カードリスト / 第2弾 / / 劉備


武将名りゅうび げんとく漢王室の末裔
劉備 玄徳「嘆き苦しむみんなの希望に
        オレはなる!!」

中山靖王・劉勝の末裔。15歳の時に同郷で名の知れた盧植の下で学問を学ぶ。若き頃から不思議な魅力を持ち、豪商の張世平と蘇双は、その器に賭けて大金を与えた。この軍資金をもって劉備は義勇兵として頭角を表すことになる。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技魅力 漢鳴
将器兵力上昇 復活減少 速度上昇
計略漢鳴の大車輪【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う。さらに槍の無敵攻撃によるダメージが上がる
必要士気4
Illustration : タカヤマトシアキ


彼の義勇軍は厳密には漢軍ではなかったが、漢軍で参戦。
スペックは平凡だが低いわけではなく、漢軍は槍が少ないので間違いのないスペックはどんなデッキにも重宝する。

漢鳴の大車輪は自身の国・蜀でおなじみの車輪計略の漢鳴バージョン。
武力+3に加えて車輪状態になり、更に車輪槍の接触ダメージが増加する。
漢鳴レベル2で武力+7、レベル3で+10まで上がる。効果時間は約8c(Ver1.1.0A)

非常に手軽に他武将の漢鳴レベルを上げられる計略で、車輪に追加ダメージもついているため費用対効果はそれなり。
だが他の車輪計略と同じく、ぶつかり合いや城際でなければ簡単に逃げられるので他の漢鳴計略に比べてやや使いどころは選ぶ。
他の使いやすい漢鳴レベル上げ計略を仕込んで使い分けていくのもいい。

どうしても漢は槍を揃えにくいため、騎兵の対処は苦手とするが、
その中の数少ない槍で騎兵の苦手な車輪を仕込めるだけでも大きな意味はある。
蜀の自身と同じく、槍である彼を入れることで他のデッキパーツの自由度が増すのが嬉しい。
どんなデッキに入れても邪魔にはならない良カードといえる。