カードリスト / 第1弾 / / 馬謖


武将名ばしょく ようじょう
馬謖 幼常「君たちに破ることはできないよ。
 そう……天才である、僕の策はね!」

馬良の弟。才器は人一倍で軍略を好み、諸葛亮には重宝されていたが、劉備には実際が伴わないとして信頼されなかった。参謀としては的確な助言をしたが、北伐で軍を率いた際は命令を無視して大敗。諸葛亮に才器を惜しまれるも、処断された。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力8 征圧力2
官職武官
特技伏兵
将器遠弓術 士気上昇 守城術
計略泣斬馬謖自身は撤退し、自軍の士気が上がる。この計略は1度しか発動できない
必要士気5
Illustration : 萩谷薫


「泣いて馬謖を斬る」の故事で有名であり、何故かそれをネタにされる事で有名な馬氏の五常の末っ子。

スペックは知力8伏兵だが、反面武力は4と戦闘面ではやや厳しめ。
征圧力は当初1だったが、Ver1.1.5Aのエラッタで2まで上がった。しかし弓兵なので征圧判定に活かせる程度か。
このカードの採用目的は独自性の強い計略目当てになるだろう。

計略「泣斬馬謖」(ないてばしょくをきる)は士気を5消費して本人が撤退する代わりに7増やす(=2だけ士気を増やせる)もの。(Ver.1.1.5A)
ただし、対戦中に一回しか使用できない。

漢の登場により漢鳴デッキとの抜群の相性の良さで暴れたこともあって、一時士気を1増やす(相手との士気差は0.5)だけと、
計略を実戦では使えないレベルにまで下方されてしまった。
Ver.1.1.5Aで計略内容が修正され、対戦中一度しか使えなくなった代わりに、使用時に敵の士気も増えるデメリットがなくなった。
かなり立ち位置が変わり、このカードの役目は「1試合に使う士気を一度だけ2増やす」こと。
そのためにこのカードにどれだけの価値を見出せるかということを問うのみとなった。

基本的に試合時間が長ければ長いほど士気+2のメリットが薄れ、武力の面で足を引っ張りがちになるので、
大型計略を打って勝負を決めるためのデッキに積むのがよいだろう。
開幕に士気5をためられれば、彼の撤退で即士気7の計略が撃てる 。
これを利用して開幕に法具と共にこの計略を使い、その後桃園の誓い武神の大号令などを撃つなどである。
他には、いち早く回復の舞いのような永続的な計略を打って優位に立つなど。

変わった用法としては、奥義の宝具士気×2と合わせて使えば士気が最大で15まで使えるようになる。
これを利用して、黄式加速装置泣斬馬謖奥義→阿斗の丸投げといった通常では不可能なコンボが可能になる。

元々伏兵を持っているため開幕には強く、エラッタで征圧力が2になったので、開幕の征圧ランクで少しでも前を取りやすくなった。
ただ、計略の仕様変更で一度計略を撃てばその後はただの武力4弓兵になってしまう為相応のリスクを覚悟する事。

余談だが、旧作ではこの計略を持つと何故かコスト比不相応のスペックになってばかりだった。
(2では2コスト4/7伏兵、3では「さすらいアフロ田中」とのコラボのせいで1.5コスト4/2大軍。)
本作では計略要員としてごく普通のスペックである。

修正履歴

Ver.1.1.0B 自軍の士気上昇値減少 +7.5→+6
Ver.1.1.5A エラッタ実施「征圧力1⇒2、計略内容変更:自身は撤退し、自軍の士気が上がる。この計略は1度しか発動できない」