カードリスト / 第1弾 / 群雄 / 李カク


武将名りかく ちぜん
李傕 稚然「くくく……すべて私の思うままだ!」

董卓の配下。董卓死後は、幼馴染の郭汜と共に呂布を攻めて、長安から追放する。その後は共同政権を執るものの、二人は欲望のままに行動。幾度となく仲違いし、献帝が曹操に奪われると勢力は衰退した。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活
将器攻撃力上昇 遠弓術 募兵
計略悪逆無道武力が上がる。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気3
Illustration : 木下勇樹


武力6弓に復活・悪逆無道と戦闘力はまあまあ。
将器が弓兵に非常に噛み合った有用なものばかりで、どれを選んでも性能が大きく向上するため
それ込みで考えれば優秀なスペックの持ち主と言える。

ただ極端な脳筋で自城ダメージ計略持ちと、総じて安定性のない性能ではある。
どれほど弱い伏兵やダメージ計略でも撤退は免れないし、悪逆無道は自城ダメージがあるため士気は軽いが気軽に使っていける計略とは言い難い。
特に攻めで使って敵城にダメージを与えられなかったら大損である。
計略を積極的に活用するなら自城を削ってから火事場計略へ繋ぐなどの戦略は準備しておきたい。

とはいえ基本はスペック重視の武将なので、敵計略も自身の計略もそれほど気にしなくても構わない。
敵主力にも十分に脅威になりうる威力の弓といざという時に捨て駒にもなれる特技復活、
あれば募兵も駆使して戦場に立ち続け、群雄お得意の消耗戦に持ちこむのが彼の役割である。
そうして長い間戦線を維持して敵方に内乱が勃発すれば、自身の計略も使いやすくなってくる。
知力が低い分効果時間が短いが城ダメージも少なくて済むという利点があるので、ここぞと言うところで的確に使い被害以上の戦果をもぎ取ろう。