罪滅し編


罪滅し編 〜最初の過ちをどうか〜 

惨劇の舞台裏巡りはいかがでしたでしょうか。
次なる惨劇もご用意いたしました。お楽しみください。
どうせ惨劇に終わるのを足掻く姿が楽しい、滑稽な物語です。

難易度はゼロ。ピエロたちの競演をどうかお楽しみください。

一度目なら、今度こそはと私も思う。
避けられなかった惨劇に。
二度目なら、またもかと私は呆れる。
避けられなかった惨劇に。
三度目なら、呆れを越えて苦痛となる。
七度目を越えるとそろそろ喜劇になる。

  • サブタイトル「最初の過ち」とは?
    • 鬼隠し編で圭一がレナと魅音を殺害したこと
    • これまでの世界で、仲間を信頼できず疑心暗鬼に陥り、「殺害」などの間違った選択をしてしまったこと(=皆殺し編で提示される「ルールX」)
    • 梨花が生きた最初の世界(ループ前)の「惨劇」がレナの暴走による雛見沢分校爆発事件だったということ?

  • 鬼隠し編で圭一がレナと魅音を殺害したこと これまでの世界で、仲間を信頼できず疑心暗鬼に陥り、「殺害」などの間違った選択をしてしまったこと(=皆殺し編で提示される「ルールX」) 梨花が生きた最初の世界(ループ前)の「惨劇」がレナの暴走による雛見沢分校爆発事件だったということ? -- 2019-09-14 (土) 11:38:29
  • 仲間を信頼できず疑心暗鬼に陥り、「殺害」などの間違った選択をしてしまったこと(=皆殺し編で提示される「ルールX」) 梨花が生きた最初の世界(ループ前)の「惨劇」がレナの暴走による雛見沢分校爆発事件だったということ? -- 2018-07-03 (火) 12:42:31
  • 冒頭は、梨花がレナと同じような目をしていて、圭一がレナや57年に悟志を救えなかった皆に、意見できていないから、七度目の世界? -- 2013-04-18 (木) 03:32:07
  • ↓梨花が経験している総ループ回数は七度や八度どころではないので、直接的な意味は「同じパターンの惨劇(たとえばレナ篭城)を七度も繰り返すと・・・」ということだと思うけど、そういう暗示(物語の八編目がラスト)も含んでいる可能性はある。 -- 2012-05-08 (火) 21:44:13
  • 「七度目を越えるとそろそろ喜劇になる」というのは、八度目(=祭囃し)がハッピーエンドだという意味ですかね? -- 2011-11-19 (土) 18:50:27
  • ひぐらしのなく頃にはとても絶賛させられました。 -- 天ちゃん? 2010-05-25 (火) 16:05:06

籠城事件関連

  • レナの作った爆破装置は実現可能?
    • 事件前日から仕掛けていたのだから犯行までにボールがガソリンによって溶けるため不可能。~
  • 小さな子供が多い学校なので皮製の硬球は危険なため置かれていない可能性が高い。~
  • 雨どいを塞ぐのに使われたのは子供向けビニル製カラーボールを使用した可能性が極めて高い。~
  • 子供向けのビニル製カラーボールの素材はポリスチレンであり有機溶剤で溶けやすい性質である。~
  • ガソリンは第3種有機溶剤であるためビニル製のボールは容易に溶けてしまう。~
  • 少しでもボールが溶ければガソリンの重さでボールは抜けてガソリンが溢れる。~
  • 事件当日には校庭にガソリンが流れ消防や警察に連絡が行くためレナの犯行は不能になる。~
  • しかし、憶測も多分に含んでいるため不可能だったと断言はできない。~

  • 罠だ!!これは罠だ!! -- 夜神○? 2011-10-23 (日) 20:02:18
  • 少年野球チームがあるので、軟球の可能性も考えられる。 -- 2011-02-15 (火) 19:30:10
  • 悟史の金属バットが置かれているくらいだから、硬式ボールが置いてあってもおかしくない -- 2011-01-28 (金) 09:54:55
  • 事件前日から仕掛けていたのだから犯行までにボールがガソリンによって溶けるため不可能。~ 小さな子供が多い学校なので皮製の硬球は危険なため置かれていない可能性が高い。~ 雨どいを塞ぐのに使われたのは子供向けビニル製カラーボールを使用した可能性が極めて高い。~ 子供向けのビニル製カラーボールの素材はポリスチレンであり有機溶剤で溶けやすい性質である。~ ガソリンは第3種有機溶剤であるためビニル製のボールは容易に溶けてしまう。~ 少しでもボールが溶ければガソリンの重さでボールは抜けてガソリンが溢れる。~ 事件当日には校庭にガソリンが流れ消防や警察に連絡が行くためレナの犯行は不能になる。~ しかし、憶測も多分に含んでいるため不可能だったと断言はできない。~ -- 2010-03-02 (火) 19:23:56

