PaaS業界トレンド


【取材執筆メモ2011】

最近のPaaS業界のトレンドと実際のPaaS開発について

  • JTPAギークサロン、Fluxflexファウンダーの久保渓さん
  • 5月13日

開発環境のトレンド

特化型汎用型
Amazon BeanstalkFluxFlex
Google App EngineDotCloud
HerokuCloudFoundry
PHPFogOpenShift
CloudBees


  • Heroku(企業向け、コマンドライン、スケーラビリティー)

その他のトレンド

コンシューマ<= ターゲットユーザー =>企業
GUI<= インタフェース =>コマンドライン
特化型<= 対応言語・DB =>汎用型
なし<= スケーラビリティー =>高い

FluxFlexの特徴

  • 汎用型PaaS(Ruby,PHP,Pearl,PHP、Phythonのホスティング)
  • ターゲット(個人からデベロッパーまで、インフラエンジンの以内中小企業やスタートアップ)
  • 独自性(数クリックで利用可能でサーバー準備や設定が不要。Git, GitHub,DropBox、Evernoteなどサードパーティーの連携が容易、開発中にリアルタイムでテスト環境を構築)

fluxflexで使用している技術

  • AWS(EC2(EBS)、S3、SQS、SDB、ELB、ElasticMapReduce、Route53)
  • Python(Django)
  • Ruby(Rails)
  • Nginx
  • PowerDNS
  • Apache
  • Syslog-ng
  • Memcashed
  • Gitosis

FluxflexのAWS活用法

  • 単純なスケーリングで十分なs-ばーはすべてELB(Elastic Load Balancer)に紐づけて配置する
  • 大切なデータは、ファイルならS3へ、データならSDBへ保存する。
  • 非同期的なジョブはSQSを経由させる

スケーラブルなプラットフォーム

  • アプリケーションのロードバランサー(nginx)
    • リクエストの振り分け先のサーバー情報をリアルタイムで投擲に変更する仕組み
  • ユーザーアプリケーションの管理(git)
    • ファイルの変更や、複数サーバーへのデプロイに対応できる仕組み
  • ログの管理(syslog-ng)
    • 複数のサーバーにたまるログを一ヶ所に集めて、ログを再利用できる仕組み

Applicationロードバランサー

  • Nginx + PowerDNS
  • Nginxで受け取ったリクエストの受け渡し先をLocalhostのDNSサーバーで解決する
  • 内部DNSを使用することで、秒単位でリクエストの向き先を動的に変更することが可能になる

Gitサーバー

  • Gitosis
  • 認証に必要な情報はAPI経由で取得する
  • 最新版のキャッシュをS3に同期する

Logサーバー

  • syslog-ng
  • ApplicationサーバーとApplicationロードバランサーからログをsyslog経由で受け取る
  • 受け取ったログは加工せずにそのままSQSに保存する
  • 後で、ログワーカーが立ち上がって、非同期にSQSにたまったログをSDBにためる

最新の20件

2011-08-19 2011-08-09 2011-02-28 2011-01-29 2011-09-08 2011-08-23 2011-08-19 2011-08-14 2011-08-09 2011-08-05 2011-08-04 2011-06-22 2011-05-14
  • PaaS業界トレンド
2011-05-13 2011-05-10 2011-05-04 2011-04-14 2011-03-24

今日の2件

  • counter: 66
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 1