群 PR-049 UC 張角


プロモーションカード

武将名ちょうかく太平道人
張角張角(不明〜184年)
国の乱れにより、疲弊する人民の心の拠り所となった「太平道」の教組。呪術による治療を行い信徒を増やすと、各地で武装蜂起し、「黄巾の乱」を引き起こした。
コスト黒2無2
兵種歩兵
種別黄巾
武力2000
攻城1
特技
効果大賢良師の妖術自分のターンの開始フェイズ時、黒1無1を支払ってもよい。そうした場合、自分の捨札からコスト4以下の黄巾の武将カードを2枚まで公開し、それらのコストを支払わずに自陣へ配備する。さらに、このターン中、それらの武将に【奇襲】と【強進】を与える。このターンの終了フェイズ時、この効果で配備した武将を持ち主の山札の底に好きな順番で戻す。
自動発動/誘発
Illustration : 末弥純?


カード説明

【黄巾】?のキーカードのうちの一枚。

開始フェイズ(待機フェイズの直後)に2コストを払い、4コスト以下の黄巾武将を2枚まで蘇生し、それらの武将に奇襲強進を与える。
ターンの終了フェイズ時にこの効果を受けている武将が戦場にまだ残っているならばデッキの底に戻す。

攻撃時能力の強い「黄巾」の武将の利点だけを利用して疲弊を晒さずに済むのが利点だが、捨て札が肥えてなくては意味がなく、それがどんどん減っていくため群 7-070 UC 何儀群 7-067 UC 彭脱群 4-075 UC 太平道の奇跡などそこを補助する構築が必要になる。

手札を使わない効果なので、この効果で配備した武将を撤退させられてもディスアドバンテージは発生しない。

効果を発揮する前に相手のターンを経由するうえ、本人のスペックが武力2000しかなく、特殊ダメージや待機攻撃などで何も出来ずに撤退してしまったりバウンスされてテンポを落とされ安いのが難点。
群 7-075 SR 張梁がいればある程度の耐性を持つ事ができる。

自陣に武将が残らず、効果使用に国力黒1無1が必要なため、色拘束の大きい武将は採用しにくくなる。


弱点は多いが、効果自体は強力なもかつ「黄巾」とのシナジーは抜群で尖った構築が可能となる。

  • 効果発動タイミングは開始フェイズ時なので通常ドローの前になる。そのため群 7-062 C 劉辟を蘇生した場合はまず群 7-062 C 劉辟の効果によるドローをし、通常のドローをするという順になる。

関連カード

―同名カード

―「張角」に関する効果を持つカード

―コスト5以下の「張角」に関する効果を持つカード

収録

FAQ

Q1.
A1. (公式サイトQ&A)

Q2.
A2. (公式サイトQ&A)

Q3.
A3. (公式サイトQ&A)