梨花関連

  • 転生?ループ?の謎 (→皆殺し編で解決?)
    • 梨花「100年以上生きている」
    • その上で梨花は「今回の」自分の死因や死亡時刻を知ることができる。方法は不明。経験則?
      • 漫画「宵越し編」で学校篭城事件を経験している   その為 知ることは可能だった?
    • 圭一が前(鬼隠し編やごくわずかに祟殺し編)を覚えていること。梨花曰く「それはありえない」。
      • 「前の記憶」も圭一の(レナの殺人告白以降、様々なifを考えていった結果)である可能性はないか。
      • 梨花の発言にあるようにそのまま「奇跡」ということで説明しては駄目?
    • その梨花がその後に惨殺されたということを知っているということは、記憶を持ち越せるのは梨花だけではなくて、もう一人いる? ←なんで?
      • 最後の死は、ハンカチか何かで口を塞がれ、意識が遠くなって。二度と意識を取り戻せないという慈悲深い形で行われる。(皆殺し編)とあるので梨花は自分が殺される瞬間は意識が無いので知覚できないはず。
    • 母親が幼い梨花に教えなくても知っていることがあるということは、58年6月に死んだ後は、また自分に生まれ変わるようだ。
      • 鬼隠し編でも58年6月に死んでいるのか?→鷹野による腸流し?
    • 仮に記憶を持ち越せたとするなら、何故予言の中に「毎回必ず同じタイミングで同じ死に方をしている」富竹の死は含まれていないのか。
      • 少しでも未来を変えたいという希望があるにもかかわらず必ず富竹が死ぬのということを認めたくない?
    • 転生ないしループがミスリードである可能性はないか。梨花はループしておらず、記憶を持ち越していると梨花が思い込んでいるだけ。誰かが梨花にそう思い込ませることは可能か。→羽入によるもの? 
  • 梨花の謎 (→皆殺し編で解決)
    • TIPSにて梨花が会話しているのは誰か。沙都子のもう一人の人格? 梨花のもう一人の人格? それとも梨花と沙都子の以外のもう一人の誰かが実在する?
    • 二重人格?だとするとどうして二重人格になったのか。
    • 「みー、にぱー」=年齢数百歳梨花。「くすくす」=100歳梨花(竜騎士07曰く「黒梨花」)。
    • 「みー、にぱー」が赤坂と雪絵の間に生まれるはずだった子供で梨花に取り憑いた?
    • いつも大災害が起きる前に死んでいる=大災害の存在を知らない?
      • 黒梨花とレナとの会話「…どうせもうすぐ滅ぶ世界だしね。」
    • 梨花を「惨殺」する必要があるのか。
    • 祭具殿の錠前を変えた理由=錠が重いから。本当に正しい?
    • 綿流し当日に私服を着て射的に参加している。奉納演舞はあったのか。
      • 大石「屋台と盆踊りの曲さえ聞こえていれば祭らしく見える(祭当日の述懐)」
      • レナ「富竹さんは奉納演舞の際にフラッシュをたきまくって顰蹙を買っていたようだ…と大石刑事から聞いた」
  • 圭一の父があった2人の少女 (→祭囃し編で解決)
    • 髪が長くて、圭一より年下。フレデリカと古手梨花? 何故見えた?
    • TIPSにて梨花が誰かと会話していた。2人の少女=「会話していた相手と梨花」? →相手は羽入?
      • すると圭一の父は感染していることになる。 → 感染しなくとも見えることがある。
    • 梨花と沙都子じゃないのか? 当時長髪だったのでは?
  • 籠城事件、梨花とレナの戦いについて。および梨花の奇襲手段
    • 前述100年分の経験によるエゲつない急所攻撃?
      • そもそも圭一は“レナが大袈裟に痛いと呻いたから梨花が何かの武器を使った”と思っただけで、武器を使ったという明確な描写は無い。実際、勢いをつけて肘打ちなどで体当たりされたら相当痛い。また、梨花は喧嘩慣れしていることから、実際には何の武器も使っていない可能性が高いのではないだろうか。
    • 背後から体当たりと同時に、持っていた注射器で注射した?
      • 沙都子用のC120を注射していれば、レナの沈静化の一因? → 本当にL5だった?(皆殺し編)
      • 注射器がC120の場合、罪滅し編主要テーマである“信頼による惨劇回避”が説明できなくなり、シナリオとしての整合性が取れない。(皆殺し編)
        →梨花が注射をしたなら、皆殺し編で圭一に対して「戦って運命を変えた」などといった表現は使わないはず。
      • あくまで注射は応急手段。過去の経験からして梨花は注射でL5化したレナをすぐ治せるとは思ってはない。ただ、更に圭一のやりとりで初めてL5が治ったことが驚いたのでは。
      • 取り押さえずに注射するのは、血管の位置も分からず困難か?
        →(適当に後ろからブッ刺して)筋肉注射って非常に痛い、らしい。それで薬の効果が出るかは別問題だが…。
      • 目明し編の通り、梨花はちゃんと効果のある注射の仕方は知っているはず。間合いが短すぎる筋肉注射など狙うだろうか?
        →筋肉注射は奇襲が失敗したらそれまでの戦術なので時間稼ぎにもならないだろう。
        →少なくとも注射の効果は目明し編を見る限り筋肉注射でもあるようだ。
      • そもそも、学校に注射器を持ってくるだろうか?
        →皆殺し編で学校での沙都子の発症時は、梨花はなだめるだけで注射したようなシーンはなく、普段は持っていない様子が窺える。
      • 籠城事件の二日前に、レナは梨花と会って示された注射器の危険を認知しており、それで注射され動揺が全く無いのはおかしいのでは。 →L5で痒みなどを伴なっているため、後ろから急に体当たりと当時に注射されたことに気づいてないのでは?
    • 催涙スプレー?(目明し編の詩音戦のときのもの)
      • 目明し編では催涙スプレーで詩音が痛がる描写がある。同様の戦術ではないか?
        →梨花は背後からレナに体当たりしている。背後から顔面を狙えるか?
      • スプレーをレナの顔が落ちる地点と床の中間あたりを予測射撃すればほぼ当たると思う。(催涙スプレーは咄嗟の防犯道具として使われるため射程は短いですが前方への範囲は相当に広いです。ガスの撒かれた範囲に相手の目や鼻が突入されればほぼ確実に効果がでます。)
        →体当たりして振り返った瞬間に催涙スプレーを用いたのでは。
        →圭一が「突然の出来事に何が起こったかわからなかった」と言ってるように梨花の奇襲は一瞬の出来事だったはず。そんな暇は無いと思われる。
      • あの状況でスプレーを使ったら、圭一にも被害が行きそうな気も。
        →圭一との位置関係をずらせば済むのでは?
      • ひぐらしデイブレイク(シナリオは竜騎士07担当)の梨花(対鉈女用モップ)の飛び道具は催涙スプレー、梨花(鍬)が注射器だった。どうも催涙スプレーだった可能性が高い?
    • 結局、梨花はレナに打ち負かされているが、鉈を容赦なく振り回すレナを相手に大きな傷を受けなかったのはなぜか?
      • レナに一片の情けが残っていて峰打ちだった?

