カードリスト / 第4弾 / 群雄 / 鄂煥


武将名がくかん
鄂煥「我は人を超えし者・・・・・・
  万夫不当と呼ばれている」

南蛮王・孟獲と共に反乱を起こした高定の配下。「身の丈9尺、容貌醜怪」とされる猛者で、先鋒として蜀軍を苦しめるも、魏延・王平・張翼に包囲され捕らえられる。諸葛亮に解放されると、恩義を感じ、改めて高定と共に蜀漢に降伏した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力1 征圧力2
官職武官
特技防柵 復活
将器兵力上昇 速度上昇 征圧力上昇
計略万夫不当の勇武力が上がる。この効果は戦場にいる敵の部隊数が少ないほど大きい。さらに一定時間ごとに自身と接触している敵を弾き飛ばす
必要士気5
Illustration : JUNNYCharacter Voice : 菅沼久義


実に「2」以来の復活となった、南蛮が将が一人。
これまでも南蛮勢は変わった武将が少なくなかったが、彼はなんとアンドロイドにされてしまった。
義勇ロードで先行登場していたが、兀突骨と同じ南蛮力で動いているらしい…。

スペックは7/1と2コストとしてはかなり苦しく、これを征圧力2と復活・防柵の2特技で補っている。
なお、群雄の防柵持ち2コスト槍兵は彼一人。
将器は計略目的ならば兵力上昇か速度上昇が良く、征圧力3で復活持ちになれる征圧力上昇も一考の価値あり。

計略「万夫不当の勇」は超絶強化。
武力+(10-敵の部隊数)に加え、2.1cごとに相手部隊をカード2.5枚分ほど弾くようになる。
なお弾き効果の間隔は武将ごとに設定されており、状況次第では片っ端から弾くことも可能。
効果時間は7.1c、知力依存0.4c(Ver.3.1.0E)

戦場にいる敵部隊が少ないほど武力が上がるのは珍しいが、能動的に活かせるものではないため弾き効果が本命。
効果時間がやや短いことから、攻めに使う場合の効果中にねじ込める攻城は1〜2回が限度。
本人の攻城だけでは士気5に見合うといえず、誰かしら相方は必要となるだろう。
具体的な相方候補はやはりというか区星。乱戦で止めにくる相手を強引に弾き飛ばすことで、重い一発を無理矢理入れる形。
暴虐なる覇道などの号令と併用し、相手を一時的にでも城に追いやってしまえば武力上昇も期待できる。

他のはじき飛ばす計略同様に守りで使う場合、ステルス効果を持つ号令に対しても有効に機能するのがポイント。
ステルス中の相手は参照部隊数に換算されないため、全部隊に号令がかかれば常に最大効果を発揮できる。
ただし本人に機動力がないため抑えられるのは一ヶ所のみで、面で攻められると厳しい点には注意。

攻防ともにポテンシャルを秘めている一方で、あくまで周囲との連携によって真価を発揮するカード。
いずれにせよ類を見ない効果であることは間違いなく、君主の工夫が問われる一枚。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 効果時間延長 6.3c→7.1c
Ver.2.6.0C 弾き距離延長
Ver.3.1.0E 弾き距離延長(カード2.5枚分に延長)

Menu

最新の20件

2022-01-19 2022-01-18 2022-01-17 2022-01-16

今日の20件

  • counter: 33062
  • today: 4
  • yesterday: 17
  • online: 37