カードリスト / 第2弾 / / 金郷公主


武将名きんきょうこうしゅ
金郷公主「またあの人は……
  こんなもの捨てちゃいます!」

曹操と杜夫人の娘。見識深い聡明な女性で、夫・何晏の愚行を嘆いては、いずれ罰を受けるだろうと母親に相談した。それを知った司馬懿は彼女に先見の明があるとして称賛し、何晏が処刑される際には息子の助命が許された。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器士気上昇
計略叱咤の身代わり撤退中の最も武力の高い魏の味方が復活し、知力が上がる。ただし自身は撤退する
必要士気4
Illustration : 匡吉Character Voice : 堀江由衣


曹操と杜夫人の娘であり、何晏の嫁が大戦初登場。
怒りながら袋を破っているイラストになっているが、この破っている袋は間違いなく五石散であろう…。

スペックは直接戦闘で足を引っ張らない武力2・伏兵を踏んでも
即死しない程度の知力4と1コストとしてはまずまず。
女性武将らしく魅力も持っているが、他の特技を持たず征圧力1はやや苦しいところ。
将器は士気上昇、副将器は復活減少×3固定で、自身の計略との相性は悪くはない。

計略「叱咤の身代わり」は自身撤退と引き換えに撤退中の最大武力の味方を復活させ、
更に知力を+6する。知力上昇の効果時間は24.2c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1C)。
麋夫人の持つ「挺身の身代わり」の知力版と言える。
現シリーズでは全勢力で唯一持たなかった魏待望の復活計略だが、
他の単体復活と違い対象が魏限定になっている点に注意が必要。

魏は他の国と比べるとワントップ型を組みづらい傾向にある為、勢力限定の単体復活は意外と扱いが難しい。
好相性な武将となると、3コストでは関羽(武の咆哮)や曹操(勇略采配&魏王の覇道)、典韋(悪来之勇)。
2.5コスト以下だと計略特性上撤退のリスクがつき纏う徐晃(大斧神穿)あたり。
一方で生存する事に意味のある郝昭のような長時間計略持ちとの相性は良くない。
自身が撤退する事がトリガーになる悲哀の舞いとも相性が良いが、
前述の通りワントップ型の組み辛さが問題としてつきまとう。

第5弾で特技「刻印」持ちが追加され、彼女の計略にも優位性が増した。
刻印持ちでありながら低知力の許チョ(虎痴の警衛)、
性質上酷使されやすく毒による撤退リスクを抱える夏侯惇(神速の理)との相性は特に良い。

登場バージョン

Ver.1.2.0E (第十回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.2.0.0D (龍玉商店)

修正履歴

Ver.2.0.0D 効果時間延長 8.3c→19.2c
Ver.2.1.0D 知力上昇値増加 +4→+5
Ver.2.5.1C 効果時間延長 19.2c→24.2c
       知力上昇値増加 +5→+6

Menu

最新の20件

2021-04-14 2021-04-13

今日の20件

  • counter: 32146
  • today: 16
  • yesterday: 13
  • online: 118