鬼隠し編


鬼隠し編 〜オープニング〜 

『ひぐらしのなく頃に』の世界へようこそ。
鬼隠し編は、この世界へあなたを誘うオープニングとなります。
肩肘を張らず、どうか雛見沢での生活を満喫して下さい。

難易度は非常に高いですが、その手応えをお楽しみ下さい。

どうか嘆かないで。
世界があなたを許さなくても、私はあなたを許します。
どうか嘆かないで。
あなたが世界を許さなくても、私はあなたを許します。
だから教えてください。
あなたはどうしたら、私を許してくれますか?


  • あ -- 2017-06-11 (日) 01:55:45
  • さ -- 2017-01-27 (金) 14:08:08
  • さ -- 2017-01-27 (金) 14:07:36
  • お -- 2015-03-18 (水) 23:44:16
  • 隠しの最後で魅音が圭一に注射するところって本当はマジックで圭一の腕に落書きすることだったんでしょ? -- 2014-10-05 (日) 07:54:57
  • あ -- 2014-09-18 (木) 21:43:47
  • あ -- 2014-07-24 (木) 20:49:07
  • 鬼隠しの最後で魅音が圭一に注射するところって本当はマジックで圭一の腕に落書きすることだったんでしょ? -- 2013-12-22 (日) 18:25:23
  • 釘を打ちに来た魅音は圭一の幻覚、妄想(圭一は詩音が犯人だと知らないため、あれは魅音の幻覚) -- 2013-01-11 (金) 14:00:56
  • ↓あれは間宮律子(リナ)です -- 2013-01-11 (金) 13:58:23
  • アニメ8話棉流しのラストで釘持って圭一を殺しに来た詩音?が結局何なのか解らないんですが……。圭一の妄想?だとしたら9話冒頭の腑出てた死体は? -- 2012-11-27 (火) 15:59:05
  • ↓「L5のせいでそう思い込んでしまっている」とあるから一応訂正です -- 2011-11-01 (火) 14:47:00
  • ↓雛見沢症候群であることに変わりねーだろwww -- マッチ売り? 2011-10-27 (木) 15:37:02
  • その時点ではL4で二人を殺害した後にL5 -- 2011-10-26 (水) 21:31:02
  • 圭一は馬鹿なんじゃなくて、命を狙われていると思い込み(L5のせいでそう思い込んでしまっている)、最終的に誰も信用できないようになり(いわゆる疑心暗鬼に陥り)魅音とレナを殺してしまっただけのこと。-- 2011-08-28 (日) 13:58:56
  • 罪滅し編で解答?みたいなことを皆が言っている。この意味がちゃんと繋がっている -- 2011-02-09 (水) 14:38:15
  • アニメ第一話のラスト、「あのとき鳴いてひぐらしは、今にして思えば〜」圭一は死亡しているのだから「今にして思えば」というのはおかしいのでは?-- 2010-03-04 (木) 19:48:26
  • 演出上の描写?(罪滅し編の冒頭と同様) ループ記憶? 圭一はレナと魅音の撲殺を鬼隠し編以前の世界で経験していた? 圭一のレナ・魅音殺害は非常に稀で鬼隠し編以前の世界で同様のケースはない。-- 2010-03-02 (火) 19:19:51

序盤

  • なぜ冒頭に撲殺シーンが?「彼女ら」とあるから圭一がレナと魅音を殺害しているシーン?
    • 演出上の描写?(罪滅し編の冒頭と同様)
    • ループ記憶? 圭一はレナと魅音の撲殺を鬼隠し編以前の世界で経験していた?
    • 圭一のレナ・魅音殺害は非常に稀で鬼隠し編以前の世界で同様のケースはない。←稀というのは梨花の見解として皆殺し編に記述があるが、「ない」と断定したければソース明記が必要→というか「稀」とは「有る」という意味では
  • 列車の中で謝りつづけても許してもらえない女性は誰?
    • 圭一に謝っているとしたら、本人が気付いてないので許してもらえないのは当然。一緒にいた父が何も言っていないので圭一に謝っていたわけではない?
    • レナ?
      • 圭一の「許してやればいいのに」という感想が、撲殺時に謝罪を繰り返す(涙はないとあるので)レナを「許さなかった」という描写の伏線?
      • 直前のフレデリカの詩が「私を信じて」というラストのレナの訴えと対応?ループ記憶が実在することのヒントか。
    • 圭一の自宅前で後ろに立ち、振り向く前に息を吸い込んだ女性?
    • 羽入?雛見沢を離れた影響という低確率での発症に責任を感じ、羽入が謝り続けたというシーンに該当?(皆殺し編より) 惨劇を回避できず、ただ見ているしかできない羽入の謝罪だと思われる。

  • 出題編で、梨花が、圭一の鍵のキーホルダーを見れたのは、鬼隠しのみか -- 2013-05-16 (木) 01:41:27
  • ↓列車とは後の話 -- 2013-04-09 (火) 18:35:31
  • 梨花は発症に気づいてたよな -- 2013-04-09 (火) 18:29:53
  • 羽生なら、圭一が雛見沢を離れている間に発症し、これから惨劇があることを既に知っていた事になるのか・・・ -- 2013-03-27 (水) 22:01:03
  • 後ろにいたのははにゅ~ちゃん -- 2013-01-07 (月) 22:54:28
  • 鬼隠し編中で圭一宅前でレナが謝ってるシーンがあったからそのシーンじゃね? -- &new{2012-11-11 (日) 09:20:55
  • 羽入?雛見沢を離れた影響という低確率での発症に責任を感じ、羽入が謝り続けたという シーンに該当?(皆殺し編より) 惨劇を回避できず、ただ見ているしかできない羽入の謝罪 -- 2012-03-06 (火) 14:29:37
  • レナ? 圭一の「許してやればいいのに」という感想が、撲殺時に謝罪を繰り返す(涙はないとあるので)レナを「許さなかった」という描写の伏線? 直前のフレデリカの詩が「私を信じて」というラストのレナの訴えと対応?ループ記憶が実在のヒントか。 -- 2011-07-04 (月) 01:17:46
  • L5=正気を失っている状態だから、間違いなく違う。皆殺し編のフレデリカの文中から間違いなくL3。 -- 2011-05-29 (日) 00:28:21
  • あの時点ではL5ではないのでは? -- うう? 2011-05-28 (土) 21:18:43
  • 小説版の冒頭は間違いなくループ記憶 -- 0神里? 2011-05-07 (土) 15:32:11
  • 圭一の後ろの女も羽入。 -- 2010-11-13 (土) 15:53:57
  • 列車で圭一に謝ってるのオヤシロ様。雛見沢症候群L5の圭一にしか聞こえないのは当たり前 -- 2010-11-13 (土) 15:52:41

