カードリスト / 第2弾 / / 張承


武将名ちょうしょう ちゅうし
張承 仲嗣「敵に企みあろうとも
  すべてを見抜き、破るまで」

張昭の子。幼名は白鶴。諸葛瑾・歩隲とは親友であった。反乱を鎮め、奮威将軍に任じられるなど文武に優れた。また確かな人物眼の持ち主で、才気煥発な諸葛恪が身を滅ぼすことを心配しており、張承の死後、その予見は現実のものとなった。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力6 知力7 征圧力3
官職武官
特技-
将器兵力上昇 長槍術 士気上昇
計略白鶴の慧眼呉の味方の武力が上がる。対象が特技を持っていない味方であれば、さらに武力が上がる
必要士気7
Illustration : 五十嵐睦


張昭の息子がまさかのSRで登場。そこまで有名な人物では無いのだが、何故なのだろうか?
読みが親子揃って同じなので会話ではややこしいかもしれない。

スペックは手腕孫権に槍を持たせて特技をバッサリ切り捨てたもの
2コストとして考えるとかなりギリギリの数値であり、単純なスペック採用は主力が固まる呉ではほぼ無理だろう。
その為、下記の計略の為の採用が主となる。

計略はなんと「特技無しに対して効果が上がる」と言う前代未聞の号令。なお、対象は呉限定。
範囲は広めの円形。
特技が一つでもある場合は+5だが、特技が無い場合は+7まで効果が上がる。効果時間は約8C。

この計略を主軸とする場合、デッキ構築の段階で特技なしのみの編成にするのが基本。
ちなみに呉の武将の内特技無しは(Ver2.0.0B時点で)全部で27人。
高コストが槍に偏っており、槍以外の2コスト以上は淩統とST版の丁奉しかいない。その為槍主軸のデッキになり易い。
騎馬と弓に不安が出やすい為、全員を特技無しにするのではなく、特技持ちも混ぜるようにする事も考える事。
ただ入れすぎると逆に計略が腐りやすくなる為、コストによるが1、2部隊が限度。
なお、幸いにして本人が士気上昇の将器持ちなので、魅力持ちの優先度はそこまで高くない。

Ver1.2.0Cにて特技持ちの武力上昇が+4から+5に増加と英傑号令と同じ上昇値を得たため、
特技持ちを入れた場合でもそこまで腐る事はなくなった。
しかし特技無しへの武力上昇値は増加しなかった為、増加差が2しかなく、
特技をわざわざ選ぶ程の価値があるかどうか分かりづらくもなった。
彼の号令を補う為のサブ号令を入れようとすると、どうしても特技持ちが入るのも不便な点である。