カードリスト / 第2弾 / / 諸葛亮(脱獄の手引き)


武将名しょかつりょう こうめい隆中一の智将
諸葛亮 孔明「小生、隆中一の知恵者と
      名高い男でゴザル」

極度の三国オタクにして、蜀の男子達の参謀。緻密な作戦によって魏や呉との戦いを指揮するが、一方で作戦遂行のためには手段を選ばない暴走も見せ、取り返しのつかない状態になることも多々ある。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力3 知力10 征圧力3
官職文官
特技防柵 魅力
将器復活減少
計略脱獄の手引き城内の最も武力の高い味方の武力と移動速度が上がり、戦場に出現する
必要士気5
Illustration : 平本アキラ


講談社コラボで登場したEX。
ネタは週刊ヤングマガジンの平本氏の漫画「監獄学園(プリズンスクール)」より、諸葛(もろくず)岳人(たけひと)、通称「ガクト」。
ちなみに同氏は旧三国志大戦においてもEX諸葛亮を描いている。
また、孫尚香(恥辱)(緑川花)と共に本作のこの手のコラボカードとしては珍しく声優がTVアニメ版と同じなので違和感が無い。

スペックはSRの自分よりは良いものの、それでも武力3とかなり低い。
伏兵もないため知力10が若干持ち腐れになっている。代わりに防柵を持つため開幕の弱さはある程度カバー可能。
さらに伏兵中は征圧できなかったあちらに対し、こちらは開幕から知力10の伏兵掘りや征圧力3の色塗りを発揮できる長所もある。
柵持ちの弓兵なのでそれらの長所を生かせる機会が少ないとは言ってはいけない。
守りの横弓要員として考えれば、武力に不満はないだろう。
将器は元ネタ(ガクト)の方に合わせたのか復活減少+活活活で固定。余程の事が無い限りは他の武将に譲る方が無難。

計略は城内の部隊を戦場に出現させ、武力と移動速度上昇を付与する。縮地計略の投げ計略版と言ったところ。
武力+5、速度1.5倍程度、効果時間は10.5c程度。
士気5としては武力上昇はやや低めだが、速度上昇と長い効果時間もあり敵陣を荒らす効果は高い。
勢力を問わないため、他勢力の優秀なカードを暴れさせてもよい。
出現する場所は、計略対象のカードの前方、戦場の真ん中。征圧状態は無関係。

漢の朱儁の蒼天之嵐と同等の強化で効果時間が長いため、騎兵の強化としても及第。
またカウンターをかけたい際にメインになる槍兵が遅れる場合に強引に追いつかせることが可能で
これは関羽などラインを上げきって号令を撃ちたい槍兵にとっては嬉しい効果となる。
移動速度が上がるが、セオリーの騎兵にこだわらず槍兵にかけることを検討してもいいだろう。
相手のカウンターをこちらの自城深くで受けきる前にこの計略で前に出し防波堤になってもらうなど
ラインの押し引きに便利で、足の遅い蜀のデッキでは非常に重宝する。

同時期に追加された関銀屏(天武)とも相性が良く、突如現れた部隊を壁にして、槍撃をかましてみるのも面白い。
武力8以上の部隊に計略をかければ目覚め対象に出来るのも好相性。
さらに、何気に第1弾の自分よりも第1弾の妻との相性が良い。