綿流しまで

  • レナが工事現場に宝探しにいくのはなぜ?
    • 家庭に居場所を無くしつつあり、無意識に自分の城を作っていた。不要になり居場所を失って捨てられたゴミと、家庭での居場所を無くす自分とを重ねあわせ共感していた。かぁいいもの集めを楽しむことで、家庭の辛苦に耐えようとした。(罪滅し編)
    • 工事現場のゴミを家庭に溜め込むことで、家庭への侵入者(リナ)を退けようとした。(嘘だよ!!)(罪滅し編TIPS)
  • 圭一が富竹に「彼女は何をしているのか?」と聞かれたときに、「昔捨てたバラバラ死体でも探してるんじゃないんですか?」と、答えたのはなぜ?
    • ただのジョーク?
      • ジョークにしては過激すぎるのでは?→1年目祟りを知らないので圭一にとっては脅かすだけだったのでは。
      • 部活の犯人当てゲームから? 但し入部前なので可能性は薄い。
    • 前の世界でもこのことを誰かに教えられていて、そのことを無意識的にジョークとして話してしまったのかもしれない。
  • 序盤の部活で「ゾンビ鬼」にその後の展開の伏線?

  • 「昔捨てた~」ってのは何で言ったの?未だに謎なんだが -- 2012-11-11 (日) 09:16:08
  • レナがかわいいものを「かあいい」というのは、「可愛い」の他に「可哀想」の意味もある?「愛」も「哀」も、普通に読めば「あい」なので。本当に可愛いものとゴミ、言葉は同じでも意味は違う? -- 0神里? 2011-05-07 (土) 15:34:36
  • 「昔捨てたバラバラ死体でも探してるんじゃないんですか?」→前回までの世界の記憶が無意識下で継承されていて、思わず口をついて出た。 -- 2011-04-21 (木) 06:04:13

