カードリスト / 第4弾 / / 朱儁(朱雀の如く)


武将名しゅしゅん こうい漢の烈士
朱儁 公偉「この世の闇は
  正義の炎で消してやる!」

各地の黄巾の乱を皇甫嵩らとともに鎮圧した後漢の名将。その功で車騎将軍に任ぜられた。義を好む剛直な性格であり、董卓が朝廷に君臨した時も董卓が推し進める長安遷都に反対した。董卓死後混乱の最中に病没した。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力4 征圧力2
官職武官
特技漢鳴
将器突撃術 士気上昇 突破術
計略朱雀の如く【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が徐々に上がる 漢鳴2以上:さらに敵を撃破するたびに敵城にダメージを与える
必要士気5
Illustration : 獅子猿Character Voice : 杉田智和


獅子猿氏の朱儁が復活参戦。
旧作では漢軍の将でありながら決起と全く噛み合わない計略を持った彼だが、今回はしっかり漢鳴計略。

スペックは2コスト武力8にして征圧力も2あると言うなかなか優秀な性能。
その上で知力4だが、その代わり特技は漢鳴のみと実質無し。
ただ、高コストが少ない漢軍では征圧力よりも攻城力が欲しくなる場面が多くなるのが痛し痒しか。
将器はどれも計略との噛み合いは良い。

計略「朱雀の如く」は所謂漢鳴版「呉下の阿蒙」。
まず武力が+1され、その後0.85C/0.78C/0.7C/0.63C毎に武力が+1されていく。
(特に手を加えなかった時の)最大武力は20/21/23/24。
更に漢鳴2だと1部隊撃破する毎に4%、漢鳴3だと1部隊撃破する毎に5%城ダメージを与える。
効果時間は10C(Ver.2.5.0A)。なお、武力が徐々に上がるタイプらしく知力依存は0.8Cと高め。

漢鳴計略としては珍しく、漢鳴0で使っても十分な性能を持っているのが特徴。
漢鳴上げ用途としては士気5は少し重たいのだが、コスト比高武力武将が漢鳴0でも実用的な計略を持っているのは嬉しい。
とはいえ急場を凌ぐタイプの計略でもないので、追加効果がある漢鳴2からが本番だろう。

使ううえでまず考えることが阿蒙と野襲のどちらに重きを置くか、だろう。
阿蒙なら知力上昇計略を重ね掛けして効果時間を底上げ、更に目覚め計略を付けることで長時間暴れる
野襲なら1部隊撃破直前で発動、(速度を上げて)どんどん突撃していく
共存は可能なものの、特に阿蒙側を意識するとなるとデッキ構築の面で大きな影響を与えることになる。