カードリスト / 第1弾 / / リョウ統


武将名りょうとう こうせき
淩統 公績「いつか父を超える日まで
 俺はまっすぐに戦い続ける!」

淩操の子。父の戦死とともに15歳の若さで跡を継ぎ、遺体を奪い返すため奮戦したといわれる。合肥の戦いでは張遼から孫権を救い、撤退の時を稼ぐため300人の兵とともに死地に立つ。壮絶な死闘の末、淩統だけが生還したという。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力5 征圧力2
官職武官
特技
将器復活減少 速度上昇 守城術
計略仇討ち武力が上がる。この効果は撤退している味方部隊数が多いほど大きい
必要士気4
Illustration : さいのすけ


レアリティは違うが、父の淩操と一枚絵となっている淩統。
Ver2.0.0Aより呉のスターターデッキメンバーになっている。

スペックはコスト比平均かやや寂しいくらいの数値で心許ない。加えて特技も無い。
征圧力2だが、その代償がいささか強めなのが悩み。
将器は独自性はあるものの、復活減少は征圧力上昇を付けた留賛と被ってしまう。他から選ぶのが無難か。

同コストに孫策がいるため、稼働当初から不遇の扱いであった。
孫策が将器で征圧力2になれる上、計略で征圧範囲も広げ、戦闘もこなせてしまうため、
稼働当初は計略が汎用の強化戦法だったこともあり、存在すら忘れられかけていたが
Ver.1.1.5Aで待望のエラッタを受け、魏の典韋のように初代作で持っていた計略を取り戻した。

「仇討ち」は、基礎値に武力+2、以降撤退部隊数×2の武力上昇がプラスされる。
1部隊撤退なら武力11(武力+4)、4部隊なら17(+10)である。効果時間8c。(Ver.1.2.0E)

上がるのが武力だけなので地味なのだが、4部隊撤退で小覇王の蛮勇使用時の孫策を超える。
呉お得意の撤退をトリガーにする計略との相性自体は悪くない。
ただ全体自爆計略は孫堅の「天啓の幻」しかなく、他は全て単体計略である為意外とコンボ性能は高くない。
真価を発揮するのは、やはり部隊数が多くなり撤退の頻度が上がるワラデッキであろう。
ちなみに上記の通り、誰も撤退していない状態だと過去の境遇よりも酷い状態になるので注意。
(強化戦法は武力+4)
とは言え、独自性自体は見出せるようになったと言って過言ではない。

但し、独自性を得たとはいえ相変わらず汎用性自体は蛮勇孫策に大きく劣っている為、活躍の場は限られてしまう。
また、撤退武将をトリガーにする計略になら武将コストが低い「復仇の号令」持ちの徐氏もいるのが気がかり。
幸い単体計略故に他に呉の武将がいる必要は無い為、「多勢の大号令」や「悲哀の舞い」などの混色デッキに入れて活かすのも面白いかもしれない。

Ver.1.2.0において無特技号令の張承が追加されたのは追い風。
特に淩統は2コスト唯一の無特技騎兵である為、コスト2に騎兵が欲しい場合は自ずと彼が選択肢に入ってくる。
…はずだったのだが、Ver1.2.0Dにおいて特技ありでも+5されるようになったのは向かい風。
この結果騎兵枠は爆発力のある孫策で良いと言う結論に落ち着いてしまい、無特技号令での居場所も失いつつある。
つくづく小覇王に悩まされる御仁である。
更にVer2.1.0Aであろう事か武力8征圧力2騎馬に淩統本人が追加される始末。ここまで来ると最早笑うしかない。

修正履歴

Ver.1.1.5A エラッタ実施「計略変更 強化戦法⇒仇討ち」
Ver.1.2.0E  基礎武力+1→+2