カードリスト / 第3弾 / 群雄 / 公孫淵


武将名こうそんえん ぶんい燕王
公孫淵 文懿「俺が“燕”の王さまだーっ!」

公孫康の子で、叔父から遼東太守の座を奪った。魏に従いつつも呉に通じ、毋丘倹を撃退したことで「燕王」を名乗り独立を宣言。しかし司馬懿の前に歯が立たず、呉に援軍に行くも間に合わず落城。降伏を許されず打首獄門にされた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力2 征圧力2
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 速度上昇 守城術
計略剛槍戦法武力と槍撃ダメージが上がる
必要士気3
Illustration : 伊藤未生Character Voice : 八代拓


旧作では「多勢力の大号令」という人を非常に選ぶ号令を持っていた公孫淵が、今回は一族を引き連れ復活。
祖父・父と違いサンタ風味は薄いが、しっかりトナカイが一緒にいる。

武力3・征圧力2と攻めでは好バランスだが、知力は2とやや低め。スペック要員としては標準以上。
将器は攻撃力上昇があり、1コストながら相応の火力を出せる。また、群雄1コスト槍兵としては貴重な守城術持ち。

計略は汎用の「剛槍戦法」。
汎用計略ながら守城術との相性は非常に高く、攻城ゲージと兵力をガリガリ削りとれる。
ただ張苞同様知力2のせいで5c程度しかもたない為、これに頼り過ぎるのも禁物。

群雄勢力の1コスト槍兵は征圧力2に絞っても11枚(Ver3.5.1C現在)、武力3は彼以外にも程遠志とEX馬鉄が存在する。
彼らと比較してしまうと敵陣塗り投げ捨て要員として程遠志に、基本スペックと計略の最大威力で馬鉄に一段落ちてしまい、守城術持ちということしか強みがない。
現状これと異彩ポイントを活かす以外に採用の余地がほぼない、非常に厳しい立ち位置にある。
アタッカーに騎兵の多い群雄では、槍兵は刺さり防止やワイパー役も兼ねて前へ出る機会が多く、兵種的に守城術は弓が持っていた方がいいので見向きもされないこともある。

余談だが、悲惨な末路が災いしたのか仮にも一勢力の主で自称とはいえ燕「王」を名乗っておきながら号令持ちではなく1コストのデッキパーツ。
三国時代ではなく「燕」を含めた四国時代という意見もあるほどなのだが、なんとも寂しい扱いである。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

Menu

最新の20件

2021-06-24 2021-06-23 2021-06-22

今日の20件

  • counter: 24940
  • today: 4
  • yesterday: 6
  • online: 56