カードリスト / 第3弾 / / 歩隲


武将名ほしつ しざん
歩隲 子山「大事なことは
 ぜんぶ書から教わりました。」

孫権の幕僚。親友の諸葛瑾らと共に呉郡を訪れ、孫権に仕官した。多くの有能な人材を推挙したほか、夷陵の戦いなどでも功を立て、後に陸遜の跡を継いで丞相となった。博識で人柄も良く、常に書物を携えた好学の士であった。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力7 征圧力2
官職文官
特技-
将器知力上昇 突撃術 速度上昇
計略孫呉の教えため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)
呉の味方の知力が上がる
必要士気3
Illustration : 谷本むつごろうCharacter Voice : 花守ゆみり


陸遜の後に丞相になった男がようやく復活。
旧作では「まだまだ学び足りない」と言う程の苦学生の姿であったが、本作ではどういう事かショタ。
絵師がぷちきゃらを担当しているむつごろう氏である為か、イラストにはぷちきゃらも描かれていてとても微笑ましい。

スペックは最低限レベルの文官といった感じで特技も無いが、代わりに征圧力は2。
将器も全体的に悪くはない物が揃っているが、如何せん武力1では戦闘力に乏しいので持たせるなら突撃術優先か。
単純採用ではパワー不足が露呈する為、彼を採用するならば何としても素征圧力2の強みを活かしたい。

計略「孫呉の教え」はため計略の一種。
2.5cのための後、呉の味方の知力を+5する。効果時間は25c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)。
武力1の騎兵が(短時間であるとは言え)完全に足が止まる為、他の部隊でのフォローはしっかりと。

軽めの士気で知力を上げられる為、計略コンボは比較的やりやすい方。
呉は知力依存がやや高めの計略が多いのも嬉しいところ。
ただ単純にコンボをするのであれば、本人撤退のリスクはあるものの「命がけの推挙」があり、
全体知力強化にしても、効果時間は悪くない「賢母の教え」や「戦巧者の号令」が立ちはだかる。
その中では最もリスクが小さいものの、代償が最低クラスの戦闘力である点に注意したい。

士気3で使える、と言う事から士気フロー対策にはなるが、
Ver.2.1.0Cの環境ではあまり妨害やダメージ計略が流行していない為、これらの対策で使うにはかなり苦しい。
基本は他の知力上昇計略同様、他の計略と組んで扱う事になるだろう。

騎兵が不得手な呉では、火力重視で高コストが選ばれやすい傾向にある。
低コストと言う事もあるが、加えて征圧力2以外の強みを持たない彼をデッキに仕込むのはなかなか難しい。
思い切って計略は忘れ、塗り要員等の使い方も考える必要があるだろう。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 知力上昇値増加 +4→+5
Ver.2.0.0D 効果時間延長 13c→20c
Ver.2.1.0D 効果時間延長 20c→25c
       範囲拡大