  • ↓そんなに痛み無い気がしたし -- 2013-01-03 (木) 08:45:23
  • 目明し編の詩音は雛見沢症候群のレベルが幻覚までの段階でレナの発症レベルは痒みを覚えるほどでスプレーは効かなかったかも -- 2013-01-03 (木) 08:43:24
  • マンガではモップだけど… -- 2012-09-01 (土) 16:30:34
  • アニメで圭一の父と梨花と羽入が会話していたとき、羽入のセリフが父に聞こえなくても会話の流れは不自然ではない -- 2011-07-07 (木) 15:40:10
  • 梨花に直接手を下す必要は無い -- 2011-04-10 (日) 13:09:13
  • 梨花がレナと戦ったのは、圭一の爆弾解除の時間稼ぎのためであり、レナにとっても最重要なのは爆弾解除を阻止することなので、梨花をに -- 2011-04-10 (日) 13:08:35
  • •圭一の父があった2人の少女って、漫画だと明らかに羽入と梨花でした -- 333? 2010-03-31 (水) 21:46:23

綿流しの祟り関連

  • レナの印象だと、大石が見せた富竹の写真は実物とは似ていない(鬼隠し編で圭一は写真を見なかった)。平成になっても全く身元が分からない。別人?
    • 写真は若い頃のもの?
  • 結局レナやその他の人物がうじ虫やオヤシロさまを見たのは何故?
    • 寄生虫の話は本当だった? それとも単なる精神病?→皆殺し編で解決
  • のどを掻き毟るのは何故? (→皆殺し編で解決)
    • 寄生虫? 毒薬? 精神病? 呼吸困難? 幻覚? アレルギー的なもの?
  • 梨花がレナに投与しようとした注射器の中身は?
    • 本当に解毒薬? (狂気を治すクスリ?)
    • 目明し編で梨花が詩音に打とうとしたのと同じ中身?違うもの?
  • 鷹野三四の死亡推定時刻と生存のズレについて (→皆殺し編で解決)
    • 綿流し編で祭り当日には死んでいた鷹野。しかし罪滅し編では大石曰く「検死ミス」。
    • この件に関して竜騎士07氏の公式BBSでの補足(詳細は公式HPの魅ぃ掲示板のNO.28998参照)
      • 「信頼できる鑑識結果」では綿流しの当日にはもう死んでいた。しかし、綿流しの当日に鷹野の目撃例があるため『矛盾を消すために』岐阜県警は「信頼できる鑑識結果」を曲げて発表。
      • 焼死体の身元確認の根拠は歯型照合のみ。歯形のレントゲン写真が鷹野本人でなければ鑑定に意味はない。つまり、死亡時刻よりも身元確認が正しかったかを疑うべき。
      • 「怪死とは言え、死体が残された富竹に比べると、鷹野の死はあまりに疑わしく、残念ながら、生き永らえている可能性を否定できません。」
    • 鷹野のレントゲンをすり替えられたと仮定するなら
      • 鷹野によるすり替えの場合。⇒鷹野生存の可能性。
      • 入江によるすり替えの場合。⇒動機は?
    • 鷹野のレントゲンがすり替えられていないと仮定するなら
      • 戸籍上の鷹野が焼死。雛見沢で鷹野を名乗っていた人物は生存している可能性。
  • 大災害が起こったのは何故? (→皆殺し編, 祭囃し編で解決)
    • 綿流し編や目明し編では大災害は起こっていない。その2編における状況と、祟殺し編と罪滅し編のそれとの間の差異は?
      • 祟殺し編では鉄平、罪滅し編では鉄平・リナの遺体を園崎魅音主導でどこかへ移動している。(「起」のない殺人。「なかったこと」)
    • 大災害が起きる時は必ず梨花が惨殺され、入江が自殺をしている。惨殺と自殺と大災害、それぞれの関連はあるのかないのか?
    • そもそも大災害は本当にガスによるもの? 寄生虫? その他?
