征圧力2
官職文官
特技伏兵 魅力
将器突撃術 士気上昇 速度上昇
計略臥龍の将略最も武力の高い蜀の味方の武力と移動速度が上がる。
さらに騎兵であれば突撃ダメージが上がり、
弓兵であれば走射中の矢ダメージが上がり、
槍兵であれば槍撃ダメージが上がる
必要士気5
Illustration : 廣岡政樹Character Voice : 江越彬紀


masaki氏こと廣岡政樹氏が手掛ける諸葛亮が、今度は通常排出でやって来た!
ついでに第1弾から武将の声を手掛けた江越氏初のSR担当武将である。

知力10魅力・伏兵持ちはさすが諸葛亮。
一方で武力はコスト比でもかなり低い3だが、騎兵である事を考えればまだ許容範囲だろう。
将器だが、計略がどうしても本人に飛ばない為戦闘力を上げる突撃術か、征圧戦意識の速度上昇の優先度が高い。
計略自体が士気5とさほど重くない為、重ね掛けやコンボを意識するとき以外は士気上昇は優先度は低め。。

計略は八卦絡みではなく、旧作のRが持っていた「臥龍の将略」を持ってきた。
範囲内の最も武力の高い蜀の味方の武力を+3し、移動速度を1.4倍(副速×2の弓兵、走射中は全ての弓兵が迎撃される)にする。
単体対象ではあるものの分類は英傑号令である。
更に騎兵ならば突撃ダメージが+12、槍兵なら槍撃ダメージが+4、弓兵ならば走射ダメージが+2される。
効果時間は23.3c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0A)。

なお、旧作とは違い対象が蜀限定となっている他、基本3兵種以外に対する追加効果は無い。
その為、嫁の黄月英に掛けて高速・高威力攻城兵器を作り出すような事は出来ない。

武力上昇は3とマイルドな性能だが、対象が自由に選べるうえに効果時間が長く、対象が持つ計略とコンボができる。
また臥龍の重ねがけも可能で、なにより兵科アクションの強化が激しく効果時間が圧倒的に長いため非常に強力な計略となる。
相手デッキの兵種と盤面を見ていつ誰を強化すべきか、孔明のように臨機応変に判断しよう。

臥龍の効果を最大限に活かすのであれば、枚数を増やすよりは、単体強化を生かすため一枚あたりの武力を上げたい。
蜀というお国柄、騎兵と槍兵の選択肢は多く孔明無しでも活躍できそうだが、弓兵の選択肢はかなり少ない。
しかし、弓兵を長時間強化して呉の面子を潰す事も可能であり面白い。コンボを考えると弓孫尚香か弓馬姫がファーストチョイス。
騎兵槍兵は前に出て反撃される可能性があるが、弓兵は安全な後方から走射できるのは便利。

デッキ編成に関しては諸葛亮自身が低武力のため、武力不足が避けられない。
士気のない開幕や、計略効果が生かせない相手との試合などではかなりの苦戦を強いられることになるので、
各兵種の高武力武将自身の力で前線を支えなければならない。

敵に押し込まれるなどして乱戦されると士気5の投げ魏武に成り下がるので、兵種の個性を生かして戦うことを心がけよう。
計略は武力差を補える性能を秘めているが、その計略を活かせなければ欠点だけが残ってしまうため、
各兵種アクションをそれなり以上の精度でこなせるハンドスキルが必要前提でもある。

相手にした場合には、乱戦させて強化武将に兵科アクションをさせない、雲散やダメージ計略で一応対応できる。
ただ、相手は選択肢が複数あり後出しで計略を出せるため、対応が難しい場合も多い。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 効果時間延長 22c→25c
       突撃ダメージ増加 →+12
Ver.2.5.1B 走射ダメージ減少 +4→+2
Ver.2.6.0A 効果時間短縮 25c→23.3c
       槍撃ダメージ減少 +5→+4

Menu

最新の20件

2019-12-09 2019-12-08 2019-12-07

今日の20件

  • counter: 33762
  • today: 31
  • yesterday: 52
  • online: 65