人物紹介 / 劉禅


劉禅

劉備の跡を継いだ蜀の二代目皇帝。「後主」とも呼ばれる(対して劉備のことは「先帝」「先主」と呼ぶ。)
甘夫人が懐妊中に北斗七星を呑むという夢を見たことから「阿斗」という幼名を与えられた。
基本的に国政には携わらず、即位当初は諸葛亮に、諸葛亮の死後は蒋琬、費禕に全てを一任していた。
鄧艾が諸葛瞻を討ち成都に迫ると降伏し、司馬昭から安楽公に封じられる。

演義では「劉備や孔明たちの労苦を水泡に帰さしめた暗君」として描かれており、
・黄皓の讒言を容れ、北伐中の姜維を成都に召還し足を引っ張る
・キレた姜維が黄皓を除こうとすると泣きついて黄皓の命乞い
とその凡愚ぶりを強調されている。

「蜀を滅ぼした暗君」として中国では徹底的に嫌われているようで、
蜀将たちが眠る墓所では劉禅の像が何度も壊された末に再建されなくなってしまったという。
1920年代に中国で描かれた架空戦記『反三国志演義』は、劉備が天下統一を成し遂げる筋書きだが、
(劉禅同様、嫌われ者とされる魏延にさえ見せ場があるにも関わらず)途中で暗殺されてしまっている。
さらに幼名の「阿斗」は暗愚無能の代名詞として知られるようになり、
毛沢東が「人民よ、阿斗になるなかれ」と演説したという。
「阿斗」が「阿呆」という言葉の語源とも言われているが、信憑性は乏しいとされている。

正史の筆者・陳寿は「白糸は染められるままに何色にも変ずる」と評している。
黄皓の専横を許したり、姜維の北伐を諫められなかったりと、配下の暴走を許してしまう一面はあったが
諸葛亮などの配下に恵まれている間は安定した国政を維持している。
また、劉備の遺言を守り諸葛亮を父のように慕っていたようで、彼の死後、臣下の李邈が
「諸葛亮が死んで皇室は安泰になったのだから国中で祝賀すべき(意訳)」と、
暴言を吐いた際には、陳寿の評のように主体性のない劉禅がブチ切れて即刻処刑したと言う。

現在では正史での数少ない記述や演義などの描写により、染められるままという評の通り
暗愚というマイナスイメージ一色で染められた人物。
実際個人としてはとても褒められた人物ではなかったようなので、このイメージも妥当と言える。

日本では暗君イメージから派生したネタキャラとして扱われる事の多い人物。
特に歴史ゲームの老舗コーエーテクモ(旧光栄・コーエー)作品でのいじられっぷりがよく知られ、
・三国志4では下ネタ的な駄洒落で特技「虚報」を持たされる。まるで一仕事終えた後のような顔グラフィックは
 その下ネタの補強に一役買っているとか
・三国志10〜12では能力値が「3」「5」「9」「4」と、「三国志」の語呂合わせとなっており、
 当然ながら合計値は全登場武将中ぶっちぎりの最低
・三国志11で劉禅を君主にして評定を開くと、およそ政治の場とは思えないバカ殿丸出しのカオス発言を連発する
・信長の野望・烈風伝のコンシューマ版パワーアップキットにおける仮想シナリオ「諸王の戦い」では、今川氏真率いる今川家で、ジョン欠地王と共に家臣となっている。色々な意味で上級者向けの勢力として名高い。
といった具合のやりたい放題。
プレイヤーからはある意味愛される存在であり、彼を中心にしたリプレイ動画もいくつか投稿されている。
大戦シリーズでも旧作から通してネタ色の強いカードばかり(パタリロ8世が辛うじて使い道がある程度)出演していたが、
本作第3弾において普通の凡君と言える性能のカードが登場した。

なおコーエーテクモ作品においてはギャグにされるばかりではなく、
三國無双シリーズ(6から参戦)では、自虐的でおっとりした言動で周囲からは暗君と思われているが、
実は隠れた観察力と見識を持ち本人なりの努力と苦悩はしているという、従来と違ったシリアスな切り口のキャラ付けで登場。
蜀滅亡後の「蜀が恋しくないか?」という有名な司馬昭の問いかけに対し、
漢晋春秋の返答を踏襲しつつもプレイヤーをあっと言わせる斬新な解釈を加えてエンディングで存在感を示した。

Menu

最新の20件

2019-07-24 2019-07-23 2019-07-22 2019-07-21

今日の20件

  • counter: 7127
  • today: 1
  • yesterday: 2
  • online: 72