文芸評論だけに属する著作の数は少ないが、CWの著作では、さまざまな小説が言及されている。読書案内ともなるし、CWの実存批評として捉えることもできる。

文芸評論関係の著作