手腕デッキ ver2.x


デッキver2.x

手腕デッキ

求心デッキ、大徳デッキのように、R孫権の計略、「若き王の手腕」で攻めあがるデッキ。

SR曹操やSR劉備と比べると、1.5とコストが低く、他のカード候補やコスト編成に幅があるのが強み。
イラスト変更で別のカード扱いになっている旧R孫権もあるため、編成により好きなほうを選べるのも特徴。
さらに呉は選択肢に入るカードに魅力持ちが多いので、相手より早く号令を使って速攻が可能。
自爆計略が多い呉でのリスク無し単純武力強化は安心して使え、優秀な1コストが多いのでバリエーションは豊富である。
Ver2.1からは高武力槍兵が各コスト帯に追加され、素の武力不足の問題も大体解消した。

Ver2.11では、手腕の効果時間が戦器付きでも7カウント程度しか持たなくなり、手腕単体での攻めはやや厳しいものに。
しかし一方で漢の意地や各種ため計略が上方修正、そして妨害計略全般の下方修正があり、手腕からの計略コンボがやりやすくなった。

構成としてはR孫権が1.5コストなので2.5/2/1.5/1/1もしくは2/2/1.5/1.5/1でバランスの良いデッキが組めるだろう。
どんなコストのカードとも共存しやすいので、6枚デッキも簡単に組めるし、他の号令との使い分けも出来る。

【キーカード】

  • R孫権LE孫権 コスト1.5 5/6 魅
    コスト1.5かつ、コスト相応の武力5弓兵であるため、
    同じ英傑号令を持つ大徳劉備や求心曹操よりデッキを作りやすい。
    特技は魅力だけだが援護射撃役としては優秀である。
    計略範囲も前方に大きく広がっているので、横一列に並ばなくても良いのが心強い。
    敵城手前中央に陣取ればまさに地獄の手腕マウント。一気に押し込める。

  • 旧R孫権 コスト1.5 4/6 柵魅
    武力が低い代わりに、柵があり一騎討ちが起きない。安定性が欲しいならこちらで良し。
    戦器が装備できないので、上級戦器が追加されている現状だと手腕の効果時間は短かく感じるかも。
    SR太史慈など柵無し武力型弓を組み込みたいのなら十分選択肢に入る。

コスト2.5

  • SR孫堅  8/7 魅勇
    我が屍を越えよデッキとの複合。
    手腕をかけて暴れた後に屍での追撃も良し、手腕+屍の武力+13で一気に制圧するも良し。
  • SR孫策  9/3 魅勇
    武力9勇猛持ち騎兵はとても頼もしい。R小喬をいれれば孫策小喬デッキ?と複合させることも可能。
  • SR太史慈  9/4 勇
    手腕+乱れ撃ちは武力18の矢が敵全部隊に降り注ぐ。
    柵を利用すれば桃園や天啓すら一人で跳ね返すことも不可能ではない。
  • R文鴦  8/2 醒連
    後半33カウントからは武力10となる呉最強の槍兵。上級戦器付きならより硬くなる。
    計略の威力は、並みの英傑号令なら一人で対処できてしまうほど。
    だが開幕は脳筋なので伏兵注意。一騎討ちにも気をつけよう。へや〜!
  • R徐盛  8/8 柵
    武力と知力のバランスが良く、妨害やダメージ計略に強いので手腕発動時の弓マウント要員に最適。
    計略はお互いの武将の足並みが乱れている状況で有効に働く。
  • SR陸遜  8/9 柵
    孫呉の大号令と手腕の重ねがけは、忠義桃園や賢母天啓に匹敵する破壊力。
    溜め中に潰されたり血気に逸るリスクはでかいが、呉には珍しく撤退リスクが無い。
    伏兵も踏めて、ダメ計・妨害にも強いが一騎討ちには注意しよう。