綿流し以降

  • おはぎの中に本当は何が入っていたのか? (→罪滅し編で解決)
    • 針?
      • お魎が、大石と接触する圭一を疎ましく思い警告の意味で入れた。後から魅音はその話を聞かされ、やむなく自分がしたと告白した?
      • 圭一が手に取ったおはぎはレナが作ったものではなかった可能性もある。
      • 辛子等では血は出ない。
      • タバスコ。L3状態の圭一は、口内への刺激、吐き出した赤い液体を見て出血と思いこんだ。圭一は皆殺し編で「(魅音が食べ物に)タバスコを入れるとか、そういう冗談をやるかもしれないが、間違っても針なんて混ぜない。」と言っている。
      • 圭一は「針を」入れたかとは問い詰めておらず、魅音も「針を」入れたとは白状していない?
    • アルミホイルを丸めた物、髪留め、つまようじ、菓子切り、オットセイのキーホルダーなど?(この場合、圭一に認識障害)
    • 魚の骨など何か食べられるもの?
      • 魅音がいたずらと断言している。
    • つまようじ、シャープペンの芯、茹でていないパスタなど軽く怪我をする可能性がある物?
      • 「血が出るかと思った」と言った圭一に魅音は反論しなかった。
      • 「おはぎにタバスコを―」とかなり具体的な比喩表現。からしをいれる―などという抽象的な表現を使わなかった。
  • 綿流し編、祟殺し編、暇潰し編と違って、鷹野三四とされる焼死体が発見されないのはなぜ?
    • 描写されていないだけで他編と同じように発見されている?
    • 他編と同じように発見されたが、死亡推定時刻が合わず別人と見破られた?
    • 鬼隠し編では、鷹野三四が他編とは違う事故に巻き込まれた?
    • 鬼隠し編では、焼死体を出す必要が無くなった(または死体を出せなくなった)、もしくは行方不明にする必要があった?
  • レナが「自分が鬼隠しに遭う」と思っていたのはなぜ?
    • 前年の悟史の失踪や父に近付くリナの存在(罪滅し編)などから、雛見沢を捨てて茨城に引越した自分をオヤシロさまはまだ許していないと思った?
  • レナが雛見沢に来る前に起こした事件の真相は?
    • レナが友人らに祟りの事を相談し、それを馬鹿にされた?
    • レナが信じているオヤシロ様からやるように言われた?
    • LV3以上発症のため
  • レナが雛見沢に来る前に起こした事件が表沙汰にならなかったのはなぜ?
    • レナの鬼気迫る形相に恐怖したため?
    • 罪滅し編で両親の離婚による精神的不安定との関連が明らかにされた。 レナの家庭の状況を理解した三人の友人が、レナをかばって表沙汰にしなかったのではないか?
    • 入江機関もしくは山狗が、雛見沢症候群の秘密を守るため口止め
  • レナが圭一宅を訪問した際に圭一に会わずに帰宅したのはなぜ?
    • 声をかけようとしたが、電話中のようで中々話が終わらなかったため出直した?
    • 圭一の部屋と廊下の間は障子だけでレナは電話の内容を聞いていた。 圭一の通話中の言葉 「・・・・オヤシロさまの祟り、か」 「それはレナを見張れってことですか?」 レナはそれ以上会話を聞きたくなかったのではないか。
  • なぜレナは圭一が豚骨ショウガ味ラーメンを買ったことを知っていたのか?(→罪滅し編で解決?)
    • レナが居合わせた?
      • ゲーム版では、圭一がセブンスマートに買い物しに来たとき、後ろに魅音とレナが居たことに気づかないシーンあった。これと同じ事?
      • 罪滅し編では、レナは両親とセブンスマートで会うことがある、との描写がある。
    • 村の噂で聞いた?この村では噂が伝わるのは早く、前原屋敷の評判等から圭一のことは多くの村人が知っていた。
    • 圭一の母親から聞いた?
      • その日の朝、圭一は朝早くに一人で出かけている。迎えに来たレナが母親から聞いていた可能性はあるが、それにしては買い物当時のディテールが正確すぎる。
    • バイトをしていた魅音から聞いた?
    • 余所者ということで当時監視がついていた?
    • 園崎家一族がさまざまな店を経営していることから「何を買ったか」の把握は可能?
  • 24日のレナの訪問から大石の電話に戻った際に、大石が「大して待っていない」のはなぜ?
    • 深い意味は無い?
    • 大石が圭一に気を遣った?
    • 大石はスポーツ番組を見ていたので、彼にとって大して長く感じなかった?
    • 圭一がパニック状態に陥っていたため長く感じられた?レナの訪問は妄想である可能性も。
    • 圭一自身も時間が思った程経っていないのは(自室の時計で)確認しているので、文字通り(多少は大石が気遣ったのもあるだろうが)大して待たせていなかったと思われる。
  • スーパーでラーメンを買った時を回想するシーンで、振り返った圭一の前にいたのは誰?
    • 理解するまで時間を要し、理解すると凄まじい恐怖となる何か。「記憶の中で振り向く」という物理的に不可能な現象なので、圭一の妄想である可能性も。
    • レナ?その時の恐怖の対象だった。恐怖は凄まじいだろうがレナなら理解は瞬時?
    • 自分自身?一瞬理解できていなかったことから。自分を見た心理的理由は何か?
    • 心の中にあった祟りに対する恐怖が、具体的な形(死体等、人が恐怖するモノ)として具現化された?理解に時間がかかり恐怖も大きい。
    • 羽入?理解に時間はかかる。が、羽入を見てあれほど恐怖するだろうか?また妄想内に圭一と面識のない羽入が出現することは困難。
    • 視覚現象とは別の何か?
  • 魅音の「あのジジイ絶対に殺してやる!」という発言は、「明日学校休んじゃいやだよ」「転校しちゃいやだよ」等と違い、殺意がなかったと解釈するのが困難。その真意は?
    • 殺意はあったが、実行する気はなかった?怒りに任せて呟いただけ?
      • 他編より魅音が圭一に恋心を抱いていたのは明白。大好きな圭一が村全体や自分たちに対して悪い印象を持たないよう諸事情を隠してきたが、大石のせいで全て裏目となってしまったから。
      • 元々ダム戦争、連続怪死事件の捜査等で、魅音(と言うより園崎家、ひいては雛見沢村全体)と大石は険悪な関係にあった為、上記の件で大石に対する憎悪が頂点に達した為と思われる
      • 「俺たちもガキンチョだ。殺すなんて言葉は日常でもスラング感覚でぽんぽん使う」(罪滅し編)
    • 魅音がめったに見せない次期頭首としての冷酷な側面?
      • 「あの時殺しとくんだった」つまり過去に大石を殺す選択肢・機会・能力はあった?
      • 詩音が魅音だったころにダム現場で暴れまわってた時期、大石も警察としてダム周辺の見回りなんかに来ていたらしいのでそのあたりのことでは?(大石はこの時期に刃物で肩を斬りつけられている)
      • 詩音の調査した限り、園崎家は殺人に手を染めることはないはず。
    • この時、詩音が入れ替わっていた?~→この時点で詩音が魅音と入れ替わる理由は綿流し編にしか存在しない
      • 詩音は終始大石とは協力関係にあるのに、何故圭一のためにそこまで言ったのかは不明。
      • 圭一の行動と悟史の行動言動の一致魅音が本音を明かし圭一を想う気持ちが高まったからか?
    • 魅音が雛見沢症候群発症の初期症状?(皆殺し編)
      ルールXの「孤立した」という部分に矛盾。
    • 圭一の雛見沢症候群による聞き違い。(皆殺し編)
      それなら、その後も(演出的にも物語的にも)レナとの会話中にショッキングなセリフが出そうなものだが。
  • 圭一の自宅前で後ろに立ち、振り向く前に息を吸い込んだ女性は誰?
    • 圭一の妄想?
    • 羽入?
  • 白いバンで圭一を轢こうとしたのは誰?
    • アニメ版では車を避け転倒した圭一を見て、運転手が「チッ」と舌打ちをしている。
