カードリスト / 第1弾 / / 戯志才


武将名ぎしさい
戯志才「今の私には見えます……
曹孟徳の旗が、一面に広がる景色が」

曹操にとって最初の軍師。世俗から離れていたが荀彧に推挙されて曹操に仕えた。軍略の立案などで非凡な才を発揮し、曹操に重んじられたが早逝。曹操は「相談できる相手がいなくなった」とその死を惜しんだという。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力6 征圧力1
官職文官
特技伏兵
将器知力上昇 遠弓術 征圧力上昇
計略後方指揮味方の武力が上がる
必要士気4
Illustration : 萩谷薫


曹操軍の最初の軍師。ちなみに彼の代わりで推挙されたのがあの郭嘉である。

スペックは武力・知力共に平均的。軍師なのだが何故か知力は6と大分控えめ。
ただ目立って低い能力もない為、足を引っ張る事は少ないだろう。
征圧力は1止まりだが、弓兵である以上総征圧にさえ気を付ければあまり気にする必要は無い。
文官一騎討ちが起こらないというのが彼の強みで、号令持ちが一騎討ちで戦線離脱しないのは安心感がある。
将器は伏兵と計略を考えると知力上昇が最優先。

計略「後方指揮」は数少ない兵種や勢力を問わない号令。
効果は範囲内の味方の武力を+3するもので、範囲はかなり広く直径がカード4~5枚分で、戦場のおよそ4分の1の円形。
知力6で効果時間が10c(Ver1.0.5C)。将器知力で10.7c。
士気の軽さと長めの効果時間が売りで、同じ武力上昇値で本人を範囲に含む指揮が士気5であることを考えれば費用対効果は高いと言えるだろう。
距離を取って攻撃する弓兵と計略の範囲は噛み合っており、計略を打つときに位置取りがしやすいのは利点。
計略範囲に自身を含まないため重ね掛けでき、二度掛けで+6、士気12からの三度掛けは+9になる。
重ね掛けの時間をずらして武力上昇を長時間時間を維持するなど、使い方も幅広い。
但し、重ね掛けはそれだけ士気を吐くと言う事でもあるので、漠然とした使用は控えたいところ。

高武力騎兵のワントップ型デッキで壁の厚みを増しながらワントップの武力底上げも士気4で兼ね、その後の超絶強化にも繋げる、
大型号令の後にもうひと押しが欲しい、反計などの為に士気を小出しにしたい等、サブ計略として使い勝手が良い。
特に曹丕の魏武の継承者は効果時間が長いが武力上昇値が控えめな号令であり、ぶつかり合いで武力を補完出来る後方指揮との相性が良い。
必要士気の軽さから混色でも活躍でき、魅力や将器の士気上昇を積んで開幕から攻勢をかける場合も士気の軽さが活きるなど、立ち回りの幅も広い。