カードリスト / 第3弾 / 群雄 / 董白(白の戯れ)


武将名とうはく幼き暴君
董白「おもちゃになるか、打ち首か・・・・・・
        どっちがいい?」

魔王・董卓の孫娘。祖父から非常に可愛がられ、董卓が朝廷を牛耳り専横を始めると、成人前にもかかわらず領地を与えられ、何不自由ない暮らしを送った。董卓の権勢を畏れる人々を多く引き連れ、闊歩したといわれる。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力5 征圧力1
官職-
特技魅力
将器知力上昇 征圧力上昇 士気上昇
計略白の戯れ【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
敵の武力を下げる。
緋略>さらに計略の必要士気を上げる。ただし12より多くならない
蒼略>さらに城内での兵力回復速度を下げる
必要士気5
Illustration : 卵の黄身


今作初の通常排出となる董白は新要素の岐略を持って参戦。

スペックは2/5と1コスト騎兵としては及第点。
将器は妨害計略と好相性な知力上昇・単純に塗り要員としての性能を高める征圧力上昇と優秀。

計略「白の戯れ」はVer2.0.0A現在では群雄唯一の岐略。
武力−3が基本効果で、追加の効果を選択する形になる。範囲はそこそこ広め。
緋略は、対象の武将の計略の必要士気を+2させる効果。
ただし12より多くはならないため、腕立豪雨や王者の決断には効果がない。
蒼略使用時は城内の回復速度を下げる。
兵力が3%回復するのに、0.5Cかかるようになり、およそ通常時の3分の1以下となる。
計略内容の関係か、緋と蒼で効果時間が異なり、
緋略の場合は、知力1に約9Cで同知力に対しては約7C
蒼略の場合は、知力1に約15Cで知力10には約10C(Ver2.0.0C)

緋略の必要士気を上げる効果は強烈で、相手の試合プランをかき乱す事ができる。
武力低下値は−3止まりだが、局面を凌ぐには十分な弱体化となるため相手は士気効率の悪い計略・法具or後退の2択を迫られる。
一方で相手が先に計略を使ってきた場合は、これだけでいなすのは厳しい。
戦場にいるだけで先打ちをある程度強要できる封印の計のような側面もある。

ただ緋略は非常に嫌な計略だが弱点がないわけではない。
前述のとおり先撃ち状態になる長時間号令には弱く、相手に裏の手があるようなデッキにもやや弱い。
そのようなデッキの場合、メイン、サブ両方のカードを同時に範囲に巻き込まなければ相手の対抗策は残ってしまい
相手が素の状態で計略を使えれば単に士気効率の悪い妨害を撃っただけになってしまう。
効果範囲があまり広くないため、裏の手があるデッキでこのカードを相手にした場合は
メイン計略持ち、サブ計略持ちのカードの距離に気を付けるだけである程度対策できる。
使う側は相手のデッキの怖い計略持ちを全て巻き込むつもりで使わなければ逆に士気効率が悪く、苦しくなるので注意。

蒼略の効果も強烈で、城内ローテをほぼ無力化することができる。
また計略時間がかなり長いので、一度相手が城内に引いたとしても中々回復させず、相手の態勢を崩すことができる。
単純に相手を帰城させずに殲滅するだけならば、一枚目の自身が持つ退路遮断の方が士気も少なく使いやすいが、
武力低下を伴う点や、範囲の広さ等の差異が大きいため、差別化は可能。
妨害計略としては効果時間も長めなので、割り切って単純な長めの妨害計略として使えないこともない。

武力低下値は必要士気に不相応で低く、これ一本で戦うのは厳しい。
しかし、どんなデッキにも入りやすい1コス魅力騎馬が持つ計略としては十分すぎるほどの効果で、デッキに仕込んでおけば便利な裏の手として機能してくれる。
混色でも有効な一枚なので、活躍の場は色々と模索できるだろう。

修正履歴

Ver.2.0.0C 【蒼略】城内回復速度低下値増加