カードリスト / 第1弾 / / 郭淮


武将名かくわい はくせい
郭淮 伯済「行くべき道も、帰るべき道も
 すでに私が用意してある」

魏の武将。夏侯淵の武将として漢中に駐在したが、彼が敗死すると、軍の混乱を収拾して追撃を防いだ。その後も漢中や涼州を守り、曹真や司馬懿の副将として蜀軍を苦しめた。地形の把握に優れ、常に撤退路を確保していたという。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力8 征圧力2
官職武官
特技-
将器遠弓術 速度上昇 守城術
計略迅速なる司令魏の味方の武力と移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : 伊藤未生


地味だが長年魏を支え続け、魏の晩年には司馬懿と並ぶ軍事の中心人物であった智将。Ver1.0.5Dから登場。

スペックはバランスが取れていて、このコスト帯ではトップクラスの数値を誇る弓兵。
一方で高コスト無特技なのは若干痛いか。
騎兵以外のスペックが低めの魏では他の号令のパーツにも採用できそうなレベルである。

計略「迅速なる指令」は武力と移動速度を上げる号令。
武力上昇は+4、移動速度上昇率は1.3倍。2度掛けしても槍は迎撃されない。効果時間8.3c。(Ver.1.1.0C)
弓は1回では迎撃されず2度掛けで迎撃される。

追加効果のある士気5号令としては十分な武力上昇があり、魏の騎兵とのシナジーも大きい待望の効果だが自身を範囲に含まないという難点がある。
同様に自身を範囲に含まない戯志才の後方指揮とは武力上昇値と移動速度上昇効果で勝るが、効果時間と必要士気と自身のコストの重さで劣る。

追加当初はメイン計略にも据えられる威力があったが、彼の後に魏国の礎や孫呉の礎など強力な号令が次々登場したため、
効果がマイルドなこの号令はメインでは力不足感が否めない。
同士気で弱体化の謀略など強力な計略も登場したため、わざわざこの計略で相手の号令に対抗しなくてもいい環境になって来ている。
それでもサブ計略としてはかなり優秀で、魏武の継承者など他の号令に重ねやすい点や
最終盤の二度掛けなど全体号令にはできない強みはあるので、この号令はそのようなお膳立てがある上で輝くと言える。
自身の優秀なスペックと相まって、仕込んでおけばデッキの厚みを増すカードであることは変わらない。

それでもVer1.2.0現在の迅速なる指令は単体では積極的に狙うべき計略とは言い難いが、
その高スペックによる弓は魏においては貴重な武器で、主にここが計略以上に今の彼の強みといえる。
特に勇略采配など、敵城前で使いたいがラインを上げるまでが大変な計略や
魏武の継承者などの武力不足に悩むデッキでは彼の弓でぶつかり合う前に相手の兵力を削いでおけるのはかなり大きい。
魏の得意な騎兵は柵を割る力が弱いため、舞姫潰しは少し苦手だが彼がいれば邪魔な柵を飛び越え舞姫を潰せたり、
魏の苦手な槍を揃えたデッキでも弓によって崩しやすくしたり、やれることの幅が広いのが特筆に値する。

騎兵単のような尖った強さはないもののじっくりとチャンスをうかがう老獪な戦い方が得意。
勿論攻城要員、弓マウント要員、征圧要員としても優秀で、生かすも殺すもデッキの使い手の戦略性次第。
魏で主流の戦い方ではないが、彼を採用する場合他の弓兵と合わせて採用しておくと彼の弓は一層輝く。
彼を採用する場合、他の弓兵の採用は検討してみたい。

騎兵が得意な戦場中央付近のぶつかり合いや征圧戦ではなく
相手の城際で戦い、攻城をメインに城ゲージを奪う戦法を取るデッキではスペック、計略共に万能。
これだけのスペックでサブ号令と仕込めるというだけでも常に一定の需要があるだろう。

修正履歴

Ver.1.0.7C 効果時間延長 7.5c→7.9c
Ver.1.1.0C 効果時間延長 7.9c→8.3c
Ver.1.1.5A 範囲縮小