カードリスト / 第1弾 / / 曹昂


武将名そうこう ししゅう
曹昂 子脩「父を狙うものは、
    誰であろうと俺が倒す!」

曹操の長男で、丁夫人に養育された。張繍の降伏後、曹操に伴って宛に入るが、曹操と鄒氏の密会に激怒した張繍の襲撃を受ける。この時、曹操を守るため自分の馬を差し出して逃がし、身代わりとなって戦死した。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力3 知力3 征圧力1
官職武官
特技復活
将器突撃術 復活減少 速度上昇
計略殿、私の馬を!最も武力の高い味方の武力と移動速度が上がる。ただし自身は撤退する
必要士気3
Illustration : 紺藤ココンCharacter Voice : 落合福嗣


曹操を逃がすため宛城で典韋とともに散った曹操の息子。
本来なら魏の初代皇帝は彼だったかもしれないという人物である。

ライバルのコスト1騎兵には武力枠として楽進や李通が存在する。
単体での戦闘力は他の騎兵に譲るが、曹昂の利点はなんといっても投げ神速。
守城時の高速高武力騎兵は安易な攻城を許さず、攻城時にもマウントの助けとして一役を担う。

計略「殿、私の馬を!」は上記の通り投げ神速。
範囲内の一番武力が高い味方の武力を+5・移動速度を1.8倍にする。代わりに自身は撤退する。
効果時間は6.7c、知力依存0.8c(Ver.1.0.5A)。

似たような計略の杜夫人は撤退がなく、速度上昇率・効果時間で上回る。
一方で武力上昇値はこちらが勝り、+5という数値は追加効果のある士気3の強化にしてはかなりのもの。
第3弾で追加された劉夫人は、対象が高知力なら効果面で上位に立つことの多い難敵。
曹昂の強みは、計略を抜きにしてもコスト1の戦闘要員として十分な戦闘力を備える点。
騎兵単デッキやワントップ騎兵を採用するデッキでは選択肢に上がるだろう。

弟嫁の悲哀の舞いとの相性は抜群。
自身の撤退と合わせて士気3で武力+7を生み出せるため、非常に頼りになる。
また、効果は騎兵限定ではない。魏には投げて使う単体強化が少なく、武力上昇を考えれば騎兵以外でも有効。
夏侯淵など計略の武力上昇が控えめな武将のブーストでは、速度上昇が活きなくても十分な効果だろう。
計略とコンボしてもいいが、この計略だけでも十分な威力の弓になるので荒らしには悪くない選択である。

鄒氏の誘惑や賈詡の離間の計では速度上昇は完封されてしまうが、武力上昇は相殺は出来ない。
どちらかというと武力に主眼を置く投げ強化で、爆発力を求めたい単体強化のコンボ相手なら兵種を問わずに採用検討できる。
逆に頭数の減少を招いてしまうため、数を揃えて全体強化で押すタイプのデッキとは相性があまり良くない。
緊急時の選択肢くらいにはなるが、命を擲ってまで守った父の覇者の求心とあまり噛み合わないのは少々悲しい。

ちなみに曹昂には計略台詞が無い為、曹操に投げても特に何もない。残念。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.0.5A 効果時間延長 6c→6.7c
       武力上昇値増加 +4→+5
       範囲拡大
Ver.2.1.0D 移動速度上昇値増加 1.5倍→1.8倍
Ver.3.0.0D エラッタ実施「特技変更 復活追加」

Menu

最新の20件

2020-09-23 2020-09-22 2020-09-21 2020-09-20 2020-09-19

今日の20件

  • counter: 46098
  • today: 6
  • yesterday: 33
  • online: 30