カードリスト / 第5弾 / / 淳于瓊(烏巣の死線)


武将名じゅんうけい ちゅうかん怨嗟の鬼将
淳于瓊 仲簡「この炎の中で死ね。俺と共に」

霊帝の直属部隊の指揮官・西園八校尉の一人で、のちに袁紹配下となる。官渡の戦いでは全軍の命綱となる食糧輸送を任される。しかし許攸の裏切りで食糧庫は襲撃を受け、炎上。鼻を削がれ生け捕りとなった後、許攸の讒言により斬首された。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力6 征圧力2
官職武官
特技攻城 刻印
将器攻撃力上昇 速度上昇 攻城術
計略烏巣の死線【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
武力が上がる。
緋略>さらに移動速度が上がり、効果終了時に自軍の士気が上がる
蒼略>さらに武力と攻城力が上がり全方向に槍の無敵攻撃を行う。ただし効果終了時に自軍の士気が下がる
必要士気6
Illustration : kakotomiraiCharacter Voice : 柿原徹也


まさかの2枚目登場となった袁家の食料番、もしくは凶猛都督。
最早お約束なのか、相も変わらず包帯をグルグル巻き付けており、風貌が分からなくなっている。

スペックは2.5コストにして9/6、オマケに征圧力2に攻城まである豪勢っぷり。
代償として刻印が持たされており、コストも考えると安易な撤退は禁物。
将器はどれも優秀だが、方向性が大きく定まるため慎重に選びたい。

計略「烏巣の死線」は岐略超絶強化。基本効果は武力+6。
[緋略]は武力上昇値はそのままに、移動速度が1.7倍になり、効果終了時に士気が2上がる。
[蒼略]は武力が更に+2(合計+8)・攻城力(+1、×1.3)が上がり、更に車輪状態になるが、効果終了時に士気が3減る。
ややこしいが効果終了前に撤退してしまった場合は士気増加・減少効果は発生しない
効果時間は8.8c(Ver.3.0.0D)。

基本使用は主に緋略で、高武力と速度を活かした高い荒らし性能が持ち味。
士気バックはあるものの戻ってくる量は多くなく、王異の兎娘流鼓舞術に近い運用となる。
だが武力は向こうよりも断然高く、高速かつ迎撃されない高武力槍兵を士気無しで排除するのは至難の技。
速度と武力に加え兵力さえ十分にあればダメ計にも耐えられる知力があり、相応の出費を余儀なくされる。
一撃必殺・一発消滅の計略でなければ生存はしやすいほう。

一方の蒼略は敵城まで攻め上がれた時に使うのが基本。
攻城力の高いコスト2.5槍兵が特技に攻城と計略で攻城力を盛っているので、副将器攻城3個だと城門の一撃で約34%、三回で落城する計算となる。(副将器無しでは壁深約20%となる)
当然高武力の車輪は守城でも強い。敵を抑えると同時に味方を騎兵から守る役割も果たす。
効果が終了すれば士気が減少するため、残った士気は事前に使い切ってしまうのが望ましい。
士気バック計略があればなおよい。

課題は複数ある。
まず主戦力であり消耗の激しい槍兵でありながらの刻印は、避けては通れない命題。
計略耐性と特技攻城はコスト2武力9組と異なり直接戦闘に関わらない部分であり、平時の安定性に欠けるのも事実。
自前で兵力を回復できないため、戦線を上げる毎にリスクは上がる。

計略に関して言えば、緋略は漢軍にとって初期投資の士気6が重く、多用するにつれ他の計略が打ち辛くなっていく。
蒼略を使う場合は更に難しく、単純に武力が高いだけの車輪なので、相手にローテーションを駆使されて守られると攻城に至らない。
一番槍や栄誉系計略でデメリット緩和を狙うのも手だが、士気や戦況・残カウント数などに応じた適切な判断が求められる。
淳于瓊の撤退で徒労に終わるならまだマシで、他の士気バック要員まで倒されると致命傷に繋がりかねない。

淳于瓊が優れているのは、それぞれ異なる方向性により自己完結した二つの強化を使い分けられる点。
緋略で敵を蹴散らしラインを上げ、戻ってきた士気を使い蒼略で勝負を決める流れを一人で作ることが出来る。
ただしどちらの計略効果も士気相応の枠を出ないため、真価を発揮するには的確な状況把握と繊細な運用が求められる一枚。
彼と同時に漢勢力に追加された遊軍も全体防御上昇の盧植、単体回復・復活の樊氏と彼と相性のいいものが揃っている。
万難を排し彼を城門に叩きこんで勝利をもぎ取ろう。

登場バージョン

Ver.3.0.0A

修正履歴

Ver.3.0.0D 蒼略 武力上昇値減少 +9→+8

Menu

最新の20件

2020-12-05 2020-12-04

今日の20件

  • counter: 32757
  • today: 32
  • yesterday: 46
  • online: 88