カードリスト / 第2弾 / 群雄 / 盧氏


武将名ろし妖しき仙女
盧氏「米は体を、教えは心を
  生かすもの・・・・・・なのじゃ♪」

五斗米道の教祖である張魯の母。益州を席捲していた劉焉に近づき、張魯との関係を取り持った。これにより張魯は拠点を漢中に置き、教団を統一することに成功した。妖術を用いて、少女の姿を保っていたといわれる。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力2 征圧力2
官職-
特技防柵 魅力
将器復活減少 防柵強化 士気上昇
計略妖狐の導き撤退中の味方の歩兵が復活し、征圧力が上がる
必要士気6
Illustration : 匡吉


計略は歩兵限定で全部隊兵力6割で復活、効果時間は約10c、復活した部隊のみ征圧力が+2される。
分かりやすく言えば歩兵限定の太平要術太平要術と違い自身が撤退しないのは良いが、歩兵限定という制約が非常に大きなデメリットとなる。
Ver1.2.0C時点ではコスト2歩兵は全勢力見ても一枚のみ、コスト1.5歩兵が数枚程度で残りはコスト1が殆どを占めているので、どうしても決まった形のデッキになりやすく、
乱戦しか攻撃手段を持たない歩兵では、兵種アクション強化や移動速度強化等の計略を使われると、それだけで壊滅しかねない程のピーキーさを持つ。
せめて一部隊は歩兵ではなく兵種アクションを持つ部隊を入れた方が安定するかもしない。

太平要術は兵力が徐々に回復するのに対し此方は征圧力+2。効果そのものは強力だが復活した部隊のみ追加なので、やはり歩兵にしか付与されない。
本人の能力も張角と比べると防柵を持った代わりに大幅に知力が低下しており、他の歩兵も低知力が多いことが災いしてまとめてダメージ計略で倒される危険性が高い。
他勢力の歩兵を持ってこようにも、群雄以外では計略が強すぎる・特殊すぎる故に歩兵にされてる武将が多く、混色で組むメリットは薄い。

EXカードとしてコスト3歩兵の名探偵呂布こそ追加されたが、彼を入れるとワントップ型になりがちな為、様々な投げ計略を入れたほうが相性が良く、
復活にしても息子の張魯の方が相性が良いと、逆に彼女の起用率を低下させる一因となってしまっている。

複数の味方に征圧力+2自体は強力なので、使うのであれば槍兵より早く槍兵より若干高い攻城力で攻城を狙いつつ盤面を塗る戦術で押すのが良いと思われる。
どちらかというとネタカードにやや近い、実質的に趣味の1枚な為、戦場で見ることは稀だろう。