コスト2

  • R甘寧  8/2 勇
    呉軍きっての勇将。高武力弓なので開幕に強く、2部隊の足を止められる双弓麻痺矢戦法は強烈。
  • R孫堅  7/6 魅
    知勇兼備の騎馬。序盤の伏兵掘りに加え、相手に天啓のプレッシャーを与える。天啓は2部隊がけでも十分強い。
    ただ、このカードを入れたら天啓デッキと呼ぶのかも。
  • R1孫策  7/4 魅勇
    呉のエース。呉では貴重な騎馬。計略は7c近く続くので防戦時にはかなり頼れる。R2孫策とどちらを使うか。
  • R2孫策  7/4 魅勇
    こちらは槍兵。計略は士気4で武力+10される。
    効果が切れても撤退しないので、手腕からの計略コンボとしては漢の意地より安定する。
    ただし防戦には不向き。
  • UC徐盛  7/7 柵
    智勇兼備の呉の勇将。高武力弓としての立場はR太史慈やR甘寧に劣るが、柵持ちなので安定する。
    高知力の為、10カウント続く麻痺矢戦法はなかなか便利。
  • R周泰  7/4 柵
    呉の守護神。柵と優秀な戦器を持つ。手腕+漢の意地のコンボは強力。
  • R周瑜  6/9 伏魅
    孫呉の大黒柱。計略の効果範囲が縦にとても長い。士気7を使うので相手との士気差を考えて撃つこと。
  • R太史慈  8/4 勇
    元祖高武力弓。弓兵の超絶強化で士気6は重いものの、速度上昇で騎馬にまとわりついて突撃を封じたり、知力上昇でダメ計を耐えたりできる。R甘寧の知力の低さが気になる人はこちらを使うと良い。
  • R陸遜 5/9 柵
    全火計中最大クラスの計略範囲は敵にまとまった進軍を許さない。ただ武力5なので、戦力として上手に活用しないと乱戦で簡単に負けてしまう。
  • SR淩統 8/3
    ついに登場した呉の2コスト武力8槍兵。計略は使いにくいが、手腕デッキにとって素の武力8はとても頼もしい。
    上級戦器付きなら2コスト槍兵最高の乱戦要員となる。
  • R留賛 7/4 勇柵
    柵持ち弓兵。彼の計略を手腕に上乗せし壁役として使えば、桃園や天啓といった超絶号令にも危なげなく競り勝てる。
    対戦相手の傾向に合わせて、UC徐盛やR周泰と使い分けよう。

