カードリスト / 第2弾 / / 孫休


武将名そんきゅう しれつ呉景帝
孫休 子烈「尾のない竜に乗り、天へと昇る。
       あの夢は、一体・・・・・・」

孫権の六男で、呉の三代皇帝。呉の実権を握った孫綝によって傀儡の皇帝として擁立されるが、孫綝の企みを見逃さず、丁奉らと共にこれを誅殺した。その後は人事や内政と真摯に向き合い、呉の立て直しを図った。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職文官
特技魅力
将器知力上昇 遠弓術 速度上昇
計略静君の号令味方の武力が上がる。移動していない間、さらに兵力が徐々に回復する
必要士気5
Illustration : 玄丞


孫権の六男である三代皇帝も、他の兄弟共々初参戦。

スペックは知力がやや高め。武力も1.5コストとしては無難な数値となっている。
征圧1は地味に痛いが、弓兵なので活かせる機会は少なく、後述の計略の事も考えるとあまり気にする必要は無いだろう。
皇帝らしく魅力持ち。また、武力5にして文官なので不意の一騎討ちも起こさないのがポイント。

「静君の号令」は範囲長方形の号令計略。横範囲に不足は無いが縦がやや狭いため多少の集合を強いられる。
武力こそ+2だが効果時間中は足を止めている限り兵力がじわじわと回復し続ける。
回復量は5c毎15%ほどと思われる。優秀だが回復速度はそれほどでもないので油断は禁物。
実際の戦闘力は見た目を上回るため、使用者もこの計略の地力をよく見極めたい。
知力将器を持つため単独で14.5cほど持続させられる。当然だが効果時間を延ばす事で総回復量も増える。

とりあえず足さえ止まれば攻城中だろうと乱戦中だろうと射撃中だろうと問答無用で回復する。
勿論兵力に不足のない武将は躊躇なく動かせるが、武力上昇はたった2なので過信は禁物。

問題は計略が征圧システムと非常に相性が悪い事。
動いて戦う事が多くなりがちな環境で、足を止めての戦闘はどうも噛み合っているとは言い難い。
また、同コストに同じ長時間号令を持つ槍周姫がおり、あちらは征圧システムと好相性で場所を選ばない。
おまけに効果時間もあちらの方が長い。
スペックは悪いわけではないが、どうしてもシステムに逆行してしまっている為採用率は振るわない。

単体ではどうにかなるわけではない為、この計略を主軸にするのではなく裏の手として仕込む方が良い。
一番好相性なのは、やはり弓が多くなる=足を止めることが多くなる「麻痺矢の大号令デッキだろう。
その他「ふんばれ!」と組み合わせて無理矢理効果を発揮してしまうのも面白いか。

何気に弟の計略共々、勢力の指定がなかったりする。
呉単デッキでは攻城力が悩ましくなる為、他の国と組んだり「衝軍の法」と組んだりして活用するのも面白いか。