  • 大災害は罪滅し編で本当に発生したのか? 罪滅し編に酷似した別の世界ではありえないか? (→皆殺し編で解決)
    • 起きなければ冒頭の説明の一文「どうせ惨劇に終わるのを足掻く姿が楽しい、滑稽な物語です。」に反する。
    • レナについて、スタッフロールによると弁護側が精神鑑定を行った上で裁判が進行中とあるので、翌日に大災害で死亡したとは考えにくい。
      • アニメでは大石・赤坂らが大災害後の調査をする際にレナに話を聞くシーンがある。
      • 未遂に防がれたとはいえガソリン撒いて学校立て籠もりは本当なのだから、それ以前の殺人が暴露していなくても逮捕または事情聴取のため、一度興宮署へ連行されているのが妥当。興宮在住なら該当者にならないので生き残ることが出来る
    • 圭一についてもスタッフロールのローマ字を解読すると「ついに生還した主人公」とある。
      • それはルールXからの生還という事であって、待ち受けるルールYには抗えなかったという事ではないか?(皆殺し編)
    • TIPSは罪滅し編エンディングではなく「悪魔の脚本」すなわち圭一が挑発した「悪魔のシナリオ」である?
      • 圭一が挑発した悪魔のシナリオはルールXであり、ルールYである雛見沢大災害には一切言及していない。(皆殺し編)
    • 皆殺し編より、大災害は起きていた。
      • どうであれループは終わっておらず、古手梨花は近日中に死亡する。その惨劇の原因がルールXである可能性は限りなく低く(ルールXを打破するというテーマに反する)、ルールZによる惨劇で梨花が死ぬ為には前提の選択肢が殆ど関与していない。(皆殺し編)
      • 罪滅し編及び類似した世界の結末といっても、校舎爆発(バッドエンド)、入江診療所強制捜査(レナの作戦成功)、「悪魔の脚本」(罪滅し編本編?)、校舎屋上乱闘及び大災害回避、と複数あるのでは。←「……何しろ、学校爆発がほぼ確定したあの世界で、(後略)」(皆殺し編)とある。よって、(文中の「ほぼ」という部分をどう解釈するかで若干違ってくるが、)あの流れでは学校は爆発するのだろう。(「ほぼ」の解釈としては、ごく希にあそこから学校爆発以外のケースがあったのか、そうではなく全て学校爆発で終わっていたのがそうならなかったからなのか、最低2通りの解釈が可能)
      • 学校は、爆発する・しないの2通りだろうが、それが運命の結末ではない。梨花が爆発に巻き込まれて死ぬなら「終わる」と見なせるだろうが、そうでない場合には学校爆発を避けられたとしても更なる悲劇が続いたことも考えられる。
      • レナの狙撃に成功、かつ発火物の確保に成功。学校は残ったが仲間の心はぼろぼろ、なんて分岐もあったかも
      • レナの立て篭もり以前に間宮律子の遺体発見など、レナを警察なり入江なりが拘束する状態になるか、発覚が遅れて立て篭もり事件に発展して最後に爆発するか、いずれにしてもレナの自滅、巻き込まれる友人達の死傷を伴うと考えられる(かなりマシな場合でも、C120で正気に戻った後に自首→逮捕か、自殺か)
      • 梨花にとって望ましくない形であることに違いはなく、やはり興味を失って傍観者に徹した?
    • 大災害発生には東京が女王感染者説を信用することが不可欠。鷹野ノートが全て警察に渡ると、恐らく警察にもいる代理人を通じて真相が東京に漏れ、前提が崩れてしまう?(皆殺し編)
      • 何故か学校占拠事件に出動していた府警の特殊部隊も不可解。
        →皆殺し編より、彼らの本来の任務は、真相を知った東京の指示による山狗の制圧?とすれば、やはり大災害は発生しない?
        →祭囃し編より、部隊指揮官である大高が東京過激派の回し者だった。