コスト1.5

  • C祖茂  5/4
    騎兵。集団行動が多い手腕デッキでは計略を使うことは少ないだろう。
  • C鍾離牧 5/4
    能力は平凡。計略も兵種との相性最悪だが、挑発されたときにはこれで踏ん張れる。
    上級戦器で攻撃力が上がるため、少しでも攻め手を増やしたいときは祖茂より有効。
  • UC朱桓  4/7
    ポスト馬周瑜。戦器が装備でき、武力も1上がっている点で馬周瑜より優れている。
  • C朱桓  5/6
    武力と火計の両立が出来るカード。弓兵なので、火計狙いでちょこちょこ動かしてると弓攻撃の機会が減ることに注意しよう。
  • UC程普  5/5 柵
    弓兵。バランスの良い能力と柵持ちという点でデッキに入れやすい。遠弓は舞姫撃退にも有効。
  • C丁奉  6/4
    柵がないものの、コスト1.5弓兵としては最高武力。麻痺矢戦法は扱い次第で呂布も落とせる。
  • UC賀斉 6/5
    C丁奉を上回るスペックと士気3で使える計略を持つ。他の同名計略持ちと違い、ため中にも弓が撃てるので無駄が少ない。
  • C周魴 5/6
    1.5コストの遠弓麻痺矢戦法持ち。計略は武力上昇値が低いので、敵の足並みを乱す使い方がメイン。
  • UC全琮  4/7
    武力面はやや不安があるが、手腕発動直後の乱戦状態のところに孫呉の戦火を叩き込めば一瞬で決着がつく。
  • UC文欽  5/6 連
    弱体徒弓戦法がとても使いやすい。手腕発動時の援護射撃や攻城妨害など、様々な状況で計略の武力低下効果と徒弓が活きる。
  • R蒋欽 5/4
    号令計略と強力な戦器を持つ。守りは遠弓号令、攻めは手腕という使い分けが出来る。
  • R李異 5/4 勇
    勇猛持ち弓兵。計略は強いがリスクを最小限に抑えるのに神経を使う。他の武将でなんとしても敵の進軍を押しとどめよう。
  • C朱拠 5/7
    呉の1.5コスト弓兵の中では高めの知力。もぐり徒弓のテクニックは彼の計略で活きる。
  • UC黄蓋  6/4
    1.5コスト武力6槍兵。計略が強化戦法で爆発力はないものの、安定した強さを誇る。
  • C陳武  5/3 勇
    中武力槍兵で勇猛と超絶強化計略が欲しいなら彼。計略の効果時間は比較的短いが十分なんとかしてくれる。
  • UC呂蒙  5/5
    能力は安定してるが、特技を持っていない。呉下の阿蒙も意外と士気が重く、手腕デッキには合ってないかもしれない。
  • UC周泰  5/3 柵
    柵持ち槍兵で、呉には嬉しいカード。計略はR周泰のように何とかしてくれるほどの威力は期待できないが、相手が出撃したのを見てから発動するには十分。
  • UC沈瑩  4/4 醒勇
    後半33カウントからは6/6となり、計略の支援が無くても相手と互角に殴り合える。勇猛も相まって安定した強さ。
    だが手腕デッキは足並みを揃えることが基本なので、彼の計略を安易に使用してはいけない。
  • 旧R孫尚香  5/4 魅
    槍兵。呉の数少ない回復系計略を持ち、手腕後もうひと踏ん張りができる。
    開幕増援の代わりにもなり便利。
  • 旧R周瑜  3/8
    元祖火計持ち騎兵。UC朱桓の火計の威力に不満がある人はどうぞ。
    一騎討ち発生率がとても高いが、彼で早々と一騎討ちを起こすことによりキーカードを事故から守れたりもする。


コスト1

  • UC孫桓  3/6
    定番その1。他のコスト帯で火計持ちを入れるとデッキの合計武力が著しく下がるので、どうしても彼の出番が多くなる。
    その分、火計の威力は最低クラス。脳筋専用と割り切ること。
    一騎討ち発生率がべらぼうに高いため、槍兵を彼一人だけにするのは止めた方が良いだろう。
  • UC韓当  3/3 柵
    定番その2。弓メインのデッキには必ずと言っていいくらい入っている。
    デッキの総武力を落とさずに柵を調達するには彼が一番手っ取り早い。
  • C呉景 3/5
    特技は無いが、計略が攻守に渡って使える。柵が足りてるなら韓当より戦力としてずっと有効。
  • C陸績  2/5 柵
    計略の使い勝手が良い。士気3で敵の攻城を封殺できるため、火計や手腕を使うには士気が足りなくなる試合後半で活躍する。
  • C潘璋  3/5 伏
    定番その3。戦器効果のおかげで、1コスト槍兵の中では頭一つ抜き出た強さ。
    伏兵も脳筋相手なら牽制として十分に働く。
  • UC諸葛格  3/8
    知力8というのが大きい。妨害計略やダメージ計略に対する耐性が高く、手腕デッキの弱点をある程度補える。
    名前の都合上、守成を入れたい場合は彼の出番となる。
    計略のため時間は5カウントと長めだが、士気3で打てるので余った士気を手腕に回しやすい。相手の動きを読んで早めに仕掛けていこう。
    文官なので一騎打ちは起きない。新たな定番カードとなれるだろうか?
  • C闞沢  2/6 伏
    伏兵持ち槍兵。士気2で知力を上げられるので、手腕に加えて高コスト武将の計略もメインに使いたければ出番は多い。
  • C歩隲 2/7 伏
    伏兵持ち弓兵。伏兵の威力はそこそこで、計略も士気3で使えるので意外と使いどころが多い。だけど計略誤爆したら泣ける。
  • UC孫皓 2/2
    1コスト弓兵なので知力の低さはさほど問題ではない。
    効果時間は3.5Cと短いが、士気3で武力+10、さらに重ねがけできる計略は武力勝負での駄目押しとして使える。
  • SR小虎  1/8 魅
    ため回復計略持ち。タイミングを計る必要はあるが、手腕から繋げば乱戦後も兵力全快状態で攻城にこぎつける。
  • R呉国太   1/5 柵魅
    柵/魅力持ちで計略も使える槍兵。武力1で頼りないが、騎馬の牽制には十分。
  • SR周姫  2/8 魅
    タメ火計。知力8はコスト1火計持ちではトップ。範囲も申し分なく士気も軽め。マウントをとられればひとたまりもない。
    また、序盤の攻防に失敗した場合の保険として。魅力5人いれば(ため時間も含めて)開始12cで火計が撃てる。
  • R小喬   2/4 柵魅
    SR孫策とのコンボに加え、状態異常や自爆の浄化にも役立つ。
    歩兵なのでぶつかり合いは苦手だが、端攻めなど攻城要員に意外と向いている。
  • UC大喬  2/6 魅
    遠弓の舞いを舞えれば弓兵が格段に強くなる。ただし騎兵には注意。
  • SR呉夫人  1/8 柵魅
    この枠の計略要員の定番。賢母の助けは単独でも各種計略と組み合わせても強い。
    R孫堅やR文鴦と一緒に入れるのがベストか。
  • R大喬  2/4 魅
    天啓とのコンボは秀逸。ただし、総必要士気は11必要なので乱発はできない。
    ススメロック等の妨害対策は万全になるが、自軍の強化も消すので注意。


