カードリスト / 第3弾 / / 司馬懿(狼顧の辣腕)


武将名しばい ちゅうたつ晋宣帝
司馬懿 仲達「すべては我が掌中。
 戦を舐める小僧は喰らってくれる」

魏に仕えた武将で、孫は晋の初代皇帝・司馬炎。「狼顧の相」の持ち主で、感情を表に出さない用心深い性格だったという。若くから曹操に警戒されるなど、常に多くの敵を抱えたが、老獪な策謀で最後には天下を取った大人物だった。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力8 知力10 征圧力2
官職武官
特技伏兵 魅力
将器兵力上昇 知力上昇 征圧力上昇
計略狼顧の辣腕晋の味方の武力が上がる
必要士気7
Illustration : 獅子猿


晋軍2枚目の司馬懿は、晋軍初の3コストとして登場。
ちなみに、文官ではなく武官なので一騎討ちを起こす
3コストが一騎討ち無し=ワンチャン無しだとゲームバランス的に問題があったか。
なお、司馬懿が武官扱いなのは三国志大戦2の山原義人氏による司馬懿以来。
(もっとも、龍狼伝仲達は最終的に文官に設定されたが)

司馬懿らしく知力10伏兵に魅力まで備えるが、コスト比武力はやや低めの8。
伏兵が発動すれば求心曹操と全く同じスペックになるため、スペックは非常に悪いといわざるを得ない。
将器はどれも高コストとしては無難だが、3コストにして武力8が重い為兵力上昇を推奨。
知力上昇は、計略の知力依存が0.2Cしかない為もっぱら伏兵威力の強化に対する採用になる。

計略「狼顧の辣腕」は晋軍限定号令。
その効果は非常にシンプルで武力を+7するのみ。効果時間は素で10.4c、知力13で11.0C(Ver2.1.0B)。
以前は武力+6、効果時間約11cという「費用対効果が少し高い号令」程度だったが、Ver2.1.0Bにて効果時間0.4cと引き換えに武力上昇値が上昇。
結果として効果時間・武力上昇値ともに他の追随を許さないほどの強力な号令となった。

この計略自体が士気7と重く覚醒に関与しない為、覚醒軸との相性は悪い。
ただ、逆に言えば覚醒軸でデッキを組む必要がない為、覚醒デッキでありがちな序盤の弱さが薄いのは利点。

但し、司馬懿本人が3コスト武力8である点には注意。
晋軍はコスト比スペックが優秀な武将が多く、武力面のフォローは難しくないのだが、
その殆どが反動で特技無しの場合が多く、特に魅力不足による士気回転効率が落ちがち。
また高スペックは計略が貧弱な場合が少なくなく、裏の手を仕込みにくいと言う問題もある。
残りの5コストでこの難点をどこまでフォローできるかに懸かっている、なかなか味のある1枚。

修正履歴

Ver.2.1.0B 武力上昇値増加 効果時間短縮 +6 / 10.8c→+7 / 10.4c