カードリスト / 第1弾 / / 郭淮


武将名かくわい はくせい
郭淮 伯済「行くべき道も、帰るべき道も
 すでに私が用意してある」

魏の武将。夏侯淵の武将として漢中に駐在したが、彼が敗死すると、軍の混乱を収拾して追撃を防いだ。その後も漢中や涼州を守り、曹真や司馬懿の副将として蜀軍を苦しめた。地形の把握に優れ、常に撤退路を確保していたという。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力8 征圧力2
官職武官
特技-
将器遠弓術 速度上昇 守城術
計略迅速なる司令魏の味方の武力と移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : 伊藤未生


地味だが長年魏を支え続け、魏の晩年には司馬懿と並ぶ軍事の中心人物であった智将。
特技ではあるがスペックはバランスが取れていて、このコスト帯ではトップクラスの数値を誇る弓兵。
騎兵以外のスペックが低めの魏では他の号令のパーツにも採用できそうなレベルである。

迅速なる指令は武力と移動速度を上げる号令。
武力上昇は+4、移動速度上昇率は1.3倍ほどで、2度掛けしても槍は迎撃されない。効果時間7.5c。(Ver1.0.5D)
弓は1回では迎撃されず2度掛けで迎撃される。

追加効果のある士気5号令としては十分な武力上昇があり、魏の騎兵とのシナジーも大きい待望の効果だが自身を範囲に含まないという難点がある。
同様に自身を範囲に含まない後方指揮とは武力上昇値と移動速度上昇効果で勝るが、効果時間と必要士気と自身のコストの重さで劣る。

相手の計略を高めのラインで引き出し、効果の切れる前に相手から離れて効果終了後に追撃で撤退させられないような立ち回りが有効。
ただし効果時間がさほど長くなく、速度上昇値が低めなので士気6の英傑号令とぶつかり合うと押し負けてしまいやすいが、
士気が軽さを活かして他の計略と組み合わせる事で(消費士気は上回ってしまうが)対処する事も可能。

魏では高コスト弓兵の出番が限られており、彼に限らず弓をデッキに入れにくい。
また速度を活かして相手の槍を消して突撃を入れ続ける運用が主なのだが、魏は槍兵のスペックがやや貧弱。
コストを上げれば耐久力がある者もいるが、そのようなカードは総じて知力が低いため、妨害・ダメージ計略に脆くなってしまう。
郭淮もコスト2なので肝心の騎兵とのコストの兼ね合いも悩ましい。

効果自体はメインにも据えられるほど強力なのは間違いないので、上手くデッキを構築できるかが鍵だろう。
スペック重視なら郭淮以外を優秀なスペックを誇る騎兵で固めるのも一考。
自身のスペックもいいので、他の号令などの裏の手やフルコン要員に採用しても有効。