呉 1-079 R / TR 孫堅


ブースター 第1弾

武将名そんけん破虜将軍
孫堅孫堅 文台(156年〜192年)
呉国建国の祖となった孫策、孫権の父親。17歳の時、数十人の海賊を一人で斬り殺したほどの豪傑で、黄巾の乱をはじめ、数々の反乱を鎮圧した。
コスト青3無2
兵種槍兵
種別
武力3500
攻城2
特技
効果虎の豪気自分の手札を2枚捨ててもよい。そうした場合、このターン中にあなたが無双連撃を使用していなければ自身の無双連撃が発動し武力が1000上昇する。
攻撃勝利時
Illustration : 風間雷太


カード解説

コスト5で武力3500攻城力2という後半戦での理想的スペックを持つ。

効果は手札を2枚捨て無双連撃を発動し、武力を1000上昇させるというもの。
カード消費は激しいもののどのカードでも「無双連撃」の種にできるのは利点。

ドロー効果を持つカードと組み合わせて使うことが望ましい。

捨札の「孫堅」を手札に戻す呉 1-063 UC 桓階や、自身へのダメージ?を肩代わりする呉 1-074 R 祖茂など、サポートカードも豊富で、デッキのキーカードとして充分に活躍できる。

他の呉 3-050 SR 孫堅呉 7-056 SR 孫堅と比べて、効果の発動が最も手軽で、スペックのコスト比率が最も良いため、それらを軸にしない呉デッキでならば1枚は安定採用しておけるカードである。

  • フレーバーテキストには書かれていないが「孫尚香」の父でもある。
  • 効果名の「虎の豪気」は「孫堅」が「江東の虎」と呼ばれていたことからつけられたものだろう。
  • 余談だが三国志には「そんけん」という名の武将が多々存在する。
    このゲームでも「孫権」や「孫乾」などがいる。
    wikiなど文章では区別がつくが、口頭だと分かりづらいことがあるので、注意しよう。
    なお「孫堅」と「孫権」は親子である。親子そろって同名の人物には他に「張昭」、「張承」がいる。

関連項目

―同名カード

―「孫堅」に関する効果を持つカード

―呉の「孫堅」に関する効果を持つカード

―君主ではない呉の「孫堅」に関する効果を持つカード

―イラスト関連

収録

FAQ

Q1.【虎の豪気】によって上昇した武力は、このターンが終わったら消滅しますか?
A1.はい、このターンが終わったら消滅します。(公式サイトQ&A)

Q2.自陣に「祖茂」がいる状況で、「孫堅」が武力3500の敵武将を攻撃しました。この後、「祖茂」の【孫堅様、お守りいたします!】によって「孫堅」への戦闘ダメージを代わりに受け、敵武将だけが撤退したとき、攻撃勝利時の【虎の豪気】は発動させることができますか?
A2.はい、発動できます。(公式サイトQ&A)

Q3.既にこのターンで無双連撃を発動している「孫堅」が攻撃勝利しました。
 Г海両豺隋⊆蟷イ2枚捨てる事が出来ますか?
◆Ъ里討觧が出来るなら、武力が1000上昇する効果は適用されますか?
A3. Г呂ぁ⊆蟷イ2枚捨てることができます。
手札を捨てることができる条件は、“「孫堅」が攻撃勝利した時”となります。
◆Гいい─武力は上昇しません。
無双連撃の発動と武力が上昇する条件は、“このターン中、あなたが無双連撃を使用していなければ”となります。(公式サイトQ&A)