カードリスト / 第2弾 / 群雄 / 孟獲


武将名もうかく南蛮王
孟獲「ガーッハッハッ!!
  肉だ、肉持ってこーい!」

南蛮の地を治める王。蜀に対して反乱を起こし、中原では絶滅していた戦象を使った軍を率いた。南蛮の地の利を活かす戦術で、侵攻してきた諸葛亮と七回に及ぶ合戦を繰り広げたが、諸葛亮の器に心服し、蜀への帰順を誓った。
コスト2.5
兵種象兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技復活
将器復活減少 復活減少 復活減少
計略南蛮王の大号令群雄の味方の武力が上がる。象兵であれば、さらに兵力が徐々に回復する
必要士気7
Illustration : 風間雷太Character Voice : 小西克幸


新兵種の象を引き連れ新シリーズに帰ってきた南蛮王。

スペックは数値上は2コスト並み、特技の復活を考慮しても物足りないと言わざるを得ない。
一方で特筆すべきは特技復活と将器復活を両立している点。1.5コスト以下には数枚存在するが、2.5コスト以上では唯一の存在(Ver.2.1.0D)。
さらに副効果が活活活ならば、全武将最速の17秒復活(Ver.2.1.0B)という驚異的な回転率を実現する。
この復活速度と象兵のはじきが相まって、他の武将にはない独自の荒らし性能が持ち味。

将器は3種類とも「復活減少」となっており、事実上の主効果固定となっている。
EXやSTといった将器完全固定のカードは存在したが、通常排出で将器が固定されたカードとしては初となる。

計略「南蛮王の大号令」は、群雄では割と少ないデメリット無しの号令。
群雄の味方全体を+5し、象兵であるならば0.83c毎に5%兵力が回復する。効果時間終了まで生存した場合は、合計で50%兵力を回復する。
効果時間は8.8c、知力依存0.4c(Ver.3.0.0E)。

元々硬い象兵に兵力回復効果が付き、驚異的な硬さで相手を圧倒することが出来る。
勢力・兵種の縛り以外にこれと言ったデメリットもなく、象兵主体のデッキであれば幅広く使用出来る。
ただしインフレ気味のVer.2.0以降の環境においては、士気7としては物足りないのも否めない。
効果が部隊数等の条件に左右されない反面、そういった計略の最大効果には押し負ける事も多いので、立ち回り面の工夫が必要になる。

ver.3.1.0Aにて漢軍にC伏寿が「復活の舞い」を携えて登場した。
両者を採用すると2勢力確定という事もあり一見相性は微妙に見えるが、復活の舞いを発動すると、
副将器「活」が3つ揃った孟獲の将器を覚醒、更に法具に宝玉【装】の復活減少を付ける事で
撤退しても自城に戻せば即時復活という凄まじい光景を目の当たりにする事が出来るようになる。
攻城力の高い高コスト高武力が延々とゾンビのごとく復活するようになるので、相手から見れば鬱陶しい事この上ない状態と化す。

特徴的なスペックを活かした荒らし性能と、安定した計略によるぶつかり合いを上手く使い分けていきたい。

コンパチブル武将

Ver.2.5.1C LE孟獲(横山光輝)

登場バージョン

Ver.1.1.0A

修正履歴

Ver.1.1.0B 兵力回復量増加 0.83c毎に4%→4.5%
Ver.1.1.0C 効果時間短縮(知力依存度低下) 8.3c(?c)→7.5c(0.4c)
Ver.1.2.0A 効果時間延長 7.5c→7.9c
Ver.1.2.0E 兵力回復量低下 0.83c毎に4.5%回復(総40.5%)→3%回復(総27%)
Ver.2.1.0A 効果時間延長 7.9c→8.3c
Ver.2.1.0D 効果時間延長 8.3c→8.8c
       兵力回復量増加 0.83c毎に3%回復(総30%)→3.5%回復(総35%)
Ver.2.5.1C 兵力回復量増加 0.83c毎に3.5%回復(総35%)→4%回復(総40%)
Ver.2.6.0B エラッタ実施「征圧力1→2」
Ver.3.0.0E 兵力回復量増加 0.83c毎に4%回復(総40%)→5%回復(総50%)

Menu

最新の20件

2020-12-03 2020-12-02

今日の20件

  • counter: 53044
  • today: 3
  • yesterday: 24
  • online: 30