カードリスト / 第3弾 / / リョウ統(死地の烈鬼)


武将名りょうとう こうせき死兵三百一騎
淩統 公績「我ら三百と一騎、
   死線を駆ける鬼とならん」

孫権に仕えた武将。父・淩操の死後、15歳で後を継いだ。合肥の戦いでは張遼の猛攻から孫権を守り、退路が壊されていると知ると、300人の部下と共に殿軍となる。孫権の命と引き換えに部隊は全滅するも、淩統は泳いで生還したという。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力2 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器突破術 守城術 迅速攻城
計略死地の烈鬼敵の武力を上げ、その部隊数が多いほど、自身の武力が上がる
必要士気5
Illustration : 一徳Character Voice : 杉田智和


3枚目の淩統は1枚目同様騎兵として登場。

呉の2コスト武力8の騎馬としては実に第1弾の孫策(蛮勇)以来の追加。素征圧力2持ちは初である。
更に勇猛も併せ持つが、その反動で知力は僅か2。
それでも騎兵が苦手なお国柄としては非常に優秀なスペックと言える。

将器はコスト2の騎兵が持つには少々弱いものとなっている。尤も、固定運用になってしまうよりはマシ。
突撃がしやすくなる突破術がアタッカーとしての役割を果たしやすい。
後述する計略は速度が上がらないので、乱戦しても迎撃される心配がないのも噛み合っている。
また、計略を使用するタイミングが守勢になりやすい事から守城術と言う選択肢も捨て難い。
迅速攻城は特技に攻城が無いので運用するならば副将器攻城強化2つ以上が前提か。

計略「死地の烈鬼」は範囲内の敵武将の武力を+2、自身は対象となった敵武将の数×2+1だけ武力が上がる。
効果時間は7.5c、知力依存0.4c。これは敵武将の武力上昇時間も同じである。
コスト2の士気5の計略と考えると敵武将を3体は巻き込んで使いたい。幸い範囲は広く、まとまって動く号令相手には滅法強い。
また、相手の武力を上げてしまう為、余程の事が無い限り対象部隊の相手は淩統でやる事になる。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0D 敵軍武力上昇値増加 +1→+2