カードリスト / 第2弾 / / 伏寿


武将名ふくじゅ
伏寿「あたしがいなくなったら
    誰が陛下を守るのよ!」

献帝の皇后。伏皇后とも呼ばれる。献帝が李傕の元から逃亡した時は共に行動した。女子供でさえ容赦なく殺す曹操を恐れ暗殺を企てるも、それが曹操自身に露見してしまい、部屋から引きずり出されたあげく、幽閉されてしまった。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職-
特技伏兵 魅力 漢鳴
将器士気上昇
計略漢鳴の再起【漢鳴】(漢鳴レベルにより効果が変化する。特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がり、自身の漢鳴レベルが下がる)
撤退中の漢の味方の復活時間が減少する
必要士気5
Illustration : 赤賀博隆


魏のEXカードの曹節が献帝に嫁ぐ前に皇后だった人物。

スペックは特別優秀とは言えない平均的なもので、漢鳴デッキに嬉しい魅力と士気上昇を持つ。
伏兵を持っているが知力は伏兵持ちとしては最低レベルなので、脳筋以外へのダメージはお察し。
それでも序盤に少しでも攻城は許したくない漢にとってはあるのはありがたい。

漢鳴の再起は全体再起計略。
漢鳴レベル1の時に、撤退している部隊の復活カウントを20カウント減少させる。
漢鳴レベル3で撃つと撤退直後の部隊が即復活する(Ver1.1.0A)。

漢鳴レベル1で再起の法の代用レベルにはなるので、十分使える。
士気は5と漢鳴の中ではやや重いが、号令などをしのぐためにラインを上げて相手を消耗させた後にこの計略を撃つなど
相手の攻めをいなすのには重宝する。
彼女を入れることで法具に再起を選ぶ必要が薄くなり、戦術の幅が広がるのもポイント。

特に漢鳴の大号令や天の鼓動を使う場合は入れておきたい一枚。
漢鳴レベルを3にし、ようやく攻め上がり漢鳴の大号令が使える士気がたまるのが大体30c前後あたりだが
この30〜20cあたりを敵に攻め込まれてしまうと漢鳴の大号令を使わないと守り切れなかったり
守りで漢鳴の大号令を使ってしまい攻め手がない、攻め上がってももう時間がないということも起こってしまうが
彼女を入れておくことで終盤の相手の攻勢でわざと部隊を落としてから即復活で体勢を立て直すタイムロスを最小限にできる。
勿論相手もそれを警戒するので、わざと落とさずに放置したり真っ先に彼女を落としにきたりで使えないこともあるが
1コストで仕込める攻め上がれずに負けるというリスクマネジメントには十分優秀な選択肢。

号令に仕込んでおけば再起が欲しいと思うことは必ずあることは間違いないので
レベルを1でも上げておけば十分使い道はある。
本人のスペックも悪くはないので仕込んでおくと何かと安心なカード。
夫の献帝との相性は最悪で、暗殺しようとした曹操とは割といいというのも皮肉である。