【兵法】

どの兵法とも割と相性が良い。天啓入りなら再起、それ以外は連環など。
6枚デッキだと小粒武将が多いので、呉軍の大攻勢、連環の法、弓兵メインなら衝軍の法も選択肢に入る。


【デッキサンプル】

武将名勢力コスト兵種特技武/知計略名計略効果
R孫策2魅/勇7/4小覇王の蛮勇:5
R周瑜2魅/伏6/9赤壁の大火:7
R孫権1.55/6若き王の手腕:6
UC黄蓋1.56/4強化戦法:4
C潘璋13/5強化戦法:4
赤壁と手腕の2択をとりつつ、武力と兵種のバランスを取った形。蛮勇もなんとかしてくれる。
赤壁、手腕入りとしては最もバランスが良いと言っても良いが、知力は若干不安がある。
計略をバランスよく入れて、臨機応変に立ち回りたい人向け。
柵なしで不安なら、武力は下がるがR孫権を旧R孫権にすると良い。


  • 【手腕夷陵 R孫権、R陸遜、C丁奉、UC程普、UC黄蓋
    陸遜と言うコストパフォーマンスの悪い武将を入れながら、総武力を維持したデッキ。
    弓マウントを受けて槍を振り回す2体は非常に心強いが、武力に突出した武将が居ない(爆発力がない)ので、上手く立ち回らないとあっという間に溶かされてしまう。
    なお、今回のVerUPで選択肢が色々と増えた。例としては、UC黄蓋→UC周泰、UC沈瑩 C丁奉→C賀斉、C周魴、C朱拠etc...
  • 【手腕夷陵◆R孫権、R陸遜、C丁奉、R周泰、C陸績
    上のデッキから程普と黄蓋を抜き、周泰と陸績を入れたデッキ。
    周泰という強力な主力がいるため、上のデッキよりは号令の打ちあい等でも勝ちやすくなった。
    全体的に足が遅いのは上のデッキと一緒。端攻城は陸績で止められるが、違う敵を撃ってしまうと意味がないため、弓ターゲットのスキルもそれなりに必要となる。
  • 【手腕夷陵】R孫権、R陸遜、R2孫策、UC朱桓、C陸績
    上のデッキから弓を1体犠牲にして、馬朱桓にしたタイプ。
    尚、弓の数が減ったため、周泰よりも手腕と相性のいいR2孫策を採用した。
    手腕夷陵の中では最もバランスが良い。
    火計が朱桓とりっ君で二択を迫れるので、あっさりと離間や封印等にやられてしまう人には扱いやすいと思われる。
    総武力は上のものよりも低いが、立ち回り次第で確実に勝ちに近づくデッキ。
  • 【手腕天啓】R孫堅 R周瑜 UC黄蓋 R孫権 C闞沢
    上のデッキの天啓タイプ。蛮勇より天啓で押し込む形が好みなら。
    単体超絶強化が無くなるので対応力は下がるが、勝ちパターンに持ち込みやすい。
    状況に応じて即、推挙天啓の発動ができるのもポイント。
  • 【武力重視】R甘寧 R孫堅 UC黄蓋 R孫権 UC孫桓
    上のデッキから赤壁を捨てて武力に特化したデッキ。
    素の武力が高いので他の手腕デッキと違い、手腕メインのごり押しが可能。
    双弓麻痺矢は単体でも手腕との重ねがけでも強いので便利。士気にあわせて強化できる。
    ただし火計が弱いので、武力押しが通じない相手には厳しい。
  • 【手腕屍】SR孫堅 R1孫策 R孫権 UC孫桓 UC韓当
    屍と手腕デッキ。武力と兵種のバランスは良く、屍のおかげで少ない士気でも勝負できる。
    火計が頼りない分だけ武力が勝負の決め手になるが、5枚デッキゆえ屍だけでは押し切れないことも。
    手腕を主に使い、弓2隊・槍2隊でラインを確実に上げていくプレイングが求められる。