    • 山狗か鷹野?
      • 発症者を放置すれば作戦に支障が出る恐れがある。また、マニュアル通りに発症者を処理すべきなのに不自然。
      • 圭一の拘束が目的であれば、なぜその目的を果たすことなくあっさり撤退した?
      • 富竹・鷹野が怪死しており警察が活動的な状況で、秘匿が最重要な山狗が大っぴらに活動できなかった可能性。
      • 圭一が発症者と発覚したため山狗達が入江機関に運ぶ際、不審に見えないようにするため?(殺さなかったのは入江の進言?)
      • 山狗達の緊急任務中で、あまり表に出ないように行動している途中だった?(圭一とは別の事件)
      • 白いバンなのでおそらく山狗。しかし、道の真ん中を歩いていたところで、普通は走行音に気づいて避けるはずである。避けると思って減速しなかったら、圭一が轢き殺されると解釈しただけだと思われる。
  • 圭一の妄想?
    • 轢き殺す相手にクラクションを鳴らすのはおかしい。ただし、圭一の身をすくませて避けにくくしようとした可能性はある。
  • 25日のレナはなぜ鉈を持っていたのか?
    • 罪滅し編の伏線?
      • 鉄平殺害の準備として鉈をゴミ山に置きに行く途中にたまたま遭遇してしまった?(確証なし)
    • 圭一に対する防衛手段?
      • 「祟りで狂った圭一がバットで襲い掛かってくるかもしれない」という考えから?
      • 「じゃあその斧はなんだよ?」「圭一くんのそのバットは何なのかな?」レナには圭一のバットが自衛目的なのは分っていたので、そのまま問い返したと言うことは同じ自衛目的?
    • 圭一に対する不満・怒り?
      • 前夜の惨い扱いに逆上して圭一を殺害しようとした?
      • 料理を持っていったら扉に指を打ちつけて追い返された上、雨の中で謝り続けたことすら一瞥のみして無視した。常識的に考えて怒りを覚えてはいたか。レナは相手の間違いに対して甘やかす性格ではない。ちょっと脅かしてやろうぐらいには思っていたかも。
    • オヤシロさまの祟りから圭一を守るための武器?
      • オヤシロさまの崇りを装い殺人拉致を行う何者かの手から圭一を守ろう、あるいは圭一と共闘しようとした?
      • 罪滅し編でレナの殺意は否定された。細かく見てもあのシーンのレナの発言は「祟りに会わないようレナが助けてあげるから相談して」という趣旨であり、殺意を示すものがない。また、「私を信じて」といって身をかばわず圭一に殺されたラストに合わなくなる。
    • 圭一に武器を持って話すのは怖いと教えてあげた?
      • 圭一の金属バットの危険性・携帯理由の信憑性の無さを示すためならば、じゃあレナは宝探しだよの流れも自然になる?ただし、罪滅し編ではこの説に対応するものは一見見当たらない。
    • 本当に宝探しのために持ってきただけ?→罪滅し編ですべては雛見沢症候群を発症した圭一の疑心暗鬼だったことから濃厚。
      • 冒頭で工事現場の宝探しで鉈を使用しており、また頻繁に宝探しにいっていたとある。
      • その後の圭一の部屋での緊張感のないレナや魅音のやりとりからすると、こういった日常的な所持理由が適?
      • 鬼隠し編に「よく宝探しに鉈を持っていくので、村人もレナなら不審に思わないだろうな」とある。 →レナが辛いときに自分を楽しくして耐える手段として、宝探しが強調されていた(罪滅し編)。
        注射器の正体がマジックとされた(罪滅し編)ことからしても、この時点では宝探しという日常的な行動をしているのは自然か?
      • 圭一を宝探しにさそって、仲直りしようと考えたのではないか?
      • この場合、鉈を振り上げたシーンは圭一の幻覚となるだろう。注射器とマジックを間違えるほどなのだから、幻覚としてもありうる。「レナが助けてあげるよ」というセリフからも転んだので助け起こそうとしただけかも。
      • ただし、説明のあと「信じられないよね?」と結んでいる。これは「私の宝探しの理由が信じられないように圭一くんの素振りも信じられないよね?」と言う意味、すなわち宝探しのためではない?
      • 祭囃し編での回想シーンから、殴打事件自体大石が圭一を揺さぶるための捏造の可能性が高い?
    • レナは鉈を持っていなかった?圭一の妄想だった?
      • 圭一の「その斧はなんだよ」がかみ合わなくなる。レナが圭一に合わせた?
      • 沙都子の病気についてレナもある程度知っている(皆殺し編?)ことから、圭一の状況を見て幻覚など詳しい症状を入江に聞いていたのではないか。だから「あはは、そうだよね」と答えたのでは。事情を知っていたら圭一を怖がらせるような言動は終始とらないはず
      • 前にもレナにつけられた事により、誰もいないところで圭一の妄想の中のレナと会話していた?(思い込んだら止まらない雛見沢症候群のため)
  • 鞄を見間違えた?アニメでは鞄を持たず鉈だけを持っている。この頃圭一は終業後すぐ下校しており、レナが圭一より先に帰宅したとは考えにくい。下校時に鞄が無いのは不自然で、鞄を鉈と錯覚したのではないか。
  • そもそも、この時点のレナが幻だった。雛見沢症候群からの幻覚が一番可能性が高い。しかし、その場合は事件の関係あるオヤシロさまが「いる」という言葉などが、鬼隠し編の圭一が知らないため矛盾になってしまうが、別の世界(祟殺し編)でその答えを知っている事から、「別の世界の記憶から、今、圭一がレナの中で最も恐れているイメージが幻という形で引き継がれた事」が可能性が高い。
  • その場合は、圭一の豹変で落ち込んでいる為、ゴミ山の宝探しの秘密基地のワゴン車の中などで騒ぎが聞こえて見てみたら、大人と圭一が倒れている為、理由を聞き、彼が突然、襲ってきた等適当な理由を挙げれば、前夜弁当を持って来た時の豹変を考えれば納得。一緒に車か何かで圭一の自宅に送って貰い、鍵は綿流し祭にて、キーホルダーの特徴をわかっているので開けて、圭一を布団に寝かせ、大人が入江を呼びに行った後、圭一の意識が戻った。
  • レナから逃げる為に咄嗟に突き飛ばした時に感じた「斧という重い物を持っている人間」が「羽を押したかのように軽い感触」はありえない。その為、幻覚の可能性が最も高い。
  • 何か自衛はできるが怪我させないほどの武器?梨花のモップ(罪)のようなもの
    • 祭囃し編でおはぎのトラウマが語られていた。宝探しの時に言われたとおり鉈を持ってきたレナに驚愕したシーンがトラウマになって、他のものを鉈に見せた?
  • 25日のレナから逃亡し辿り着いたダム工事現場で、圭一を襲った2人組は誰?
    • ゴミの不法投棄に関係している人間?
    • 園崎配下の人間?過去に大臣の孫誘拐に係わった人間?
    • 挙動不審の圭一を保護しに来た入江診療所の人間?
    • 大石の部下?
      • 圭一がバットを持った不審人物に見えた?
      • ただし、アニメ版では2人組は作業服を着ている。少なくとも警察官には見えない。
    • 罪滅し編での鬼隠し編の真相中に、監督に診せるという話から、入江は圭一を発症患者と認識し、山狗に圭一を保護するように頼んだ。(しかし、圭一の対応が遅かった為、L5ではなく、L3+かL4程度と判断していた可能性がある。)
    • 誰にも襲われていない?
      • 二人組は、野良仕事帰りの村人。「襲って来た」は妄想?
        「会社勤めの大人がこんな時間に居るわけがない」と言う圭一の思い込みから生まれた疑心暗鬼が引き金になって生まれた妄想。→単なる主観的な恐怖の表現なら妄想もありえるが、このような具体的なシーンまで妄想と考えられるのか?
      • 圭一自身が単に転んだだけ?
  • 圭一を襲った2人組が何もせず引き揚げたのはなぜ?
    • 二人組が山狗である場合、その存在が一般人に知られないよう、レナを見て撤退した?