  • 鉄平とリナを殺される前に気づいて止めたらよかった -- 2013-01-03 (木) 08:52:42

レナ関連

  • 圭一たちがゴミ山に来たときレナは本当のことを話したのか?
    • リナ殺害は正当防衛だったため正確に伝えた。
    • 鉄平殺害についてはうまく圭一たちを騙した?
      • 鉄平が来ることがわかっていたのなら警察を呼べば済む問題だった。
      • レナの精神状態は異常だったため殺さなくていい鉄平まで殺してしまった。
    • レナに騙されているとは知らずに圭一たちは死体処理を手伝った。
  • レナ自身には連続怪死事件への関与はなく、悟史失踪への責任と自分や圭一が祟りに遭う危惧を感じていたのみ。
    • 特に陰謀を企てていたのでなく、行動原理は「いつか壊れるかもしれない日常を精一杯楽しく生きる」。
      • そのスタンスは鬼隠し編の1日目昼食時から垣間見られる。「沙都子に頬擦りしながら『今すぐこの世が終わっても悔いのないような』満面の笑顔を湛えている。」
  • レナがオヤシロさまの祟りを笑い飛ばせないのは、自らの臨死体験(?)と悟史失踪の状況が酷似していたため。
    • 本名の「礼奈」でなく「レナ」を名乗る理由の1つ。
    • 精神に異常をきたしているのではなく、本人の持ちうる限定された知識からの判断だった。
      • 立場としては祟りの真相を知らない沙都子(祟編で全て不幸をオヤシロ様の祟りだと言った)や雛見沢の子供たち一般と近く、祟りの真相を知っている梨花等とは遠い。知識不足から祟りの原因をオヤシロ様に結びつけざるを得なかったと言うべきか。
      • 綿流し編・目明し編では、梨花失踪について推理した時点で、あっさり祟りの正体をオヤシロ様でなく人間と判断した点にも合致。矛盾する証拠が出ると捨ててしまうことからもオヤシロさま信仰ではないといえよう。→レナの言うオヤシロさまはと村人の言うオヤシロさまは同じではないらしい。これが正しいなら村人の言うオヤシロさまを否定してもおかしくないことになる。
  • いわゆるレナの「ひぐらしモード」について。
    • 圭一の妄想によるもののみ。もともと存在しない。
    • レナは実際には精神的には強靭であり、罪滅し編以外では暴走と呼べる行動はない。全編を通じ、怒っているときもオヤシロ様について語っているときも、むしろ理知的に判断していた。
    • 罪滅し編でも、目的は部活メンバーと雛見沢の人々から寄生虫の被害を取り除くこと。本人自身にとっては彼女なりの正義感に基づいて論理的に出した結論ということになる。
      • ただし、追いつめられたからといって、校舎爆破で脅すのは全く正義でも理知的でもなく、鬼隠し編の圭一と同様に論理的な妄想に囚われている。
      • 鬼隠し編後半の圭一・罪滅し編後半のレナは、皆殺し編でいう雛見沢症候群の影響があった。
      • 実は鷹野ノートから皆殺し編の真相をある程度看破していた(入江機関の存在、雛見沢症候群の存在と村外にも壊滅的影響を及ぼす可能性、村の外にいる黒幕の存在など)。
  • かぁいいモノ好き、ダム工事現場探索について。
    • 本人の趣味。ただし辛いときに、(幸せな自分を演じるように)意識をかぁいいものに向けて気分転換することはある。
    • 頻繁にダム工事現場跡に来ていた理由は怪死事件とは関係なく、宝探しのためと隠れ家で過ごすため。
    • 父がリナと仲良くなったので、嫌な思いを減らすため、また自分の存在が父とリナの負担にならないように、家にいる時間を減らしていた。(その後美人局発覚→リナがやっているのは男の家畜化で許せない、だから「敵」)
    • 母親に捨てられた自分の境遇から、ゴミとして捨てられたモノの新しい持ち主になってあげたいとの思いから、ゴミ捨て場に居場所を求めた。
    • ゴミを家庭内に溜め込むことで、家庭への侵入者(この場合リナ)を退けようとした。(TIPS)
  • 各編で、レナが部活後半で早く帰っていたのは、死体を処理していたからか?
    • 鉄平ら殺害は、罪滅し編のみの特殊ケース。
      • 祟殺し編では冒頭でリナがすでに死亡している。祟殺し編での帰宅理由は不明?
      • 目明し編犠牲者リストでも、鉄平は生存している。
      • 鬼隠し編では、レナは工事現場跡に圭一と遊びに来ている。
    • この惨劇は仲間との相談で回避できるので、ルールYではない(皆殺し編)
  • 要するにレナの性格とは以下の通りか(カッコ内が鬼編での惨劇を招いた圭一の被害妄想)
    • 世話好き、心配性(つけ回すストーカー、俺を狙っているのか)
    • 直感力と観察力に優れた“名探偵”(何でそんなことまで知っている?怪しい)
    • 普段はおちゃらけてるけど怒ると怖い(突然「嘘だ!」とか言って、絶対あのレナとは別人だ。ナニカが憑依してるのか?)
    • 献身的で一途(何雨の中で謝罪繰り返しているんだよ。怖えぇ)
    • 少女には理解不能な祟りや怪死事件に怯える(祟りとか言って電波かこいつ?)
    • 趣味はかぁいいもの集め。捨てられた自分と境遇の似た粗大ゴミに特に同情(鉈なんか持って、どこに行くつもりだってんだ?俺を殺すのか?)
    • 辛い時はむしろ笑おう?そうすれば日々楽しくなる(こんな状況で何笑っているんだよ)

