カードリスト / 第2弾 / / 何進


武将名かしん すいこう豚犬大将軍
何進 遂高「ブヒヒ、ワシってば
   今日もいい男なのだ!」

何皇后の異母兄。元々は食肉の解体をする仕事をしていた庶民だが、異母妹が霊帝に寵愛されると共に取り立てられ、ついには大将軍まで昇った。しかし自身は部下に頼るくせに優柔不断な性格で、最期は政敵の十常侍らに殺された。
コスト1
兵種歩兵
能力武力3 知力1 征圧力1
官職武官
特技-
将器兵力上昇 捕縛術 征圧力上昇
計略何進の大号令味方の武力が上がり、知力が下がる
必要士気4
Illustration : 長澤真


妹が宮中で毒殺などと大胆なことをしていたのに、こちらは優柔不断で小心者と全く似てない何皇后の兄。

スペックは歩兵で無特技とかなり厳しいが、コスト比高武力なのが売り。
1コストの槍消しや征圧などは最低限こなせるため、さほど悪くはない。

計略の何進の大号令は全勢力見ても珍しいコスト1が持つ号令。
範囲はやや特徴的で自身中心の横長長方形。縦幅が非常に狭いので部隊の範囲漏れにに注意。
武力+4、知力低下値は要検証、効果時間は約5c(Ver1.1.0A)。

効果時間にやや難があるが武力上昇は士気を考えれば高い。
詩聖の号令と違い自身も撤退しない上に、号令を入れることでデッキの総武力を落とすこともない。
知力が低下するため、範囲を調整出来る火計持ちなどの前では使えないが、
デメリットに関しては避けようがないというほどのものでもなく裏の手としては十分で仕込みやすい。

漢鳴デッキにはやや噛み合わないが、栄光の大号令のデッキパーツとしては有効。
同じような役割の田豊はコスト比低武力の歩兵なので、どうしてもデッキの戦闘力が落ちてしまう。
隙なき攻勢は士気が返ってくるのは嬉しいのだが、武力上昇が低く
栄光の大号令が撃てない時に隙なき攻勢で城を守るのには非常に手を焼いてしまう。
何進の大号令は、彼を採用してもデッキの総武力が下がらず、守りでこの計略を撃っても
次の攻め時にはその分の士気を取り戻しているので、栄光の大号令の邪魔になることなく運用できる。
勿論士気11以上でなら栄光の大号令のフルコンも狙える。

しかも勢力非限定なので、どんなデッキにも1コストで守りや攻めの一押しに使える号令を仕込めてしまう。
開幕の攻めに関しても、伏兵さえ踏んでしまえばほぼ警戒なく打てる。
1コストコモンの無特技歩兵と一見ネタ寄りの冴えないカードだが、実際使ってみるとなかなか有用なカード。

だがこの計略をメインや城を守る手としてあてにする場合、ダメージ計略持ちなどとの相性ゲーが増えてしまいがち。
明確な弱点が存在するので、それに目をつぶれるかどうかで取捨選択していきたい。