  • レナは、学校から圭一に遭遇するまでの間の、どこで斧を手にしたんでしょうか? 家まで取りに帰る余裕はなかった。 学校に抜き身の斧を持っていったと考えるのも不自然。(学校に斧を持っていってるなら、圭一だって気づくはず)。 道中に隠していた? -- 2013-08-08 (木) 08:14:35
  • まず一点。レナが持っていたのは、本文中では斧では? -- 2013-08-08 (木) 08:10:32
  • 綿流し編、祟殺し編、暇潰し編と違って、鷹野三四とされる焼死体が発見されないのはなぜ? 描写されていないだけで他編と同じように発見されている? 他編と同じように発見されたが、死亡推定時刻が合わず別人と見破られた? 鬼隠し編では、鷹野三四が他編とは違う事故に巻き込まれた? 鬼隠し編では、焼死体を出す必要が無くなった(または死体を出せなくなった)、もしくは行方不明にする必要があった? -- 2013-03-17 (日) 14:45:29
  • 圭一を襲った2人組は山狗だと思う。山狗は雛見沢症候群の発症者を捕獲していたから(祭囃し)圭一を発症者と思い捕獲しようとした? -- 2011-08-14 (日) 14:42:06
  • ↓(レナ自体が幻がおかしい、という点について) 圭一は全力で走っているのに、レナはいつも通り歩いていながら距離が離れない時点でおかしい。 高速で足を動かしているという描写も無い為に幻覚が有説だと思いますが・・・。 -- 2011-05-25 (水) 17:43:26
  • また、自分の中で葛藤を起こしているシーンで、自分の頬を殴った際、「布団を叩いたような手ごたえ」頬ではなく布団を叩いているとすれば、すでにL3 -- 0神里? 2011-05-07 (土) 15:41:53
  • 勘がいいレナが圭一の嘘を見破るのは容易。どちらにしろ、本文より圭一は嘘をついても顔に出やすい -- 0神里? 2011-05-07 (土) 15:39:32
  • おはぎに髪の毛も入って『髪の毛』を『針』と勘違いしたとゆう説もありますよ。 -- L5? 2011-01-05 (水) 22:13:36
  • 悟史の失踪に関する発言からして25日のレナ自体が妄想とは考えにくい 鉈を振り上げるところと狂気染みた話し方が妄想だろう -- 2010-10-24 (日) 09:55:36
  • すみません。下の補足ですが、そのシーンは罪滅し編にありましたね。 -- にぱー? 2010-10-04 (月) 21:00:42
  • 小説だと、魅音がタバスコを混ぜているシーンが -- 2010-10-04 (月) 20:58:06
  • タバスコなどの刺激物です -- 2010-08-19 (木) 22:57:10
  • おはぎに、針を入れたのは一体どっち何だろう・・・? -- 影武者? 2010-08-10 (火) 16:54:04
  • 幻と現実の区別が付きにくくなってる場面がありますよね -- くけけ? 2010-07-19 (月) 20:29:37
  • とある動画ではおはぎの中はタバスコだったような -- 2010-07-12 (月) 21:00:01
  • おはぎ・・・針というのなら、魅音はイタズラではなく、無言だったと思う -- 2010-07-11 (日) 11:41:03
  • そういうことだったんですね。レナが鉈を持って圭一に会った所がどうしても分からなかったんですよ -- メンチ? 2010-06-05 (土) 12:04:04
  • ↓レナが持っていた斧が幻覚であった可能性(あるいは鞄あたりと見間違えた)は高いと思うが、レナ自体が幻というのは症状を考えると言い過ぎな気が(具体的すぎる) ちょっと突き飛ばしたのをオーバーに感じ、羽の様に軽い感触と感じたのでは?? -- 2010-05-22 (土) 20:56:41
  • >くけけさん 恐らくどころか、ほぼ確実に違うと思います。 まず、レナは発症はしていない上に自衛目的で持っているなら、圭一に*される時に無抵抗に手を伸ばすわけはありません。 また、上記の様に押した時に「羽の様に軽い感触」時点で幻説が非常に大きい。 -- 2010-05-22 (土) 15:49:56
  • ↓漫画の罪滅し編ではタバスコから針を連想したと書いてあるし、アニメの罪滅し編の回想ではおはぎの中に何もないことが確認できるので、それはないかと -- 2010-05-02 (日) 20:11:40
  • おはぎの中身で、マンガとアニメがごっちゃで申し訳ないのですが、アニメでは圭一が「血がでるほどうまかった」と言ったのに対して、魅音は口をつぐんだまま。さらに、マンガの罪滅しでは、抽象的ですが針状のものが描写されています。以上から、おはぎのなかにはなにかしら怪我をする要因のあるものが混入されていたのでは?その他の意見も加味すると、魚の骨あたりが妥当ではないかと思います。 -- 2010-05-02 (日) 03:14:43
  • ひきあげたのは入江が魅音たちからあるていどおかしいときいてやまいぬに保護させ強制待機させようとした? -- 2010-04-23 (金) 22:26:19
  • 襲った二人組みはおそらく入江の保護しろという命令→鷹野の命令→捕獲 -- 2010-04-23 (金) 22:21:30
  • おはぎはタバスコかと・・・ -- 2010-04-23 (金) 22:08:37
  • たぶん、レナは幻ではなく本当に鉈をもっているとおもいます、たぶん圭一が暴れたときのための自衛用だとおもいます -- くけけ? 2010-04-18 (日) 18:50:20

