カードリスト / 第3弾 / / 王渾


武将名おうこん げんちゅう
王渾 玄沖「髪の乱れは心の乱れ。
    乱れなき私に敗北はない」

深沈典雅と評された。晋の武将。司馬昭の副将となった後、豫州刺史に任じられると、多くの兵が休暇を取っている際に呉軍十万に攻撃されたが、寡兵で撃退。呉征伐では張悌ら呉の主戦力を撃ち破り、孫晧を降した王濬と共に大功を称えられた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技-
将器突撃術 地の利 迅速攻城
計略誘醒の疾駆移動速度が上がり、効果中の自軍の覚醒ゲージの上昇量が増える
必要士気3
Illustration : オンダカツキCharacter Voice : 益山武明


どういうわけか、エリート会社員のようなキャラクターにされた王渾。
ちなみにフレーバーテキストの話にはおまけがあり、本人は手柄を横取りした形になった王濬を非難している。

オーバースペック気味な晋軍の無特技勢では珍しくコスト相応のバランス型で落ち着き気味。
Ver.2.6.0Aで荀灌が追加され単独ではなくなってしまったが、それでも数少ない1.5コスト騎兵の素征圧力2持ち。
しかし晋軍は覚醒を含めると征圧力のカバーは容易な為、初期征圧力差以外では中々強さに繋がらないのが欠点。
将器は突撃術が候補に挙がるが、計略の性質を考慮するならば迅速攻城の選択も面白い。

計略「誘醒の疾駆」は自身の移動速度を1.7倍にし、効果時間中の覚醒ゲージ上昇速度を上げる効果がある。
効果時間は15.8c、効果時間中に約50%覚醒ゲージが多く上昇する。(Ver.2.6.0C)
通常の時間経過による上昇量も含めると効果時間終了時には約100%ほど溜まる。

効果時間中に雲散されたり撤退しなければ士気3で50%溜められるということを考えると、
覚醒ゲージを溜める計略としては士気対効果は高い。

しかしそれは長時間撤退しなければの話。
誘醒計略為、移動速度が上がっただけの騎兵を使って序盤を凌ぎつつ自身は生存し続ける必要がある。
武力も突撃ダメージも上がらないので殲滅力の向上には繋がらず、覚醒持ちの弱点である序盤の弱さをカバーするには力不足。
積極的に突撃させると撤退の危険がつきまとう。迎撃はもちろん、武官なので一騎討ちのリスクも出てくる。

何よりも前述の通りオーバースペックばかりの晋軍では、相対的に地味な立場に置かれがち。
長時間移動速度が上がることから撹乱の為に征圧領域塗りや端攻城を担当する事も出来るが、
覚醒持ちを軸にデッキを組むと、序盤はその余裕はなく後半はその仕事を担当する必要性がなくなり、
自身の計略と覚醒を無視してデッキを組むには、平凡なスペックなので声がかかりにくい。

その微妙な立場を証明するかのように、計略は上方修正を何度も受けているにも関わらず、
配信王決定戦のチャンスカードに2年連続で選ばれてしまった

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0D 移動速度上昇値増加 1.3倍→1.45倍
Ver.2.1.0D 移動速度上昇値増加 1.45倍→1.5倍
Ver.2.5.1C 移動速度上昇値増加 1.5倍→1.7倍
Ver.2.6.0C 覚醒ゲージ上昇量増加

Menu

最新の20件

2020-03-31 2020-03-30

今日の20件

  • counter: 28732
  • today: 15
  • yesterday: 14
  • online: 79