  • デザートフェスタでリナと会った時に発症したが、羽入は見えなかった -- 2013-05-04 (土) 03:33:44
  • ちょっとからかっただけで圭一が異常なまでに(下手したら骨折や切断もありうる)くらい怒ったから、必死に謝ったんだろう。好意があるのに、あれだけ拒絶されたらずっと謝ってても不思議じゃない。 -- 2010-12-19 (日) 13:59:34
  • ↑雨の中の謝罪はL5を引き起こした圭一が、羽入とレナを見間違えたため。さとこ と同様に。 -- 2010-08-10 (火) 03:30:20
  • ゴミに対しての同情を確定しているが、それは何処からの根拠かわからないがそれは1つの可能性では?母親は捨てたと言わずにレナが拒否したのでは? -- 2010-07-25 (日) 19:34:20

罪滅し編で謎が明かされたと思われること

  • 鬼隠し編は圭一の暴走。レナにも魅音にも圭一に対する殺意はなかった。(レナに関しては前項参照)
    • 圭一の暴走の原因は、雛見沢症候群発症による極度の疑心暗鬼、思い込みによるもの。
    • レナは圭一の両親と普段からよく会話をしており、何かあったら真っ先に圭一のことを頼む関係。急な出張や買い物の内容を知っているのは不思議ではない。
  • 祟殺し編で、北条鉄平の死体がなかったのは魅音が手を回していたから。口裏合わせもおそらく同じ。
    • ただし沙都子は鉄平が生きている、と断言している。(残る謎)
      雛見沢症候群をL5まで末期発症していたと思われる。極度の被害妄想と幻覚・幻聴から大人の男性がすべて鉄平に見えた(祟殺し・皆殺し編の学校で似たような状況が有った) この場合北条家を訪ねたのは校長?相談所の者?
    • L5発症による妄想。例えそこにいなくとも沙都子が「いる」と思えばそこに「いる」事になってしまう。幻覚・幻聴。
      学校で発作(?)を起こした時の沙都子は、自分がぶつかった衝撃でロッカーが音を立てたのに、ロッカーを鉄平と誤認して極度に怯えていた。人間の男性を見間違えるどころか、非生物すら鉄平と思い込んだくらいなのだから、例えばつけっぱなしのテレビの音声を鉄平の怒声と誤認しても不思議はない
    • 鉄平の綿流しの夜時点での生存を証言することで、圭一のアリバイ工作と鉄平が綿流しの翌日(あるいはそれ以降)に失踪したと見せかける工作に協力するためのハッタリ?
  • 梨花は自分が殺される運命に抗いたかった(=犯人と関係はない?)
    • 梨花にも惨劇を起す動機はなく、むしろ惨劇を防ぐ努力を支持する理由があったのは確か。
  • 目明し編でもあった通り、園崎家は祟りに関与していないようだ。
    • 鬼隠し編での圭一への対応は、善意と気遣いで説明できる。
  • 連続殺人の犯人を絞る
    • 地の文を信用すると、園崎家も御三家も大石も部活メンバーも全部白。
      • ↑一概にそうは断言できない。沙都子の両親の殺害は…(祭囃し編)
    • 容疑が晴れてないのは入江、鷹野、富竹か?

