カードリスト / 第1弾 / / リョウ操


武将名りょうそう
淩操「死を恐れてビビってる奴に
   先陣の役目は務まらねえぞ!」

孫策、孫権に仕えた武将。淩統の父。孫策の挙兵の時から配下に加わり、常に先鋒として道を切り開いた。侠気に富み、戦場で動じることがなかったといわれる。黄祖討伐時に単独で敵を追撃したところ、黄祖配下だった甘寧に討たれた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力2 征圧力2
官職武官
特技
将器攻城術 守城術 募兵
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : さいのすけCharacter Voice : 江越彬紀


レアリティは違うが、子の淩統と一枚絵となっている淩操。

呉のコスト1槍では高めの武力3を持ちつつ征圧力2で征圧戦にも対応しておりスペック自体は悪くない部類。
同コスト同武力の潘璋は知力4伏兵だが征圧力1なので一応棲み分けは出来ている。
将器は置き槍でもきっちり仕事ができる守城術がよいか。

ただ、呉のコスト1槍兵には計略や特技面でバラエティに富んだライバルが多い。
魅力+征圧力2+浄化の小喬、魅力+防柵の呉国太、征圧力3を誇り計略も呉の優秀な弓兵をサポートできる顧雍などが候補となる。
単純な号令デッキや超絶バラデッキだと、1コストは計略込みで評価されやすい為、強化戦法では入り込む余地がない。
特に2種の小喬は稼働初期からの強豪であり、彼女を押し退けてまで採用する意義が薄いのが現状。
弓まで範囲を広げると更に採用が厳しくなってしまう。

どちらかというと、個々の性能や数が物をいうワラ向けの武将。
呉軍1コストに武力3征圧力2の槍兵は仮装武将の自身を含め淩操しかいない。
仮装武将版との計略の有用性の差は歴然としており、こちらを採用する場合は将器守城術の覚醒を見越すことになるだろう。

登場バージョン

Ver.1.0.0C

Menu

最新の20件

2020-08-08 2020-08-07 2020-08-06

今日の20件

  • counter: 22918
  • today: 5
  • yesterday: 14
  • online: 106