ラスト

  • レナが圭一の家に呼んだ「監督」とは誰? (→祟殺し以降で解決)
    • ダム工事現場の監督?
      • 一年目の祟りの被害者である彼の生存説には無理がある?
    • 入江医師?
      • 野球チーム雛見沢ファイターズの監督。「野球に凝っているのを監督が聞いたら喜ぶ」とのセリフ。
      • 圭一が金属バットを持ち歩いていた口実は野球を始めたからだから、レナと魅音は圭一が既に入江を知っていると思っていた?
      • 白いバンとは救急車?
      • 漫画、アニメ版では圭一の家を取り囲んだ男たちの中に、入江らしき容姿をした白衣の男が一名いる。
      • レナに様子を聞いた所、L5の末期の可能性を考慮し、入江の護衛と抑える為、山狗の部下を動員?
    • 圭一の家に来た数人の男とは別人の可能性あり?
  • 魅音とレナが圭一につきつけた注射器の中身は?(→罪滅し編で解決)
    • 富竹を死に至らしめた薬?→自殺を誘発する薬は無いという検死医の証言。
      • 後の圭一の死因と富竹のそれが一致する。実はレナと魅音に自室で注射されていたのか(極度の混乱状態にあったため、あるいは重度の認識異常のため気づかなかった)?
      • レナと魅音が圭一を襲う動機が不明。
    • 治療薬?
      • 「富竹さんと同じ目には遭わせない」と言ったのを圭一が認識異常で聞き違えた?
      • 注射なら中身が何であれ気がつく前に打った方がいいはずでは?
    • マジックで寄せ書きしようとしたのを注射器と誤認した?
      • ただの罰ゲーム。富竹も罰ゲームで寄せ書きされていた。「富竹と同じ目に〜」というのはこの点からか。工事現場で倒れていた圭一の身を案じて魅音が診察してもらう為に入江を呼んだ。罰ゲームの落書きを、診察の前にやっておくか、の意。
      • 圭一は精神異常、被害妄想などを病んでいる?
      • ただ、注射の瞬間だけでなく、テープで貼り付けたりなどしている最中まで誤認し続けるのか?重度の認識異常?
        沙都子が校長の足跡を叔父と思い、校長の姿を見ても叔父だと勘違いし続けていることについて、発症者は一度誤った認識をするとそれが本当になってしまう(皆殺し編)との説明がある。
      • 魅音は祭りの日の深夜にはお魎から富竹と鷹野の死亡を聞かされている(目明し編)。圭一と大石の接触も知っているので、圭一がそれを知っているのは判っている。殺す可能性があるとは思えないが、悪ふざけにしては悪質。
      • レナは、圭一が悟史と同じ行動をとって追い詰められている事を知っていた。また扉の前で冗談(?)を言ったために一度拒絶されている。なのに「監督は監督」と説明しなかったり、「映画の監督とか工事現場の監督とか」と事故を匂わせた冗談(?)をもう一度言っている。その状況でわざわざ罰ゲームと云うのもおかしい。~→そのすれ違いが鬼隠し編の悲劇の原因では? →レナは5年前のオヤシロさまの祟りについて知らなかった?もしくは、圭一が知らないと思っていた?
        「監督は監督」「富竹と同じ目に〜」等は、ごく普通の会話のつもりで言っただけ?
        圭一が既にL5発症だとすれば発言の認識も異常になる。圭一に対して「監督はお医者さんだよ」と言ったものが「監督は監督だよ」、「お祭りの晩と同じ目に〜」が「(祭りの晩に死んだ)富竹と同じ目に〜」と聞こえた可能性も。
  • 逃亡時はオヤシロ様の祟りは「人の仕業」としていたのに、大石に電話している時に「祟り」説へ考えを翻しているのはなぜか。
    • 自分が富竹同様、自分で自分の喉を掻き毟って死のうとしているという説明のつけられない状況を「祟り」だと思った?
    • 背後に気配と言葉を感じるようになった上、自分の喉に蛆が沸いたような感覚に陥り、茨城当時のレナに近い状態?(罪滅し編) =祟りであると確信する状態になった?
    • 元々レナと魅音に命を狙われている(と思っていた)時でもオヤシロ様の祟りと関係がある、と認識していた?
    • 祟りのせいにすれば友人を悪にしなくて済むから?
  • 大石に電話している時に圭一の背後にいた者は?
    • 圭一の妄想?本当は誰もいなかった?
      • 圭一が「それでも誰かが悪いんだろうって思って(罪滅し編)」より、「オヤシロ様」に罪を押し付けたかった?
    • 詩音?鬼隠し編では圭一は詩音とは面識が無い可能性があり、殺した筈の魅音がいると思ってしまった。
    • 羽入?
  • 圭一は本当に自殺したのか?
    • 友人を殺した事により精神に重度のストレス。結果としてL5の末期症状、うじ湧き病により、リンパ腺の痒みを誘発した。(皆殺し編)
  • 手紙を破りとり、注射器を持ち去ったのは誰?
    • 大石?
      • おはぎの針のことを伏せている。
      • 血まみれの現場を家捜しするのは警察以外では無理。
      • 圭一が異常者だとわかり、捜査が進まなくなるのを防ぐため。
      • 注射器ではなくマジック(?)だったため、圭一の異常性に気づいてしまい、圭一を追い詰めた自分の責任を明らかにしないため。
      • ただ、大石は捜査に関して証拠捏造を行う性質の人間ではないようではある(祭囃し編)。大石の園崎黒幕説は根強い。
      • 現場検証は鑑識の領分であり、大石単独の行動とは考えづらいが、鑑識のジジィとグルになれば証拠の捏造は不可能ではない。
      • 目明し編では、詩音のノートから魅音・詩音入れ替わりを明かしており、園崎家黒幕で捜査するならこれも伏せたほうが得策。目明し編では園崎家当主・お魎の死で溜飲を下げやっと冷静に園崎黒幕説から離れて事件を考察出来るようになったのではないか?
      • アニメ版では、メモが細工された理由は口調からすると大石は素で分かっていない模様。大石が読み上げている描写なのは、大石の心理ではなく報告書の作成者(=証拠隠匿に都合のよい立場)であることをしめす?
      • 破りとられた部分は「現場監督(=おやっさん)」の関与をほのめかす内容。おやっさんを親代わりと慕っていた大石にとって看過できる内容ではなかったから?
  • 圭一の両親?
    • 圭一の異常さを隠すために、切り取った?
    • 時計の裏という普通なら気づきにくい場所を知っている。
  • 入江(監督)?
    • 医師(研究者)の入江は自ら隠蔽工作はしていないはず。
  • 山狗?
    • 錯乱と幻覚状態にさせる「未知の薬物」を示唆する内容になっていたので、入江(診療所)が疑われる恐れがあった。マジックが注射器に見えていたということから幻覚症状と判断される。メモ自体を捨てなかったのは、「オヤシロさまの祟り」、「レナと魅音が犯人の一味」と記されていることを利用して、そちらに目を向けさせたかった。
    • レナから連絡を受けて、この時に現場に入っても怪しまれないのは入江と診療所のスタッフ(山狗の偽装)。おそらく魅音は玄関のカギを閉めていないのですぐに入れる。(ピッキングで開けることも可能。)
    • メモの多くを残したのは焼死体の件と同様鷹野のオカルト趣味、またはリスクを楽しむスリル感から。(皆殺し編)
  • 以下、圭一の手紙。中央(『鉤括弧』内)が破られている、注射器(マジック?)もなくなっていた。
    (改行は原作の背景画像に準拠。ただし原作の背景画像に無い『鉤括弧』内のみ漫画版鬼隠し編2巻217ページを参考)
    •  私、前原圭一は命を狙われています
       なぜ、誰に、命を狙われているのかはわかりません。
       ただひとつ判る事は、オヤシロさまの祟りと関係が
      あるということです。
       レナと魅音は犯人の一味。他にも大人が
      4〜5人以上。白いワゴン車を所有。
      『 バラバラ殺人の被害者をもう一度よく調べて
      ください。生きています。
      富竹さんの死は未知の薬物によるもの。証拠の注射器はこれです。』
       どうしてこんなことになったのか、私にはわかりません。
       これをあなたが読んだなら、その時、私は死んでいるで
      しょう。 …死体があるか、ないかの違いはあるでしょうが。
       これを読んだあなた。どうか真相を暴いてください。
      それだけが私の望みです。
  • 時計の裏のメモを見つけることができたのはなぜ?
    • 血の付いた手で触った跡があったから。
  • 圭一が祟りだとすれば、鬼隠しに相当する人物がいない。
    • 圭一の死後、誰かが鬼隠しに遭っている可能性もある。→そもそも鬼隠しやオヤシロサマの祟りは実在するのか?
  • 圭一は村に横たわる“鬼”にまつわる悪習を仲間の気遣いから“隠”されていたとすれば、「鬼隠し編」というタイトルはこの状況も暗示?

  • 手紙の破られた部分は未知の薬物の部分だから犯人が破ったかな -- 2013-09-02 (月) 19:31:51
  • 大石の可能性は低くないか? -- 2012-12-21 (金) 21:01:47
  • 監督は入江じゃね? -- 2012-11-11 (日) 09:29:44
  • ↓たぶん、黒衣の人の指示でしょう。警察に知られてはいけない手がかりだけを残して、あとはミスリードさせる為に部下に指示したと思われる。 -- 2011-06-27 (月) 22:37:48
  • 監督だと手紙自体を処分しないで破って一部を残す理由がないような。性格的にレナと魅音は犯人の一味なんて名誉を傷つける部分を残すのはおかしいし。 -- 2011-06-04 (土) 12:35:35
  • 手紙の最後に「前原圭一」ってありませんでしたっけ? -- 2011-05-03 (火) 21:10:48
  • 〜続き〜園崎家の誰かか? -- 2010-05-03 (月) 13:28:33
  • 圭一が亡くなった後、「鬼」が「隠」されていたとしたら鬼隠しにあったのは -- 2010-05-03 (月) 13:27:18

犠牲者

  • 富竹ジロウ(本名不明) 喉を掻き毟って自殺
  • 鷹野三四 行方不明
  • 竜宮礼奈(竜宮レナ) 前原圭一によって撲殺
  • 園崎魅音 前原圭一によって撲殺
  • 前原圭一 喉を掻き毟って自殺未遂し、収容先の病院で死亡。