そのほかの考察

  • 何故、クライマックスで屋上乱闘が起こるのか (シナリオ上の必要の有無に関する考察)
    • 鬼隠し編ラストのイタズラ書き(罰ゲーム[部活]→惨劇)と対比するプロットが屋上乱闘?(死闘→部活)
      • 罪滅し編の原則は鬼隠し編との類比と対比(大石の依頼、白いワゴン、級友殴打事件による疑念と幼女襲撃事件による疑念、不信による惨劇と信頼による和解)
      • 生徒解放後の圭一の目的は、レナ個人の救済。鬼隠し編レナが行った捨て身説得を自分も行うこと。自分の生還は優先ではない。ゆえに逃げて警察に保護される選択肢はなく、レナと戦うしかない。
      • 作戦失敗後のレナの目的は、圭一に持論を認めさせること。恐らく正確には圭一を信頼したい気持ちの確認。園崎家と入江機関の秘密を暴く目的からはこの乱闘は無意味だが、ここでは圭一の方が重要になり、決闘せざるをえない。
      • 発症したL5を、楽しかった部活を思い出させる事により治そうとした。つまり「屋上乱闘」と言う名の荒療治。これをしなければレナの意識は救えなかった。沙都子は鬼隠し編レナに対する圭一の姿を見て「にーにー」と発言した。過去の祟殺しにおいて圭一に尽くしてもらった記憶を微かに思い出したと思われる。
  • 祭囃し編以前では唯一、話の本筋がバッドエンドで終わらない物語。

  • www -- 2011-11-19 (土) 22:01:49

犠牲者

  • 間宮律子(リナ) 行方不明 (レナに撲殺され園崎組に隠蔽される)
  • 北条鉄平 行方不明 (レナに斧で殺され園崎組に隠蔽される)
  • 富竹ジロウ 喉を掻き毟り自殺? S58_6_19
  • 鷹野三四 絞殺され、焼死体で発見される S58_6_19
    • OMAKEのTIPSの内容は加味せず。
    • 繋がっていると思われる罪滅し編終了時のTIPSでの雛見沢大災害が起きたとしても、真偽が疑わしい人物が数名存在。死後の書類送検のケースも考えうるが、竜宮礼奈及びその父は僅かながら生存した可能性がある。なお、大災害と古手梨花の死はセットであるので、起きた場合は確実に犠牲者に含まれる。 他の犠牲者については他編に準ずると思われる。

  • あっホントだ、間違ってるwwwwww -- ソードマスターヤマトの担当小島? 2011-10-09 (日) 03:46:58
  • ↑鉄平って斧で殺されたんじゃないっけ? -- 2011-10-07 (金) 20:23:02
  • このシナリオクリアした後手に入るtipsからするとほぼ間違いなく例の大災害で村人全員が犠牲者になってるね -- 2011-10-07 (金) 04:38:28

