カードリスト / 第1弾 / / 魯粛


武将名ろしゅく しけい軽妙なる戦略
魯粛 子敬「まぁ、そう焦りなさんな。
 互いのために話そうじゃないか」

孫権配下の戦略家。先見の明に優れ、周瑜の才能を見抜き財産の半分を提供した。また曹操に対抗するため劉備と同盟を結び、赤壁の戦い開戦に貢献した。冷静かつ豪胆な性格で、関羽と一対一で交渉し、荊州の半分を獲得した弁舌の持ち主。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力8 征圧力3
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 征圧力上昇 同盟者
計略援軍味方の兵力が回復する
必要士気5
Illustration : JUNNY


周瑜の跡を継いだ二代目大都督は、Ver.1.0.0Fの追加武将として登場。

スペックは知力8の伏兵があるとは言え、武力は呉の1.5コスト槍唯一の4であり直接戦闘は不得手。
伏兵持ちとしては珍しい征圧力3を持つ。
将器は呉蜀の同盟を先導したと言う事から同盟者や、高コスト帯にもほぼ居ない征圧4となる征圧力上昇など面白いものがあるが、計略主体で考えると兵力上昇が無難だろう。

計略の援軍は魏の文聘や蜀の王悦と同じ計略。回復量は6割で知力依存は無し(Ver1.2.0E)。
計略の効果自体は、そこまで悪いものではない。
しかし槍の場合はどうしても前線に立つ必要がある為、計略を使用する時に一番消耗しているのは自身と言う状況に陥りやすく
弓を撃つことの多い呉では、後方の弓兵が消耗していない場合も多い。
その為、計略をフルに活かすならば弓兵にも壁役になってもらい自身は後ろからの槍出しで牽制役に回ると言う斜め上の戦術を取らざるを得ない。

最大の問題は大型計略や自爆計略に対する依存度が高い呉において、兵力回復計略は相性も士気効率も悪いと言う事。
かろうじて駿才の大号令との相性は悪くなさそうに見えるものの、1号令の為にほぼ全ての士気を払うのは割に合わない。
そこまでする位ならば増援の法でも叩いてしまった方が早いだろう。

何よりも1.5コスト唯一の武力4槍と言う点が大いに足を引っ張ってしまう。
デッキパワーを著しく下げる魯粛はやはり敬遠されてしまう傾向にある。
なら混色は…と言いたいところだが、回復量が知力に依存しない都合上文聘や王悦で良い為やはり浮かばれない。
魏呉蜀それぞれにコスト1征圧力3持ちが追加された為、総征圧で困るデッキでも入るかどうか微妙な所。
一点を活かそうとすると他が欠点となってしまうケースが多く、彼のスペックを活かせる環境がないのが現状である。

なお、彼は文官である為本来は一騎討ちを起こさないのだが、呉伝第14章第2話では特例で一騎討ちを起こす
但し、相手は必ず武力9+勇猛持ちの関羽になる為本気で勝ちに行くならフォローは必須。

修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「征圧力変更 2⇒3」