【質問】
 技術進歩のわりに,現代戦車のレイアウトは,クリステイ戦車からほとんど変わってませんが,無駄な空間=無駄な装甲が多すぎると思いませんか?

 【回答】
 現在の戦車の何処に,無駄な空間があるんだ?
 閉所恐怖症の人間は確実に発狂するほど狭いぞ.
 今の戦車にあまり無駄な空間は無く,ギリギリに近い設計だ.
 つーか,無駄な空間を作らない為に,リアエンジン-リアドライブに進化した訳だ.
 前方に重量物(エンジン)を置いたら,後方にカウンターウエイトを置かないと,バランスが取れない.
 なら,リア・エンジンにして,前面装甲とバランスを取った方が有利.

 技術上の理由で,第二次大戦までの戦車は,フロント・ドライブが多かった.
 シャフトが車体を貫通するので,無駄に背が高く(容積が大きく)なる.
 後部にまとめる事が出来れば,その分有利だし,重量配分上も前部をファイナルミッションの分だけ重く(装甲を厚く)できる.

 簡単に言うと,同じ重さの「エンジン」と「装甲板」の,ドッチが耐弾性が高いかってな話だね.
 HEAT対策なら,エンジンルームっていう空間が防御に寄与するわけだけど.

 ケブラーは,室内の内張に利用している車両もある.
 ただ,徹甲弾を防ごうと思っているわけではなく,弾片の飛散をケブラーでくい止めようという意図.
 まったく効果無しではないが,ケブラーだけで徹甲弾をくい止めるのは難しいようだ.
 何より,経年劣化を生じるのがケブラーの欠点.

 無人砲塔もテストされている.
 次世代のまた次世代ぐらいに姿を現すかもしれないね.
 今のところ,自動装填装置の小型化と信頼性がネックのようだ.

 尾輪の付いたしっぽについては,やはり防御が問題となりそうだ.
 しっぽの防御を固めれば,結局重量増大につながり,メリットが消えてしまう.

 それに何らかの方法で,防御力そのままで重量を軽くできたとしても,その場合,主砲の反動を相殺することができなくなり,戦車失格となる.
 それなら,素直にチェンタウロみたいなヤツつくった方が万倍マシ.
 世の中,単純にはいかないよ.

軍事板,2002/07/26

 【反論】
 ケブラーなど,ポリマー系の内張はAPFSDSやHEATよりも,むしろHESH対策といった意味合いが強いのではないでしょうか?
 装甲の内側が剥離するのを抑えるには,有効な手段だと思いますよ > ケブラー内張

ちゃぎ ◆O6.vzjpM :軍事板,2002/07/26

最新の20件

2012-11-18 2015-01-14 2014-07-26 2013-03-24 2013-03-17 2012-12-14

今日の20件

  • counter: 2248
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1