カードリスト / 第1弾 / / 馬謖


武将名ばしょく ようじょう
馬謖 幼常「君たちに破ることはできないよ。
 そう……天才である、僕の策はね!」

馬良の弟。才器は人一倍で軍略を好み、諸葛亮には重宝されていたが、劉備には実際が伴わないとして信頼されなかった。参謀としては的確な助言をしたが、北伐で軍を率いた際は命令を無視して大敗。諸葛亮に才器を惜しまれるも、処断された。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力8 征圧力2
官職武官
特技伏兵
将器遠弓術 士気上昇 守城術
計略泣斬馬謖自身は撤退し、自軍の士気が上がる。この計略は1度しか発動できない
必要士気5
Illustration : 萩谷薫


スペックはコスト1.5弓兵として最低限の戦闘をこなせる武力4、知力3以下を撤退させられる知力8伏兵、征圧に参加できる征圧力2とそれなり。
とはいえ、やはりこのカードの採用目的は独自性の強い計略目当てになるだろう。

泣斬馬謖は士気を5消費し7増やす=2だけ士気を増やせるもの。(Ver.1.1.5A)
Ver.1.1.5Aで計略内容が修正され、試合中一度しか使えなくなった代わりに、使用時に敵の士気も増えるデメリットがなくなった。

Ver.1.1.0での漢鳴デッキとの抜群の相性の良さで暴れてから計略を実戦で使えないレベルにまで下方され、エラッタで今に至る。
かなり立ち位置が変わり、使用タイミングなどもあまり気にならず、このカードの役目は「1試合に使う士気を2増やす」こと。
そのためにこのカードにどれだけの価値を見出せるかということを問うのみとなった。

基本的に試合時間が長ければ長いほど士気+2のメリットが薄れ、武力の面で足を引っ張りがちになるので、一気に勝負を決めるためのデッキに積むのがよいだろう。
具体的に言えば開幕に法具と共にこの計略を使い、その後桃園の誓い武神の大号令などを撃つなど。

開幕に士気5をためられれば、彼の撤退で即士気7の計略が撃てる。
発動までが厄介な回復の舞いなど、舞いを開幕から撃ったり、
ほぼ永続的な効果を発揮する計略などを開幕で撃ってすぐに優位を取るなど、
長々と発動タイミングを見極める類の立ち回りに適さなくなったと言える。

元々伏兵を持っているため開幕には強く、エラッタで征圧力が2になったので、開幕の征圧ランクで少しでも前を取りやすくなった。
開幕の優位性を持っている性質が強くなったと言える。
今後も開幕で撃てる強力な計略や、永続効果の計略などが登場した場合、
またこのカードが活躍するかもしれないので、今後に期待したい。

修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「征圧力1⇒2、計略内容変更:自身は撤退し、自軍の士気が上がる。この計略は1度しか発動できない」