カードリスト / 第1弾 / / リョウ統


武将名りょうとう こうせき
淩統 公績「いつか父を超える日まで
  俺はまっすぐに戦い続ける!」

淩操の子。父の戦死とともに15歳の若さで跡を継ぎ、遺体を奪い返すため奮戦したといわれる。合肥の戦いでは張遼から孫権を救い、撤退の時を稼ぐため300人の兵と共に死地に立つ。壮絶な死闘の末、淩統だけが生還したという。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力5 征圧力2
官職武官
特技
将器復活減少 速度上昇 守城術
計略仇討ち武力が上がる。この効果は撤退している味方部隊数が多いほど大きい
必要士気4
Illustration : さいのすけCharacter Voice : 佐藤拓也


レアリティは違うが、父の淩操と一枚絵となっている淩統。
Ver2.0.0Aより呉のスターターデッキメンバーになっている。

能力値はコスト比平均かやや寂しいくらいの数値で心許ない。加えて特技も無し。
一応無特技騎馬最高武力ではあるのだが、後述の要因からアピールポイントとしてはイマイチ。
将器は他の武将と被りにくい速度上昇を選ぶのが無難。

計略「仇討ち」は味方の撤退数に効果を依存する強化。
武力が2+撤退部隊数×2され、撤退中の味方が4部隊以上の場合は基礎上昇値に更に+1され3+撤退部隊数×2になる。
効果時間9.6c。知力依存は1.25cとかなり高め。(Ver.2.1.0D)
元は「強化戦法」だったが、Ver.1.1.5Aで待望のエラッタを受け、魏の典韋のように初代作で持っていた計略を取り戻した。

上がるのは武力だけだが、4部隊撤退で小覇王の蛮勇使用時の孫策を超える超武力となる。
ワラデッキ等で使えば、周りの部隊が生存しているうちは壁突撃を決められ、
倒すと今度は超武力が乱戦しているという嫌らしい攻めが可能になる。
呉お得意の撤退をトリガーにする計略と組み合わせるのもアリ。
また撤退武将は勢力を問わないので、他勢力から復活持ちをかき集めたり、
「多勢の大号令」や「悲哀の舞い」などワラワラになりやすい混色デッキに入れて活かすのも面白いかもしれない。

ただし武力上昇の条件が非常に限定的であり、部隊の数が減る=攻め手が減ると言う事なので汎用性は皆無。
さらに同コストに武力8・汎用性の高い超絶強化を持ち稼働初期からこちらの存在を喰ってきた蛮勇孫策に加え、
同じ素征圧2騎馬でありながら(知力こそ2だが)武力8という淩統本人といった使いやすいライバルが居るのが致命的。
その結果、一般的なワラワラ系デッキどころか、無特技号令でさえも素のスペック重視で上記のライバルに遅れを取る始末。
オマケに撤退武将をトリガーにしたテーマデッキでは、より武将コストが低い「復仇の号令」持ちの徐氏がいるのも気がかり。
スペック・計略共に汎用性に欠けるため、完全な専用デッキ以外では活躍機会が無いのが現状である。

ただその独特の性能(?)故か、ごく一部ながら愛好家が存在し細々と使用されている様子。
また、張承の無特技号令においては最高武力の騎兵ではなりえる為、非常に狭いニーズも無くも無い。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「計略変更 強化戦法⇒仇討ち」
Ver.1.2.0E 武力上昇値増加 撤退部隊x2+1→撤退部隊x2+2
Ver.2.0.1B 効果時間延長(知力依存値増加) 8.3c(0.8c)→9.6c(1.25c)
Ver.2.1.0D 撤退している武将が4部隊以上の際の武力上昇値増加 2+撤退部隊数×2→3+撤退部隊数×2

Menu

最新の20件

2019-09-19 2019-09-18 2019-09-17 2019-09-16 2019-09-15 2019-09-14

今日の20件

  • counter: 43694
  • today: 4
  • yesterday: 22
  • online: 51