  • 【手腕乱れ】SR太史慈、R周泰、R孫権、UC孫桓、C諸葛格
    最近よく見る形。乱れうちを中心にプレッシャーをかけ敵陣に入った所での手腕乱れは嵌れば敵が蚊トンボのように落ちていく。
    ただ、主力の2枚の知力が低めの為に火計や大水計が苦手。
  • 【防柵型】R周泰 旧R孫権 UC程普 UC韓当 旧UC張紘 UC孫桓
    柵5枚型。号令の打ち合いでは(田豊以外には)勝てないが、柵を味方に付けての打ち合いならほぼ負けない。
    士気が有利・兵力が有利な状況を作り、全軍で押し上げて行こう。
    メインは手腕の意地。武力22はなんとかしてくれる。
    守りは柵5枚となんとかしてくれる人でどうにかできる。
    士気が余りそうなら柵を育ててみよう。新種(旧種?)の育てゲーとしての一面が見えてくる。

以下6枚タイプ。手腕メインではないので参考までに形のみ書いておく。

  • 【手腕天啓】R孫堅 R孫権 UC程普 C潘璋 UC孫桓 UC韓当
    詳しくは天啓デッキを参照

  • 【手腕屍】SR孫堅 R孫権 C潘璋 UC孫桓 UC韓当 SR呉夫人
    詳しくは我が屍を越えよデッキを参照

VS手腕デッキ

呉は全体的に基礎武力が低いので、基本戦術(頭数を減らす)さえ守っていれば怖くない。
手腕と同じ武力上昇値があれば十分押し返せる。

しかし手腕デッキ側としてもそれはわかっているので、手腕をメインに据える場合は少なく、他の計略の援護として使う場合が大半。
(最近では手腕をメインにすることが多い。6枚手腕天啓あたりでもほぼ手腕を使うことになる。)

特に注意すべきは、R周瑜のようなダメージ計略やR孫策のような超絶強化との併用。
これらの武将は手腕を受けたマウントの援護を受けると手がつけられない。

また、手腕の(というより呉の)特徴として、優秀な弓部隊の存在がある。
弓はその特徴上、一方的に攻撃できるため、押し込んだ状況のときはべらぼうに強い。
同じ武力上昇の英傑号令があるときは、戦場の真ん中でぶつかり合うことを意識すると良いだろう。

あまり危機感を感じないからこそ舐めてかかると痛い目を見るデッキなので、油断せずしっかり対処しよう。

Menu

最新の20件

2021-04-18 2021-04-17

今日の20件

  • counter: 9347
  • today: 1
  • yesterday: 0
  • online: 52