タイムチャート

「スタートダッシュ!」(day1)初日(土)水鉄砲合戦 レナと圭一が勝利(引き分け再試合)
「気持ちのいい朝」(day2)
「罰ゲームの世界」(day2_2)
「夕暮れ」(day2_3)
「レナの回想」(day2_4)
翌日(日)デザートフェスタ 部活メンバーの罰ゲーム 大食い勝負 途中レナがリナと会う
皆で帰る レナはそのままダム現場の隠れ家へ 雨の中11時過ぎまで留まる
「変わっていく家」(day3)
「興宮へおつかい」(day3_2)
翌日(月)魅音のバイトで部活ナシ 帰宅すると父が居間を模様替え
父の取り寄せたジャケットを受け取りに興宮へ 喫茶店で待つ
そこで詩音と葛西に出くわす リナ・鉄平の美人局の話を聞く 自宅の通帳を確認
「リナ殺害」(day4)翌日(火)葛西に会う約束を魅音に取り付ける 帰宅すると自宅にリナ 逃げるように外出
隠れ家に従いて来たリナと口論 リナに頸を絞められる 鉛管でリナ殺害
「鉄平殺害」(day4_2)翌日(水)深夜 鉄平が自宅を訪問し父に詰問・暴行 隠れ家に誘き寄せ斧で殺害
帰宅後、父からリナの馴れ初めを聞く
「戻る平穏」(day5)
「レナの告白」(day5_2)
翌日(木)?父が朝食を作る 放課後、レナは先に帰り4人で部活 ダム現場の宝探しに向かう
ダム現場でレナの犯行発覚 皆で死体遺棄 帰宅すると父が創作料理
数日後図書館で鷹野に会う スクラップ帳を渡される それと並行して夏風邪をこじらせる
「そして綿流し」(day6)6/19(日)綿流し当日 富竹死亡 鷹野焼死
「レナの帰宅中の回想」(day6_2)
「鷹野のスクラップ帖」(day7)
6/21(火)犯人当てゲームの途中でレナが大石に呼ばれる
帰宅後に鷹野のスクラップ帳を読む 夜大石から電話
「学校」(day7_2)
「レナと電話」(day8)
6/22(水)レナ休み 部活ナシ 圭一が帰りにレナに出会う 不審なワゴンを見つける
夜圭一がレナに電話 鷹野の寄生虫説を聞く
「翌日の学校にて」(day8_2)
「死体がない」(day9)
「大石との電話」(day9_2)
「隠れ家のレナ」(day10)
「圭一の来訪」(day10_2)
6/23(木)圭一がレナの話を魅音に問い質す 魅音に一笑される
レナは小此木造園のワゴンを見て早退 自宅の現金を持ち去り隠れ家へ
死体の穴を掘ったが見つからず(魅音主導で園崎組が移動)
大石に連絡しスクラップ帳について打ち明ける 鷹野の死のズレから鷹野説を裏付け
葛西の忘れ物の件で園崎組がレナを探している
魅音はレナを殺害嫌疑から庇うため本家から確保を手配 穀倉でのアリバイも手配
園崎を敵視する大石はそれを見てレナの保護を急ぐ レナは穀倉の件で疑心を深める
隠れ家に梨花が一人やって来る 別れ文句を言われる 
圭一と会う 圭一が魅音のしたことを伝えるも誤解を解けず 
レナは圭一の過去のことを持ち出す 仲違いしてその場を去る
「告白」(day11)
「首脳会談」(day11_2)
6/24(金)圭一が皆に自分の過去を話す 鬼隠し編での自分を思い出す
大石と園崎家の会談 鷹野のスクラップ帳に関する誤解を解く
夜圭一がレナと会う 圭一は魅音に電話
「最終日」(day12)
「警察把握」(day12_2)
「もう10分も無い」(day12_3)
6/25(土)知恵先生がレナに電話で呼ばれ学校を離れる レナの学校籠城事件発生 
大高、機動隊ら準備 屋上にてレナ×圭一
「悪魔の脚本」(Tips_037)6/26(日)神社境内で腹を裂かれた梨花の死体発見
6/27(月)未明 ガス発生により雛見沢全滅

メニュー

TOP
テンプレ
過去ログ

謎と考察

キャラクタ別
前原家
竜宮家
園崎家
古手家
北条家
その他
呼称

ストーリー別
全編共通

■ひぐらしのなく頃に
鬼隠し編
綿流し編
祟殺し編
暇潰し編
(TIPS検証)

■ひぐらしのなく頃に解
目明し編
罪滅し編
皆殺し編
祭囃し編
(TIPS検証解)
(カケラ紡ぎ)

ひぐらしのなく頃に礼
賽殺し編
昼壊し編

■ひぐらしのなく頃に祭
盥回し編
憑落し編
澪尽し編
ストーリ分岐
(TIPS検証祭)
祭推理考察まとめ

■ひぐらしのなく頃に絆
染伝し編
影紡し編
異本・昼壊し編
宵越し編
解々し編
澪尽し編(絆)
言祝し編
(TIPS検証絆)
絆推理考察まとめ

■ひぐらしのなく頃に奉
雛見沢停留所

綿流しの夜別
1年目
2年目
3年目
4年目
5年目

マルチ展開
その他ひぐらし
怪談と踊ろう、そしてあなたは階段で踊る
アニメ版ひぐらしのなく頃に
ドラマCD ひぐらしのなく頃に
厄醒し編

ひぐらしのなく頃に業
鬼騙し編
綿騙し編
祟騙し編
猫騙し編
業 考察全編

その他

ネタ
人気キャラクター投票
本スレループ推理
雛見沢症候群
画像テキスト
用語集
誤字脱字
イベント頒布物
サイト保守

最新の15件

2021-01-20 2021-01-17 2021-01-15 2021-01-13 2021-01-12 2021-01-11