カードリスト / 第2弾 / / トウ芝


武将名とうし はくびょう蜀呉の架橋
鄧芝 伯苗「雲行きは怪しいけれど
  呉と仲直りしてみせますよ」

蜀の武将。劉備の死後には諸葛亮に進言し、自ら呉の孫権への使者となった。はじめ孫権に脅されるも毅然とした態度を示し、再び蜀呉同盟を結ばせた。孫権には深く気に入られ、たびたび手紙や贈り物が届けられるほどだったという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職武官
特技防柵 魅力
将器知力上昇 長槍術 同盟者
計略蜀呉の連合号令蜀と呉の味方の武力が上がる。さらに蜀の槍兵は槍が長くなり、呉の弓兵は射程距離が伸びる。ただし対象に蜀と呉両方の部隊がいない場合、効果が下がる
必要士気5
Illustration : サクマミツロ


外交官として有名だが趙雲の副将を務めたり戦でも要職を務め、軍の重鎮にもなったかなり優秀な文武両道の人物。

スペックは征圧力が寂しいものの2つの特技を持ちながら穴のないスペックをしている。
後述の計略は呉との混色を強制されるが、魅力槍が平均武力も持って柵を持っているというだけでもかなり魅力的。
単純に柵などを求めてスペック運用もできそうなレベルで優秀で、計略を度外視して居場所には困らなそうである。
さすが外交をまとめた人物だけあって同盟者を持っているのは、計略を考えれば嬉しい。

蜀呉の連合号令は、混色を推奨する珍しいタイプの号令。
武力上昇は+2、呉の弓兵の弓射程、蜀の槍兵の槍長さ共に1.5倍程度。効果時間が知力7で約15c(Ver1.1.0A)。
効果があるのは「蜀の槍兵」と「呉の弓兵」であることに注意。蜀の弓兵や呉の槍兵では兵種アクション強化は得られない。

武力上昇がかなり控えめなので、長めの効果時間と兵種アクションの強化を生かしていきたい。
基本的には少ない槍兵で騎兵をけん制しつつ、弓兵を配置して端攻めに目を光らせつつ相手にラインを上げさせず
城にこもりがちになったところを征圧して内乱ダメージを取ったり、低いラインで計略を無駄打ちさせたりするのがよい。
武力上昇は低く相手に近づいてしまうと潰されてしまうので、号令だが積極的に攻城は取りに行けない。
基本的には征圧戦メインの戦術になるだろう。

肝になるのは射程の伸びる弓兵で、戦場中央にいればかなりの範囲をカバーできる。
端攻めの対処も容易になるので、号令では珍しく槍と弓だけでの運用も実用範囲。
征圧要員や機動力を気にして兵種アクションの恩恵のない騎兵を入れるかは好みになる。
勿論騎兵単など不利になる例外もあるが、少なめの槍に多めの弓というデッキ構成が基本ベターになる。

常にこの号令だけで勝てるような威力はないので、軽士気の計略や奥の手を組み合わせて
互いの勢力の手の届かないところを補うことが重要になる。

Ver1.1.0Bで蜀に勢力非限定号令持ちのEX関索が登場。
鄧芝も魅力を持ち、花麗なる号令の参照対象となるので噛み合っている。
呉もEX孫権を筆頭に優秀な魅力持ち弓兵が多いのでデッキを組みやすい。

他には、蜀から神速戦法などの騎兵の速度上昇計略や連環、挑発、車輪など対騎兵向け計略を採用し
呉から各種弓強化や火計漢の意地や転身計略、あるいは防柵持ち武将を用いたデッキを作ることになるか。