  • 研究の終了を余儀なくされたため梨花チャンを殺して死にました。 -- 2013-02-24 (日) 23:21:18
  • 鷹野はその後自殺したんですかね・・・ -- スリードッグ? 2010-07-19 (月) 20:27:08

タイムチャート

  • 1日目 6/11(土)
  • 2日目 6/12(日) 雛見沢ピクニック 富竹と会う
  • 3日目 6/13(月) 部活入部 ダム工事現場にて宝探し 週刊誌を拾う
  • 4日目 6/14(火) ゾンビ鬼 富竹に再会 宝探し続行
  • 5日目 6/15(水) 罰ゲーム姿のまま帰宅 魅音、レナと一緒に富竹に会う
  • 9日目 6/19(日) 綿流し 射的でぬいぐるみを獲る 奉納演舞 鷹野・富竹と祟りの話
               罰ゲームで富竹のTシャツに寄せ書き
  • 10日目 6/20(月) 犯人当てゲームの途中でレナと抜け出す レナと別れた後、大石と接触。
               富竹死亡を聞く 鷹野は不明 レナは教室に戻ったときにはゲーム中
  • 11日目 6/21(火) 教室で魅音とレナの会話を盗み聞き 失踪者(鷹野?)の話とレナの不安
               帰り道レナに大石との事を聞き返される「嘘だッ!」
               夜大石から電話 レナが訪問していた事を父親から聞く
  • 12日目 6/22(水) 学校休んで診療所へ 大石とエンジェルモート(?)で昼食
               レナ・魅音がお見舞い おはぎを渡される 大石との接触を詰問
  • 13日目 6/23(木) レナと登校 部活を休む メモを作成 両親にメモを仄めかす
  • 14日目 6/24(金) 一人で登校 白いワゴンに当て逃げされる 悟史の金属バット入手 素振りを始める
               部活休み 帰り道レナから「転校」を聞く 下駄箱破壊 両親不在 大石から電話
               針は見つからず メモ「針がなかった?」 レナ訪問「豚骨ショウガ味」
  • 15日目 6/25(土) 徹夜のまま登校 素振り 魅音から警告 おはぎに異物混入は魅音が自供
               帰り道斧レナ遭遇 ダム現場へ 2人組の男に襲われる 記憶が空白
               自室でレナが看病 魅音訪問 記憶空白
               自室にてレナ・魅音の撲殺死体発見(生死の確認はなし)
               医者(?)・数人の男訪問 白いワゴン メモに追記 逃走
               雛見沢電話ボックスから大石に通報 圭一発見 24時間後死亡

本編内容・粗筋

岐阜県某所辺りをイメージしたと思われる田舎の雛見沢村。主人公・圭一は都会から雛見沢に引っ越してきた少年。彼はその村のほのぼのとした雰囲気や仲良くなった少女達(同級生のレナ、一つ上の魅音、下級生の沙都子、梨花)との交流により、のんびりとした雛見沢の生活を楽しむようになる。

ところが雛見沢村は国のダム計画により水没の危機に瀕した事があった。住民達は反対運動を繰り広げ、魅音の実家(ヤクザや地元の有力者とのつながりの深い旧家)がある方法で当時の担当大臣に相当の圧力をかけ計画を撤回させていた。その後、ダム工事現場で働いていた人間の中でバラバラ殺人も発生。後味の悪さを残してダム計画は完全に立ち消えていた。圭一はふとしたことからその事件のことを知るが、いつもは屈託の無い友人達もその事に関しては口を閉ざしてしまう。妙に思いながらも圭一は追及をやめるのだった。

数日後、村では年に一度の綿流し祭が行われる。祭りを楽しんでいた彼らは以前から仲が良いカメラマンの富竹に出会う。この祭りの後、都会に帰ると言う富竹に圭一達はシャツに寄せ書きをする。

そして祭りの翌日、圭一は富竹が喉を掻き毟って死んだ事を知る。長年、魅音の実家の負の部分を暴こうとしていた警官大石は驚く圭一に巧みに接近。圭一に魅音達への疑念を植えつける。事件を調べる圭一はバラバラ殺人が発生した年以降の綿流し祭の日に毎年誰かが殺され、誰かが行方不明(鬼隠し)になっている事を知る。犠牲者になったのは3年前が沙都子の両親、2年前が梨花の両親、1年前が沙都子の叔母と兄である。彼らは、ダム計画に関して賛成派もしくは中立を保っていた人達(とその関係者)だった。

雛見沢村に隠れた血生臭い過去に恐れをなした圭一。しかし真の恐怖はここから始まった。大石との接触を知ったレナは圭一を厳しく詰問。明るくて人懐っこかったレナの豹変に驚愕する圭一。その後、レナは圭一をストーキングしたり、突然家に押しかけたりと妙な行動を繰り返す。更に魅音がくれたおはぎの中に針が入っていた事で、圭一は魅音とレナが自分を脅迫していると感じるようになる。やがて大石からレナの過去を知らされた圭一。レナは雛見沢に来る前にいた学校で、突如仲が良かった男子生徒を滅多打ちにして重傷を負わせたうえ、窓ガラスを何枚も割った事があったのだ。精神鑑定を受けていた時、レナは何故か「オヤシロ様」という雛見沢の守り神の名前を口にしていた。

圭一はますますレナ達への警戒感を強め、自衛のために登下校の際に金属バットを持ち歩くようになる。そして圭一の両親が出かけた運命の日。レナは「圭一君を助けてあげる」と言いながら斧(アニメなどは鉈)を手に圭一を追いかける。逃げた圭一はダムの廃棄場で謎の2人組に襲われ昏倒。気づいた時、彼は自宅に寝かされ、目の前には心配そうに彼を見つめるレナと魅音の顔があった。 2人が自分に危害を加えなかった事に一安心する圭一。しかしその時、2人は圭一を押さえつけ注射器を取り出した。何をするのかと叫ぶ圭一に魅音は「富竹さんと同じ目に遭ってもらう」と言い放つ。それを聞いて圭一の意識が飛ぶ。気づいた時には血まみれで地に伏す2人と血痕の付いた金属バットを持つ己の姿があった。混乱した圭一は、己の知りえた全ての情報をノートに書き、レナ達が持っていた注射器と共に時計の裏に隠して逃亡する。

そしてその日の夜。大石に圭一からの電話が入る。圭一は切羽詰った口調で謎の言葉を残し、電話は切れてしまう。やがて警察の捜査でレナと魅音の撲殺体、そして喉を掻き毟って自殺未遂の圭一が発見され、時計の裏からは圭一のノートが見つかった。しかし何故か、圭一のノートは一部が欠けて、しかも一緒に隠したはずの注射器は跡形も無くなっていた。


