ジェラード・ソーム三部作とは

コリン・ウィルソンの分身として小説の主人公となったのが、ジェラード・ソーム?
この三作は初期のコリン・ウィルソンの思想を小説を使って表現した作品である。
小説と思想との関係については『小説のために』の中で触れられている。

三部作の概要

補足 ・『形而上学者の性の日記』の米国版旧タイトルは『[[ジェラード・ソーム氏の 性の日記]]』。英国版タイトルは『影のない男?』。タイトルは異なるが、同一の小説である。(2004.12.26 T.Harada)