カードリスト / 第4弾 / 群雄 / 袁術(偽帝の血水)


武将名えんじゅつ こうろ偽皇帝
袁術 公路「ワシだけの玉璽、
   完成は近いぞよ!」

漢の名門・袁家の出身で、袁紹の弟。孫策に兵馬を貸与する担保として、図々しくも孫堅の形見である伝国の玉璽を要求。のちに孫策が借用していた兵馬を返済しても、伝国の玉璽を返さず、あろうことか自ら皇帝を名乗った。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力4 知力6 征圧力1
官職文官
特技復活
将器捕縛術 復活減少 守城術
計略偽帝の血水最も武力の高い味方の武力と兵力が上がり、兵力が徐々に回復する。ただし移動できなくなる
必要士気4
Illustration : 山本章史Character Voice : 江越彬紀


リニューアルイラストの1枚で袁術が第3弾以来となる参戦。

スペックは1.5コストとしてはかなり低い。おまけに歩兵。
一方で復活持ち+復活減少将器による驚異の回転力を持つが、Ver3.0.0Dのエラッタで左慈に復活がついたため、スペックでは完全下位互換になってしまった。
その為採用理由はもっぱら計略になる。

計略「偽帝の血水」は投げ強化。
範囲内の最も武力の高い味方の武力を+8、兵力を50%回復する。
さらに2秒ごとに3%ずつ兵力が回復していくようになるが、代償として移動ができなくなってしまう(弓兵のサーチ切り替えは可能)。
効果時間は8.3c、知力依存0.4c(Ver.2.6.0C)。

高い武力上昇のある投げ憤激に自動回復もつき、無駄がなく非常に強力で重ね掛けもできる。
だがやはりデメリットは相応に痛く、移動できなくなった部隊は弓兵でもない限りほぼ何もできない。
ここを袁術でフォローしたいところだが、なにせ歩兵なのでこれまたやれる事に乏しく、むしろ率先して狙われやすい。

攻城中の味方に掛ければデメリットは実質帳消しに出来る為、基本的には攻城中の高武力武将に使う事になる。
計略のメリットとデメリットを勘案すると騎馬以外、特に相性がいいのは攻城力が高く足が遅い高コスト槍となる。
移動できないが回復はできることから槍側の計略は速度上昇や兵力回復、剛槍や長槍が無い方が良く、群雄では華雄(車輪)や紀霊(三尖刀)などが該当する。
歩兵や攻城兵にかけるのも良いが、あまり戦闘に寄与できないためデッキはかなり歪になってしまう。

舞デッキに組み込んで、舞っている武将を守るという使い方もデメリットが無くなるので使いやすい。
計略が勢力を選ばない為に混色でも使う事ができ、本人が特技復活持ちに加えて将器に復活減少があるため、
伏寿(復活の舞い)とはかなり相性がいいと言えよう。

また、移動はできずとも弓サーチは出来るため、ライン上げなどで消耗しマウントへ移行した弓兵のフォローも可能。
接触されると撃てなくなるため、復活や捕縛術を活かして袁術自身が積極的にブロックし射撃を絶やさないようにしよう。


登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 武力上昇値増加 +6→+7
Ver.2.6.0C 武力上昇値増加 +7→+8
Ver.3.1.0D 計略内容変更「〜武力と兵力が上がり、移動できなくなる」
       →「〜武力と兵力が上がり、兵力が徐々に回復する。ただし移動できなくなる」

Menu

最新の20件

2021-06-20 2021-06-19 2021-06-18 2021-06-17 2021-06-16 2021-06-15 2021-06-14

今日の20件

  • counter: 26628
  • today: 1
  • yesterday: 18
  • online: 38