鬼隠し編へのフラグ

※重大なネタバレがあります。それでも構わない人以外は遠慮をお願いします。

  • この物語の重要人物は前原圭一
    • 彼が東京の葬式に行く間に雛見沢症候群が悪化してL3+(末期)発症して些細な事で疑心暗鬼になったのが最大のフラグ。
      • その為に富竹が話した「祟り」に仲間達に疑惑の目を向けて凶行に走る事になる。
  • この物語の解決へのフラグ
    • 残念ながら解決のフラグはほぼ無い
      • 前原圭一が東京にいる間に発症する為に雛見沢に戻ろうとレベルは基本的に自然回復はしない為にほぼ必ず前原圭一は凶行に走る事になる。
    • しかし逆に予防策はある。
      • L3+になっても、『疑心暗鬼』という行為さえなければ通常のL3通りに過ごせる為に仲間達との信頼関係が重要になる。さらに圭一が鷹野や入江、大石等といった有名な村の住民や村の住民と交友のある人物達と早期から知り合うようにする事。
      • ついでに彼が東京の葬式に行く間にL3+発症は実は奇跡的確率の為に東京組織が行う48時間作戦を阻止するよりも遥かに低い。
  • 圭一が富竹や鷹野、入江や大石等といった有名な村の住民や村の住民と交友のある人物達と早期から知り合うようになった皆殺し編以降のカケラではこの物語に分岐しなくなった。

  • ? -- 2017-12-16 (土) 17:27:17
  • この物語の重要人物は前原圭一 彼が東京の葬式に行く間に雛見沢症候群が悪化してL3+(末期)発症して些細な事で疑心暗鬼になったのが最大のフラグ。 その為に富竹が話した「祟り」に仲間達に疑惑の目を向けて凶行に走る事になる。 この物語の解決へのフラグ 残念ながら解決のフラグはほぼ無い 前原圭一が東京にいる間に発症する為に雛見沢に戻ろうとレベルは基本的に自然回復はしない為にほぼ必ず前原圭一は凶行に走る事になる。 しかし逆に予防策はある。 L3+になっても、『疑心暗鬼』という行為さえなければ通常のL3通りに過ごせる為に仲間達との信頼関係が重要になる。さらに圭一が鷹野や入江、大石等といった有名な村の住民や村の住民と交友のある人物達と早期から知り合うようにする事。 ついでに彼が東京の葬式に行く間にL3+発症は実は奇跡的確率の為に東京組織が行う48時間作戦を阻止するよりも遥かに低い。 圭一が富竹や鷹野、入江や大石等といった有名な村の住民や村の住民と交友のある人物達と早期から知り合うようになった皆殺し編以降のカケラではこの物語に分岐しなくなった。 -- 2016-04-05 (火) 21:30:03
  • この物語の重要人物は前原圭一 彼が東京の葬式に行く間に雛見沢症候群が悪化してL3+(末期)発症して些細な事で疑心暗鬼になったのが最大のフラグ。 その為に富竹が話した「祟り」に仲間達に疑惑の目を向けて凶行に走る事になる。 この物語の解決へのフラグ 残念ながら解決のフラグはほぼ無い 前原圭一が東京にいる間に発症する為に雛見沢に戻ろうとレベルは基本的に自然回復はしない為にほぼ必ず前原圭一は凶行に走る事になる。 しかし逆に予防策はある。 L3+になっても、『疑心暗鬼』という行為さえなければ通常のL3通りに過ごせる為に仲間達との信頼関係が重要になる。 ついでに彼が東京の葬式に行く間にL3+発症は実は奇跡的確率の為に東京組行う48時間作戦を阻止するよりも遥かに低い。 -- この物語の重要人物は前原圭一 彼が東京の葬式に行く間に雛見沢症候群が悪化してL3+(末期)発症して些細な事で疑心暗鬼になったのが最大のフラグ。 その為に富竹が話した「祟り」に仲間達に疑惑の目を向けて凶行に走る事になる。 この物語の解決へのフラグ 残念ながら解決のフラグはほぼ無い 前原圭一が東京にいる間に発症する為に雛見沢に戻ろうとレベルは基本的に自然回復はしない為にほぼ必ず前原圭一は凶行に走る事になる。 しかし逆に予防策はある。 L3+になっても、『疑心暗鬼』という行為さえなければ通常のL3通りに過ごせる為に仲間達との信頼関係が重要になる。 ついでに彼が東京の葬式に行く間にL3+発症は実は奇跡的確率の為に東京組織が行う4 2013-08-18 (日) 11:42:31
  • ついでに彼が東京の葬式に行く間にL3+発症は実は奇跡的確率の為に東京組織が行う48時間作戦を阻止するよりも遥かに低い。 -- 2012-08-06 (月) 02:32:58
  • 普通にドラッグすれば見れるよ〜。ついでに水色はほとんどがネタバレだから注意。 -- 2011-04-23 (土) 17:39:48
  • この水色のところってどうやってみるんですか? -- 誰?? 2010-05-22 (土) 19:49:01

メニュー

TOP
テンプレ
過去ログ

謎と考察

キャラクタ別
前原家
竜宮家
園崎家
古手家
北条家
その他
呼称

ストーリー別
全編共通

■ひぐらしのなく頃に
鬼隠し編
綿流し編
祟殺し編
暇潰し編
(TIPS検証)

■ひぐらしのなく頃に解
目明し編
罪滅し編
皆殺し編
祭囃し編
(TIPS検証解)
(カケラ紡ぎ)

ひぐらしのなく頃に礼
賽殺し編
昼壊し編

■ひぐらしのなく頃に祭
盥回し編
憑落し編
澪尽し編
ストーリ分岐
(TIPS検証祭)
祭推理考察まとめ

■ひぐらしのなく頃に絆
染伝し編
影紡し編
異本・昼壊し編
宵越し編
解々し編
澪尽し編(絆)
言祝し編
(TIPS検証絆)
絆推理考察まとめ

綿流しの夜別
1年目
2年目
3年目
4年目
5年目

マルチ展開
その他ひぐらし
怪談と踊ろう、そしてあなたは階段で踊る
アニメ版ひぐらしのなく頃に
ドラマCD ひぐらしのなく頃に
厄醒し編

その他

ネタ
本スレループ推理
雛見沢症候群
画像テキスト
用語集
誤字脱字
イベント頒布物
サイト保守

最新の15件

2018-07-06 2018-07-03 2018-06-19 2018-05-07 2018-02-12 2018-02-04 2018-01-12 2017-12-24
  • 鬼隠し編
2017-12-21 2017-10-08 2017-08-13 2017-07-24 2017-07-07 2017-05-12